FC2ブログ

桶底林道から柚木谷、江川岳、古処山、経ケ峰

2020 03 29(日)晴れ


久し振りに桶底林道を歩きました。
前回と様変わりした光景にびっくり、自然の猛威を改めて思い知らされる。
林道は崩壊や亀裂と谷から押し流された石のガレ場同然です。
下部では復旧工事が行われていました。

今回は林道最奥より柚木谷に初挑戦、取り付きを間違い隣の尾根を
登り深い谷をトラバースし修正に一苦労(*^。^*)

江川岳、屏山、古処山と縦走し経ケ峰より南の尾根を下り桶底林道の
途中に戻って来ました。
こちらは以前歩いたコースでしたが、トレースが付くほど歩く人は少なく
慎重の下山でした。

桶底林道、工事場の回転場(6:55)~支線20号取り付口(8:50)
~柚木谷山頂(9:35)~江川岳(9:55)~屏山(10:45~10:55)
~古処山頂(11:40~12:15)~経ケ峰(12:35)~図根点(13:00)
~小滝のある林道取り付き点(13:40)~回転場(14:05)



IMG0001JPG回転場にP
         工事用車両の回転場からスタート
         平日だったら通行できなかったかも


IMG0002JPG水害の爪痕
       荒れた谷です


IMG0003JPG崩壊した林道
      崩壊した林道


IMG0008JPG増水した沢
     昨日までの雨で増水しています


IMG0011JPG大規模堰堤
     遠くに大規模堰堤です


IMG0012JPG亀裂の林道
      亀裂の林道 飛び越え出来ず迂回します



IMG0013JPG林道から
      林道から


IMG0016JPG頭を出した江川岳
      頭を出した江川岳です


IMG0018JPG林道はガレ場
      林道は荒れています


IMG0019JPG小径へ左折
      左の小径へ


IMG0023JPG稜線の青空
      稜線と青空です


IMG0024JPG支線
      ここより柚木谷の取り付き


IMG0026JPG柚木谷への登り開けた
      尾根を間違え深い谷渡り開けた尾根に出ました


IMG0027JPG江川ダムが
      江川ダムが眼下に見えます


IMG0028JPG柚木谷山頂
       柚木谷山頂です


IMG0029JPG私標
     


IMG0030JPG江川岳への稜線
     江川岳への歩き易い稜線、


IMG0031JPG江川岳山頂
     近い位置にある江川岳山頂


IMG0034JPG屏山に到着
      吹き倒れそうな強風を・・屏山山頂です


IMG0036JPG開けた眺望
      開けた展望です


IMG0039JPG古処山への快適道
     古処山へ快適道


IMG0049JPG古処山頂
      古処山に到着、大勢の登山者です


IMG0053JPG広場の地蔵様
     広場の石仏


IMG0054JPG美しい
      緑が美しい


IMG0055JPG分岐を通過
      通過します


IMG0058JPG経ケ峰の石仏
     経ケ峰の石仏です


IMG0059JPG標識



IMG0060JPG南尾根を下る
     南尾根を下ります


IMG0061JPG激下り
      杉林の激下り


IMG0063JPG先端の下は崖と林道
      伝わらないが、尾根先端は林道の壁面 右へ迂回します


IMG0066JPG小谷口に巻きます
     小滝に下りました


IMG0067JPG下山した全体風景
     全体風景です


IMG0071JPGマムシグサ



IMG0075JPG平日だったら通過出来ないかも
      平日だったら通過できなかったかも


IMG0077JPGR500入り口
     R500入り口の看板


IMG0080JPG八丁越えしなくて便利になりました
     峠越えしなくても、便利になりました

















英彦山から刈又山へ

2020 03 22(日)曇り

英彦山南岳より鬼の舌、鹿の角を下り篭り水峠に立ち寄った
後、ケルンの谷を通り薬師峠分かれから刈又山への縦走
でした。

昼前後一時雨の予報、時折日差しも出て芽吹きに少し早い
英彦山塊でした。

豊前坊駐車場(7:25)~北岳(8:30)~英彦山山頂(8:55)~
鬼の舌(9:20)~鹿の角(9:50)~篭り水峠に立ち寄り(10;00)
~垂水の壺(10:45)~ケルンの谷(10:50)~薬師峠分かれ
(11:30~12:00)~912P(13:00)~刈又山(13:40~13:50)
~三差路(14:30)~薬師林道登山口(14:50)~薬師峠(15:15)
~豊前坊駐車場(15:30)


IMG0001JPG豊前坊駐車場から
        豊前坊 どんより曇り空 昼頃一時雨の予報


IMG0005JPGガスの北岳
      ガスの北岳 周囲の山は雲の中


IMG0007JPG梵字岩
      梵字岩です


IMG0009JPGガスの上宮
      ガスの上宮です


IMG0011JPG鬼の舌を下る
      鬼の舌を下ります
      ロープが張ってあります


IMG0012JPG鬼の舌


IMG0014JPG下降点
     下降点


IMG0017JPG終わ場を下る
     岩場を下ります


IMG0020JPGP73


IMG0018JPG貝巻き岩
     巻貝岩?


IMG0022JPG南岳と北岳
     南岳と北岳を振り返る


IMG0025JPG鹿の角
     鹿の角です


IMG0027JP篭り水峠に立ち寄り
     篭り水峠に立ち寄り


IMG0028JPG岸壁
     岩壁が目の前に


IMG0035JPG垂水の壺
     垂水の壺です





IMG0037JPGケルンの谷
      ケルンの谷で一休み


IMG0041JPG岩場地帯
     岩場地帯を慎重に


IMG0043JPG薬師峠分岐
     薬師峠分岐  ランチタイムとします


IMG0048JPGシャクナゲ
     シャクナゲの蕾 あまり見受けられません


IMG0049JPG912P
     912mPです


IMG0061JPG鷹の巣
     霞んだ鷹ノ巣山遠望


IMG0062JPG刈又山全景
     刈又山に到着(^^)/


IMG0063JPG刈又山



IMG0065JPG三差路に戻って来ました
     三差路に戻って来ました


IMG0066JPG枯大木
     尾根の枯木


IMG0067JPG激坂
     杉林の激坂(>_<)


IMG0068JPG登山口
     薬師林道登山口に下りてきました


IMG0072JPG裏英彦山道入り口
     裏英彦山道入り口を通過します


IMG0073JPG薬師峠
     薬師峠です


IMG0079JPGガスの豊前坊
     豊前坊駐車場に戻る頃ガスがかかり始めます
     山中でガスに会わずラッキー(*^。^*)






























福智山・1,8のコルから北尾根で鱒淵ダム東公園に下山

2020 03 20 (金)晴れ

春分の日、好天でしたが冷たい風が強かった一日でした。
鱒淵ダムから七重の滝、迂回路コースで豊前越より福智山山頂です。
新型コロナウイルスで休校の精でしょうか家族連れの登山者で山頂は
賑わっていました。

鈴ヶ岩屋に寄った後、1,8のコルまで下り自然歩道を外れ497mピーク
から北の尾根を辿り鱒淵ダム、吊橋東の公園手前に下りるコース。

初めてのコースで慎重な下りの多いコース、無事湖畔に下山して見上げると
ダムからいつも眺める鉄塔のある手前の尾根でした。

鱒渕ダム(8:50)~七重の滝巻き道コース~豊前越(11:05)~福智山(12:30)
~1,8のコル(13:30)~497mP(14:10)~416mP(14:45)~下山地点(15:15)
~鱒淵ダム(15:30)


IMG0003JPGダムから福智山
        鱒淵ダムから福智山山頂です


IMG0004JPG湖と福智山
      湖と福智山、落葉した冬季に樹間から望めます


IMG0007JPGシャガ
       シャガ


IMG0009JPG桜も
      日当たりの良い所に桜も開花です


IMG0011JPG用心坂を上る
     七重の滝迂回コースを久し振りに登ります


IMG0012JPG倒木
      道を塞いだ大木


IMG0015JPG瀞
      七の滝上部の瀞


IMG0024JPG快適道
     快適の道


IMG0028JPG豊前越え
      豊前越に登り詰める


IMG0031JPG快適道
     快適道 何組もの縦走者とスライド


IMG0034JPG荒宿荘
     荒宿荘  ここでランチタイム


IMG0038JPG福智山山頂です
     福智山山頂です  寒風が強いです


IMG0041JPG大勢の登山者
     それでも大勢の登山者


IMG0048JPG平尾台方面
     平尾台方面です


IMG0049JPG貫山
     貫山をアップ


IMG0050JPG福智平から
     福智平から山頂です


IMG0055JPG鈴ヶ岩屋から念仏坂
     鈴ヶ岩屋から念仏坂



IMG0058JPG英彦山アップ
     英彦山塊アップ


IMG0059JPG1,8のコル
     1,8のコル  自然歩道を外れます


IMG0061JPG497mPここより北尾根を下る
     497mピーク 北尾根を辿ります


IMG0066JPG境界を下る
     植林地の境界柱沿いに辿ります


IMG0067JPGエスケープ
     エスケープ


IMG0069JPG419mPの鉄塔幹線69
     419mピークの鉄塔 幹線69号


IMG0074JPG送電線
      70号~の送電線


IMG0077JPGシダの下り
     シダの多い右手に下ります


IMG0082JPG急坂
     激下りが続く


IMG0085JPG下りてきた地点
     下りてきた地点 公園の前になります


IMG0091JPGあの尾根を下りてきた
     振り返る尾根です


IMG0092JPGダムにゴール
      ダムにゴールでした






 
      
















大分市、南部の佩楯(はいたて)山と御座ヶ岳

2020 03 18 (水)晴れ


訪ねることの少ない大分市南部の佩楯山と御座ヶ岳を訪ねました。
佩楯山は車で山頂まで行けることから時々アップを見るが
他のコースで歩いて登ることにします。
本日の2座で完歩される大分の1等三角点巡りをされている山友さんの依頼で
初めての山でもあるため同行することにします。

県道53号を白岩集落を目指し上部へ細い道を辿り腰越峠が
登山口です

峠の本匠村の看板を僅かに下ると法面とネットの境を慎重に
法面上に這い上がります。

伐採された境界、作業道を登り途中のテープを注意して
林へネット沿いに進み岩場もあり迷うことなく山頂に着きます。

腰越峠(8:30)~669m三角点~大岩の梯子(10:00)~
佩楯山(10:25~10:45)~三差路(11:30)~腰越峠(11:45)


IMG0001JPG腰越峠
      本匠村の看板がある腰越峠


IMG0004JPG法面とネットの境を
       僅かに下り法面とネットの境を法面上に上がります


IMG0005PGネット沿いに
       新しいネット沿いに進みます
       

IMG0006JPG左手山頂が
       左手に山頂のアンテナが見えます
       馬蹄形に歩く形になります


IMG0007JPG快適歩き
       快適歩きです


IMG0009JPGお地蔵様
       お地蔵様です


IMG0010JPG燈籠
       傍に燈籠もあります


IMG0011JPG開けた道
       開けた道です


IMG0012JPG伐採地との境界を
       伐採地との境界を登ります


IMG0014JPG上部から
        上部から開けた伐採地
        資料ではこの伐採風景は見れません


IMG0016JPG作業道歩き
       登る程に作業道歩きになります


IMG0017JPG途中目印から林へ
      頂部手前にテープがあり林へ入ります


IMG0018JPG再びネット沿いに
      再びネット沿いに歩きます


IMG0019JPG笹の薄い藪漕ぎ
      笹の薄い藪漕ぎが時々


IMG0022JPG快適歩き
      フラットな歩き


IMG0023JPG岩を梯子で
      岩を前後の梯子でクリア


IMG0024JPG乗越
      乗り越えます


IMG0026JPGテープあり
      要所にテープがあります
      資料より可成り歩き易いと思います


IMG0027JPG大岩の間を
      大岩の隙間を


      IMG_0030JPG長い梯子
      長い梯子で岩を乗り越し


IMG0032JPGロープの急登
      ロープの急登


IMG0035PG見えてきた
      見えてきた~


IMG0037JPG松の多い道
      松の木が多い


IMG0039JPGもう一息
      もう一息



IMG0040JPG佩楯山山頂
       1等三角点の佩楯山山頂


IMG0045JPG電波塔
      電波塔群


IMG0046JPG標示板
     山 標示板



IMG0048JPG市街地
      市街地


IMG0053JPG車道歩き
      車道歩きで出発点に戻ります
      約1時間の舗装道歩きです


IMG0054JPG菜の花



IMG0055PGモクレン



IMG0056JPG三差路左へ
      三差路の表示板  左折して坂道歩き


IMG0058JPG振り返る山頂
      振り返る佩楯山


IMG0060JPG戻って来ました
      戻って来ました(^_-)-☆


移動して2座目は御座ヶ岳に登ります
山頂下に平成パークラインが通っており短時間で往復出来ます。
山頂に1等三角点がドーンと鎮座しています。


IMG0061JPG御座ヶ岳駐車地から
     カーブの広場に駐車地から


IMG0062JPG電柱の登山口
      電柱に登山口標示板です


IMG0064JPG10分で山頂
      10分程で山頂に立てます


IMG0065JPG1等三角点
      大分県最後の1等三角点に山友さん感激👏


IMG0069JPG往復30分
      往復30分 ミニ登山でした(^^♪


















      











プロフィール

ケルン

Author:ケルン
主に北九州近郊の山々を綴っていきます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ご訪問ありがとうございます
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR