FC2ブログ

晴天の九重山塊を歩く

2019 09 19(木) 晴れ

気温11℃風の強い牧ノ戸峠の朝です。
真っ青の青空、阿蘇山塊もくっきりの遠望(この後雲海に包まれ、
撮るのを怠って悔やまれる)。

扇ケ鼻分かれに着く頃には上着も脱いで爽快歩きです。
星生山を西端から目指す、硫黄の匂いがする山頂から久住分かれに下り
天狗ケ城、中岳から白口谷分かれに下り池の小屋へ、御池で昼食休憩。

久住山から360度、絶景の眺めは時を忘れる程、阿蘇山中岳は黒い噴煙が
気になります。
秋の草花を求め扇ケ鼻に立ち寄ったのですが、終盤を過ぎているのか
期待外れ、マツムシソウなど見たかった。

ドウダンツツジも色ずき始め秋到来も間近い九重山塊の満足
登山でした。
軌跡はヤマップをクリックしてご覧ください。


IMG0005JPGアキノキリンソウ
    アキノキリンソウ 沢山咲いています


IMG0008JPG.jpg
     ワレモコウ 


IMG0012JPG沓掛山
     沓掛山は岩の上


IMG0018JPG雲上の祖母山
    雲上の祖母山


IMG0020JPG星生山
     星生山です


IMG0026JPG窓から
     小窓から西千里です


IMG0029JPG岩稜



IMG0032JPG硫黄山と三俣山
     硫黄山と雲の三俣山


IMG0037JPG北千里と三俣山
     北千里と雲の取れた三俣山です


IMG0041JPG岩稜2
      岩稜


IMG0044星生崎より久住
     星生崎より久住山


IMG0047JPGリンドウ
     リンドウが開き始めました


IMG0048JPG御池と稲星
     御池と稲星山です


IMG0050JPG湖畔
     湖畔を歩く登山者


IMG0054JPG天狗ヶ城
     天狗ケ城に到着  視界が広がり絶景に浸る


IMG0055JPG中嶽を見る
     今から訪ねる中岳


IMG0056JPG中岳山頂
    岩場を登り中岳山頂です


IMG0057JPG御池と久住山
     山頂より御池と久住山です


IMG0059PG白口岳と大船山
     白口岳と大船山


IMG0061JPG稲星山
     稲星山です


IMG0066JPGリンドウ2



IMG0067JPG白口谷分かれ
     白口谷分かれ


IMG0068JPG中岳を振り返る
    中岳を振り返る


IMG0071JPG御池と久住
     御池に到着 晴天に映えます


IMG0075JPG御池
     癒される湖面のブルー


IMG0076JPG天狗ケ城
    天狗ケ城です


IMG0077JPG飛行機雲
    快晴の飛行機雲


IMG0082JPGイタトリ
     イタドリです


IMG0085JPG空池と天狗ヶ城
     空池と天狗ヶ城


IMG0087JPGひとみちゃん



IMG0088JPG久住山1
     久住山に到着 眺望サイコ~


IMG0089JPG久住山から三俣山
     三俣山方面です


IMG0090JPG天狗が城中岳
     天狗」、中岳方面です


IMG0093JPG.jpg
    


IMG0094JPG噴煙の阿蘇
     噴煙の阿蘇山、中岳


IMG0098JPG祖母山
     雲が取れない祖母山です


IMG104JPG肥前ケ城
    肥前ケ城と扇ケ鼻方面


IMG0106JPG避難小屋より久住
     避難小屋から久住山  雲のかからない ラッキー


IMG0108JPG根子岳阿蘇山
    根子岳と阿蘇山全容


IMG110JPG星生崎の岩峰
    星生崎の岩峰 今にも落っこちそう


IMG0111JPGイタトリ
      イタドリ 


IMG0125JPGワレモコウ



IMG0128JPG扇ケ鼻
     扇ケ鼻に到着 花は終わったのか?

IMG0132JPGりんどう
     リンドウは沢山咲いてます


IMG0139JPGゴール
     牧ノ戸峠にゴール 楽しい初秋の九重でした。


  


























スポンサーサイト



初秋感じる英彦山へ

2019 09 15(日)晴れ

晴れの休日だが夏の疲れが出ているのか、身体が重い。
九重山塊でも出かけたいものだが、近場の英彦山へ出かけた。

豊前坊より北岳の肩から裏英彦山道に下りケルンの谷から
南岳に登ります・・・・やはり疲れた・・・調子がイマイチです。

大勢の登山者の中岳で昼食を摂り、北西尾根の樹林を楽しみ
初秋を感じながら豊前坊に無事下山でした。


豊前坊(8:00)~望雲台~北岳の肩~裏英彦山道~ケルンの谷
(11:05~11:15)~南岳(12:20~12:30)~中岳(12:40
~13:00)~北西尾根~鷹巣原~豊前坊(14:25)

下山後、深倉峡へ移動します。
姥ケ懐付近の橋は健在で荒れているが歩行に支障はなさそう。
旧深倉キャンプ場横の林道も荒れているが歩きはできる。
1人のライダーが下ってきたので上部の様子を訪ねると
土砂崩れで通行不可と教えてくれたが確かめたくて林道
終点まで歩く。
未工事の荒れ地を見て土砂崩れと思ったようだ。
日曜日にて深倉園地まで乗り入れたが平日は工事車両があり
離合出来ない。


IMG0009JPG望雲台へ
     先ずは望雲台によじ登る
     途中にザックがあり既に1人の先客です


IMG0002JPG望雲台から
     望雲台からの山並です
     岩下から冷たい風が吹き上げ涼しい


IMG0003JPG望雲台から2
     2


IMG0004JPG一の岳
     シルエットの1の岳


IMG0005JPG鎖場
     鎖場の岸壁


IMG0224JPGママコナ
     ママコナ


IMG0223JPGダイモンジソウ
     ダイモンジソウです


IMG0218JPGママコナ



IMG0010JPG溶岩の壁
     朝日が当たる溶岩の壁


IMG0012JPG北岳下の資材
     1本杉に置かれた資材
     鎖場の梯子の作成の資材?


IMG0017JPG裏英彦山道
      北岳の肩より裏英彦山道へ下る
      見かけぬ岩原に、ルートを外しているのに気
      づき朝からウロウロ(>_<)


IMG0018JPG樹林の径
      樹林の路は裏英彦山道がサイコ~


IMG0019JPGペアのキノコ



IMG0021JPG倒木
     ケルンの谷手前で新たな倒木あり


IMG0023JPGケルンの谷
     陽が差すケルンの谷


IMG0025JPGケルン
     沢山のケルン


IMG0039JPG苔の岩
      モフモフ


IMG0042JPGシャクナゲのはナメ
      来春が楽しみです


IMG0047JPG抱っこイワ
      抱っこ岩??


IMG0048JPG見えてきた稜線
      見えてきた稜線
      何度休んだことか、やっとで稜線見えた(^^)/


IMG0052JPG100番達成
     最後の標板 順番どうりに歩くのは無理


IMG0053JPG南岳
     と~ちゃこ  南岳


IMG0055JPG解体された展望台
     解体された展望台、登れないでも無くなれば
     寂しいものです


IMG0059JPG上宮
     南岳から上宮です


IMG0060JPGアザミ
     アザミに虫さん2匹


IMG0065JPG登山者
      大勢の登山者です


IMG0066JPG犬が岳遠望
     犬が岳遠望


IMG0067JPG上宮
     中岳山頂です


IMG0070JPG北西尾根
    ススキの北西尾根を下ります

IMG0076JPG油木ダム
     油木ダム方面です


IMG0073JPGキノコの木
     キノコの木


IMG0083JPGキノコ



IMG0078JPG北西尾根の美林
     北西尾根の樹林  秋の紅葉が楽しみ(^^♪


IMG0079JPG美林



IMG0082JPG苔の岩原
     モフモフの岩原


IMG0085JPGススキの鷹巣原
      ススキの鷹巣原  もう直ぐ白銀の海原になります


IMG0086JPG慈母観音
     帰路訪ねた、深倉峡の慈母観音様














  










直行コースで三郡山から宝満山

20190908(日)晴れ

台風通過後の晴れに恵まれお気に入りコースを歩きました。
増水した沢の渡渉が気になったが下流でも渡れたので谷コース
を歩こう。

清流沿いの小滝を楽しみながら左岸、右岸を繰り返し2時間程で
谷コースを終了、三郡山で一休みです。
頭巾山に立ち寄り宝満山へ向かう。
縦走路は登山者よりトレランの若者が多く時代の変わりを感じる。

多くの登山者で賑わう宝満山山頂で昼食後、長崎鼻まで戻り
柚須原コースを一気に下り無事下山、初秋感じる山歩きでした。


柚須原登山口(7:05)~直行谷コース~仏頂山分かれ(8:00)~
三郡山(9:35~9:45)~頭巾山~宝満山山頂(11:05~11:30)
~長崎鼻(11:55)~油須原登山口(13:15)


IMG0002JPG朽ちけた梯子 帰りに
スタートして間もなく沢に朽ちけた梯子、
  帰路、渡渉してここに戻って来ます


IMG0003JPG増水しているが谷コースへ
    増水しているが谷コースへ


IMG0004JPG勢いがいい
    勢いがいい小滝


IMG0005JPG小滝
    小滝が続く


IMG0007JPG足元濡れてます
     


IMG0009JPG渡渉
      渡渉点


IMG0011JPG数えきれない渡渉点
     数えきれない渡渉


IMG0013JPGマタタビの実
     マタタビの実です


IMG0014JPG左岸右岸と
     左岸右岸を繰り返します


IMG0015JPG仏頂分かれ
    仏頂分かれ


IMG0016JPG窯場跡
     窯場跡です


IMG0019JPG天の泉分かれ
     天の泉分かれ


IMG0020JPG清流
     清流


IMG0026JPG小滝
      


IMG0035JPG出た
      車道に登り詰めた、山頂までもう少し


IMG0037JPGオミナエシ
      オミナエシが綺麗


IMG0039JPGイヌシデ
     イヌシデ?


IMG0040JPG秋の気配が
     秋の気配です


IMG0041JPG三郡山
     三郡山山頂 貸切です


IMG0042JPG英彦山
     英彦山遠望


IMG0043JPG古処山方面
     古処山方面です


IMG0045JPG頭巾山
      眼前の頭巾山


IMG0048JPGママコナ
     ツクシママコナ


IMG0051JPG勢いよく流れています
     勢いよく出ています


IMG0053JPG頭巾山
     頭巾山です  同年輩のご夫婦と暫し山談義


IMG0057JPG仏頂山
     仏頂山は傍を通る


IMG0059JPG岩ギボウシ
      宝満山の岸壁下にイワギボウシ


IMG0060JPG宝満山山頂
      晴天の宝満山です


IMG0064JPG大根地山
     大根地山です


IMG0065JPG山頂のユリ



IMG0070JPG風景
     山頂風景


IMG0073PG.jpg



IMG0075JPG長崎鼻
     長崎鼻まで戻ります


IMG0077JPG油須原コース
      油須原コース 美林が続く


IMG0078JPGキノコ



IMG0082JPG最後の渡渉点
      最後の渡渉点


IMG083JPG朽ちけた梯子
     朽ちけた梯子を登れば朝歩いた直行コース


IMG0084JPGゴール
     堰堤の傍のスタート地点にゴール(^^♪











 





台風前の古処山、屏山へ

2019 08 14((水)曇り

明日は大型台風10号が襲来予報です、既に街でも風が強くなっているが
午前中なら登れそうなので古処山に登りました。

ギンバイソウは終結し、オオキツネノカミソリも鹿の食害で全く見当たりません。
屏山の途中で宇土浦越えから古処山をピストン、馬見山から小石原に下り
林道を9km歩いて宇土浦登山口に戻ると言う中年の男と出会う、エールを送る、
頑張って下さい。

風が強くなり天然記念物のツゲの枝も大揺れ、期待も薄れていた二シキキンカメムシ
さんに出会えて登り甲斐がありました。

遊人の杜キャンプ場(7:35)~奥の院コース~屏山(9:15~9:30)~古処山
(10:35~1045)~八丁峠コース、古処山キャンプ場分かれ(11:10)~
遊人の杜キャンプ場(11:45)


IMG0004JPG遊人の杜登山口から
遊人の杜キャンプ場からスタート
  夏休み中はゲートが早くから開いているので、助かります


IMG0005JPG冷たい小沢の水
     タオルを浸して首に巻き付ける
     

IMG0006JPG奥の院コースで
     奥の院コースで急登の尾根歩き


IMG0010JPGキノコ2
     気休めにキノコでも撮ってみます


IMG0011JPG長くは続かない
     平坦な径も少しだけ


IMG0014JPG倒木が現れると急登も終わり
      倒木が現れると急登も終わりです



IMG0016JPGもののけの杜
      もののけの苔地帯、好きな所です


IMG0018JPGギンバイさんは終わってた
     ギンバイさんは既に終結、実を付けています


IMG0023JPGモフモフの岩
     モフモフ岩も好きです


IMG0029JPG屏山山頂
     屏山に立ち寄りです
     雲の流れが早く雨雲になることも、少し休んで古処山へ


IMG0031JPG台風前の空
     急に明るくなることも、台風ならではの天気です


IMG0035JPGカルスト
     カルストの径です


IMG0044JPGキンカメさに会えた1
     ラッキーなことにキンカメさん出会えました1


IMG0048JPGキンカメ2
     風の強い枝に動き回るキンカメさんを何十枚も
     撮りまくります2


IMG0050JPGキンカメ3
      3


IMG0063JPGキンカメ5
     4


IMG0065JPGキンカメ6
     キンカメさんに会えてラッキータイムでした 5



IMG0071JPGシギンカラマツ1
      シギンカラマツも終盤です


IMG0072JPG振り返る屏山、奥に馬見山
     振り返る屏山、奥に馬見山です


IMG0074JPG古処山三角点
     古処山の三角点は岩の上


IMG0075JPG山頂風景
     山頂風景です


IMG0077JPG標識



IMG0078JPGダム工事中
     ダム建設が見えます


IMG0080JPGオオハンゲ
     オオハンゲ


IMG0081JPG三郡山遠望
     岩上より三郡山遠望 肉眼では白いレーダーが見えます


IMG0082JPG耳納方面
     耳納連山方面です


IMG0090JPG石仏2
     石仏です


IMG0092JPGキャンプ場へ
     八丁ルートよりキャンプ場へ下ります


IMG0094JPG荒れた径
     大雨で酷くなり荒れた径


IMG0098JPG作業道と伐採
     伐採と作業道


IMG0100JPGアケボノソウは消えた
     以前はアケボノソウが沢山咲いていた
     カラマツソウがはびこっています


IMG0102JPG遊人の杜キャンプ場に戻って来た
     遊人の杜キャンプ場に戻って来ました


IMG0109JPG長谷山付近から
     帰路、雨雲に覆われた古処山です 




















西目山から右田ケ岳へ

2019 07 07(日) 晴れ

先月は周南市の馬糞ケ岳を訪ねたが今月は防府市の西目山と
右田ケ岳を歩きました。

宮崎県の大崩山の岩峰群を思い出させる岩の多い西目山と
右田ケ岳、市街地からも山中に白亜の岩峰が望める
山でした。

西目山登山口(8:05)~西目山(9:20~9:30)~勝坂へ下山~
右田ケ岳勝坂登山口(10:15)~稜線コース分岐(10:30)~
西の峰(11:50)~右田ケ岳(12:00~12:20)~塔の岡コース分岐
(12:50)~展望岩(食堂)(13:00)~高塚地区登山道入り口(14:15)~
右田小学校(14:30)


IMG0004JPG先に西目山に登ります
先ずは西目山へ、登山口です


IMG0010JPG登山意欲が湧きます
    登山意欲が湧きます


IMG0011JPG東の右田ケ岳の全容
     西に楞厳寺山の美形


IMG0012JPG眼前の岩峰
     眼前の岩峰


IMG0014JPG秋葉神社、石祠
     石祠に参拝


IMG0015JPG近くになる程
     近くになる程の迫って来ます


IMG0016JPG右田ケ岳全容はここからが一番
     右田ケ岳の全容はここに限る


IMG0017JPG新幹線、山陽道が仲良くトンネルへ
     シルエットの新幹線と山陽道が並行してトンネルに


IMG0018JPG前衛峰
     電柱が2本、見えるかな


IMG0023JPG大岩を潜り抜けて
     大岩を潜って


IMG0025JPG残りのヤマツツジが鮮やか
     残りのヤマツツジが鮮やか


IMG0026JPG電柱が2本の山頂
     西目山山頂
     電柱が2本、三角点があります


IMG0031JPG沢コースへ
     直進して沢コースへ


IMG0035JPG右田ケ岳を右に見ながら
    右に右田ケ岳を見ながら下ります


IMG0036JPGシダの坂を下ります
    シダの多い下り坂


IMG0038JPG沢を渡って又下で戻る
     沢を渡ります


IMG0039JPG藪もあります
     ヤブもあります


IMG0040JPG上部の堰堤から右田ケ岳を
     上部堰堤から右田ケ岳です


IMG0047JPGR262勝坂より右田ケ岳を目指す
    R262を下り、右田ケ岳、勝坂登山口です


IMG0050JPG尾根ルートへ向かう
     尾根ルートへ進みます


IMG0051JPG尾根ルートへの急登
     尾根への急登


IMG0054JPG剥がれた岩肌をトラバース
     剥がれた岩肌をトラバース


IMG0063JPG岩稜を歩く
     岩稜歩き


IMG0061JPGR262が中央に
     R262が中央に走っています


IMG0066JPGアップ



IMG067JPG石船山分岐
     石船山分岐


IMG0070JPG西の峰から西目山
     西の峰から西目山です


IMG0071JPG分岐



IMG0072JPG岩場の登山者
     岩場の登山者


IMG0076JPG右田ケ岳山頂
    右田ケ岳山頂です


IMG0077JPG標識



IMG0078JPG山頂の鐘
     山頂の鐘


IMG0087JPG標識
     塔の岡コースを下ります


IMG0088JPG案内板
     


IMG0093JPGハギの花
     萩の花が咲きだしました


IMG0095JPG同感



IMG0097JPG道標とは



IMG0102JPG山頂方向
     山頂を見上げる程に下りてきました


IMG0106JPG展望岩付近


IMG0113JPG他のコース
     サブコースの分岐


IMG0115JPG夏の雲
     夏の雲


IMG0122JPG夏の雲2



IMG0121JPG標識



IMG0127JPG尾根より谷へ
     尾根から谷へ


IMG0128JPGオオヤマレンゲ
     オオヤマレンゲ
     今年は咲いたかな


IMG0130JPG2箇所の橋
     沢の橋です


IMG0131JPG沢と稜線
    沢と稜線の絶景地


IMG0134JPGヤマアジサイ
     ヤマアジサイ


IMG0137JPG堰堤の傍を下る
     堰堤の傍を下ります


IMG0138PG分岐
     分岐


IMG0139JPG登山道入り口
     登山道入り口


IMG0140JPG塚原地区
     暑い 暑い


IMG0142JPG塚原地区より右田ケ岳
      塚原地区より ここからも絶景です


IMG0143JPG右田小学校
     右田小学校に戻ってきました





















 




























プロフィール

ケルン

Author:ケルン
主に北九州近郊の山々を綴っていきます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ご訪問ありがとうございます
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR