FC2ブログ

西目山から右田ケ岳へ

2019 07 07(日) 晴れ

先月は周南市の馬糞ケ岳を訪ねたが今月は防府市の西目山と
右田ケ岳を歩きました。

宮崎県の大崩山の岩峰群を思い出させる岩の多い西目山と
右田ケ岳、市街地からも山中に白亜の岩峰が望める
山でした。

西目山登山口(8:05)~西目山(9:20~9:30)~勝坂へ下山~
右田ケ岳勝坂登山口(10:15)~稜線コース分岐(10:30)~
西の峰(11:50)~右田ケ岳(12:00~12:20)~塔の岡コース分岐
(12:50)~展望岩(食堂)(13:00)~高塚地区登山道入り口(14:15)~
右田小学校(14:30)


IMG0004JPG先に西目山に登ります
先ずは西目山へ、登山口です


IMG0010JPG登山意欲が湧きます
    登山意欲が湧きます


IMG0011JPG東の右田ケ岳の全容
     西に楞厳寺山の美形


IMG0012JPG眼前の岩峰
     眼前の岩峰


IMG0014JPG秋葉神社、石祠
     石祠に参拝


IMG0015JPG近くになる程
     近くになる程の迫って来ます


IMG0016JPG右田ケ岳全容はここからが一番
     右田ケ岳の全容はここに限る


IMG0017JPG新幹線、山陽道が仲良くトンネルへ
     シルエットの新幹線と山陽道が並行してトンネルに


IMG0018JPG前衛峰
     電柱が2本、見えるかな


IMG0023JPG大岩を潜り抜けて
     大岩を潜って


IMG0025JPG残りのヤマツツジが鮮やか
     残りのヤマツツジが鮮やか


IMG0026JPG電柱が2本の山頂
     西目山山頂
     電柱が2本、三角点があります


IMG0031JPG沢コースへ
     直進して沢コースへ


IMG0035JPG右田ケ岳を右に見ながら
    右に右田ケ岳を見ながら下ります


IMG0036JPGシダの坂を下ります
    シダの多い下り坂


IMG0038JPG沢を渡って又下で戻る
     沢を渡ります


IMG0039JPG藪もあります
     ヤブもあります


IMG0040JPG上部の堰堤から右田ケ岳を
     上部堰堤から右田ケ岳です


IMG0047JPGR262勝坂より右田ケ岳を目指す
    R262を下り、右田ケ岳、勝坂登山口です


IMG0050JPG尾根ルートへ向かう
     尾根ルートへ進みます


IMG0051JPG尾根ルートへの急登
     尾根への急登


IMG0054JPG剥がれた岩肌をトラバース
     剥がれた岩肌をトラバース


IMG0063JPG岩稜を歩く
     岩稜歩き


IMG0061JPGR262が中央に
     R262が中央に走っています


IMG0066JPGアップ



IMG067JPG石船山分岐
     石船山分岐


IMG0070JPG西の峰から西目山
     西の峰から西目山です


IMG0071JPG分岐



IMG0072JPG岩場の登山者
     岩場の登山者


IMG0076JPG右田ケ岳山頂
    右田ケ岳山頂です


IMG0077JPG標識



IMG0078JPG山頂の鐘
     山頂の鐘


IMG0087JPG標識
     塔の岡コースを下ります


IMG0088JPG案内板
     


IMG0093JPGハギの花
     萩の花が咲きだしました


IMG0095JPG同感



IMG0097JPG道標とは



IMG0102JPG山頂方向
     山頂を見上げる程に下りてきました


IMG0106JPG展望岩付近


IMG0113JPG他のコース
     サブコースの分岐


IMG0115JPG夏の雲
     夏の雲


IMG0122JPG夏の雲2



IMG0121JPG標識



IMG0127JPG尾根より谷へ
     尾根から谷へ


IMG0128JPGオオヤマレンゲ
     オオヤマレンゲ
     今年は咲いたかな


IMG0130JPG2箇所の橋
     沢の橋です


IMG0131JPG沢と稜線
    沢と稜線の絶景地


IMG0134JPGヤマアジサイ
     ヤマアジサイ


IMG0137JPG堰堤の傍を下る
     堰堤の傍を下ります


IMG0138PG分岐
     分岐


IMG0139JPG登山道入り口
     登山道入り口


IMG0140JPG塚原地区
     暑い 暑い


IMG0142JPG塚原地区より右田ケ岳
      塚原地区より ここからも絶景です


IMG0143JPG右田小学校
     右田小学校に戻ってきました





















 




























スポンサーサイト



ササユリの長野山から馬糞ケ岳

2019 06 18(火) 曇り


ササユリの咲く長野山から馬糞ケ岳を往復して来ました。
岩国市と周南市の境界にある長野山と馬糞ケ岳、就走路に
ポツリ、ポツリと咲いている程度だが暫し足を止めて愛でるのも
楽しいものでした。

長野山では蕾から満開のササユリを堪能出来た至福の一日でした。
残念ながら盗掘が後を絶たず注意の看板が立てられている。
公園化され山頂まで車で上がれるとあって俗化される現状に心が痛む。


中国道、鹿野IC~長野山緑地公園(6:50)~赤滝分岐(7:30)~
秘密尾分岐(9:05)~馬糞ケ岳(9:15~9:25)~長野山緑地公園
(11:30)

IMG1941JPG長野山標識
     長野山山頂
     ロッジ駐車場より公園展望台横の山頂へ
     10分足らずで山頂です 樹木の向こうに
     三角点があります

IMG1943JPG熊出没
     ササユリ観賞は馬糞ケ岳より戻ってゆっくりとゆうことで
     中国山地、熊さんに注意、🐻鈴も万全


IMG1945JPG赤滝分岐
     縦走路は中国自然歩道です


IMG1946JPG長い階段
     長い階段が待ち構えていますぞ


IMG1947JPG縦走路のササユリ
     縦走路のササユリです
     ポツリ、ポツリと咲いている程度、一休みに丁度良い


IMG1949JPG赤滝五万堂渓谷分岐
     赤滝、五万堂渓谷分岐


IMG1958JPG樹間から
     樹間から、生憎の空模様です
     終日、青空を望むことはできませんでした


IMG1963JPG縦走路のササユリ2
     縦走路のササユリ2


IMG1966JPG笹原の縦走路
     笹原の縦走路
     コースの全体が笹原の間を歩くことに


IMG1971JPG新緑の縦走路
     新緑の縦走路、青空が欲しい


IMG1972JPG分岐
     錦町方面への分岐 笹に覆われています


IMG1974JPG縦走路のササユリ3
     縦走路のササユリ3


IMG1979JPG秘密尾分岐
     秘密尾コース分岐
     以前は氷川神社から登り長野山を往復
     していました


IMG1986JPG山頂下のササユリ4
     山頂下のササユリ


IMG1990JPG馬糞ケ岳標識
     馬糞ケ岳  一等三角点があります


IMG1994JPG山頂風景
     山頂風景


IMG1995JPGガスで眺望は無い
     南側が開けています
     今日は遠望は期待できません


IMG1998JPG笹薮だった高木の目印
     往路を戻ります 
     前回は笹薮だった箇所、高木の枝の目印を
     頼りに進んでいました、名残りです


IMG2011JPG自然歩道



IMG2015JPG新緑の縦走路


IMG2018JPG中国自然歩道
     中国自然歩道


IMG2019JPG木段
     木段を登るとゴールは近い


IMG2021JPG長野山緑地公園
     長野山緑地公園に戻って来ました


IMG2023JPGササユリ4兄弟
     見頃の4姉妹


IMG2027JPG紅ドウダン
      紅ドウダン


IMG2028JPG蕾の三兄弟
     蕾も沢山あります


IMG2031JPGササユリの原
     ササユリの原


IMG2035JPGキャンプサイト
     キャンプサイト


IMG2037JPGササユリの原



IMG2045JPG咲き誇る
     咲き誇るササユリ


IMG2046JPGササユリの原3



IMG2052JPGアップで
     アップで


IMG2064JPG蕾



IMG2067JPG天空のカフェ
     ロッジで山菜うどんを食べました


IMG2069JPG長野山ロッジ
     ロッジです


IMG2073JPG明日には咲きます
     明日には咲きます


IMG2024JPGコウヤマキ
      コウヤマキです


IMG2079JPG菖蒲畑
      帰路の畑にて


















佐波川源流を辿り三ツケ峰から野道山

2019 05 04(土) みどりの日 晴れ


国道315号から県道123号に入り仏峠、下方の野道山登山口にデポ、30分
程県道を登り三ツケ峰登山口から入山。
佐波川源流を詰めて三ツケ峰に登り分岐に戻り野道山へスズタケの縦走路を
辿る、以前は7時間もかけての縦走だったとか、今は笹が刈払われ歩き易く
なっています。

切り株で足を痛めないよう、スパッツを付けて歩きます。
竹と松とアセビが多い縦走路、暫くの辛抱で伐採地からの眺めが素晴らしい。

イワカガミの多い野道山は山頂部が開け360度の眺望、昨日歩いた莇ケ岳、弟見山
十種ヶ峰が望めます。
分岐に戻り下山します、東尾根コースを下ることに(予定外)危険性は無いとあり
こちらを下ることに、ロープの急坂があるものの、歩きやすく早く合流点に着いた。


野道山登山口(5:50)~三ツケ峰登山口(6:30)~佐波川源流を辿る~
稜線分岐(8:14)~三ツケ峰(8:18~8:35)~野道山(10:15~10:35)
~東尾根コースを下る~合流点(11:15)~野道山登山口( 11:25  )


IMG1007JPG県道123号野道山登山口にデポ
      県道123号野道山登山口にデポ


IMG1014JPG三ツケ峰登山口
     上部の三ツケ峰登山口からスタート


IMG1022JPG渡渉を繰り返す
    渡渉を繰り返し佐波川源流を辿る


IMG1027JPG崩壊地
     崩壊地


IMG1028JPGヤマルリソウ



IMG1033JPGイチリンソウ


IMG1034JPG崩壊地
     崩落地


IMG1038JPG清流
     清流です


IMG1043JPG小滝
    小滝が幾つも


IMG1044JPG佐波川源流柱
     下方の佐波川源流標柱
     

IMG1046JPG小滝2
     小滝


IMG1054JPG崩壊地
     崩壊地、笹に隠れて見ずらい


IMG1060JPG上部の源流柱
     上部の佐波川源流標柱
     直ぐ上に稜線が見えています

IMG1062JPG説明板
     読み取れない


IMG1063JPG源流地点
    勝手に源流地点


IMG1066JPG稜線分岐
     稜線分岐右に5分で三ツケ峰


IMG1069JPG三ツケ峰山頂
     切り開けられた山頂
     昨日登った十種ヶ峰です

IMG1070JPG山頂標識


IMG1076JPG高岳山方面
高岳山方面です


IMG1078JPG分岐に戻って
     分岐に戻って


IMG1093JPG山並
      伐採地から山並です


IMG1094JPG弟見山と三角の莇ケ岳
      三角の莇ケ岳方面


IMG1099JPG縦走路の大岩
      縦走路の大岩


IMG1105JPGイワカガミ2
     イワカガミが綺麗です


IMG1116JPG野道山山頂
     野道山山頂です


IMG1117JPG標識



IMG1132JPG.jpg



IMG1136JPG東尾根コースを下ることに(予定外)
     下山道の変更です


IMG1137JPG開けた笹原
     開けた笹原


IMG1138JPG合流点
     合流点です


IMG1141JPG標板
     標板です


IMG1140JPG斎藤新道
       サイトウさんありがとう


IMG1147JPG登山口のヤマフジ
      登山口のヤマフジ


IMG1148JPGヤマフジ2























 



  


ヤマシャクヤクの十種ヶ峰

2019 05 03(金)晴れ


本日午後の部は十種ヶ峰を訪ねました。
ヤマシャクヤクを愛でるのが目的です。
駐車場は満杯、婦人会の方が案内や特産品販売、温泉の割引券も
頂く。
神角バス停から林道を歩き次第に谷を登ると見事なヤマシャクヤクの群生地
勿論立ち入ることは出来ないが遊歩道から愛でることが出来る。
一週間前位が最盛期のようだが登る程に初々しい花びらが咲き誇っています。
広大な群生地を後に稜線から山頂へ、イカリソウの道に疲れを忘れる。

難を言えばこの山塊、非常にコバエが多いこと、目や鼻に入って来るから
始末が悪いレンズの前を飛び交うコバエに没の写真も多数。

広い山頂で抜群の景観が素晴らしい、遠くに三角錐の莇ケ岳、弟見山の
連山が分かる程度。

一方通行の下山、直下に熊野権現が祀られています。
笹原から振り返る十種ヶ峰は印象的です。

駐車場に戻ると婦人会の方が売店の片付け中、車も数台に。
道の駅、願成就温泉で汗を流し食堂で早めの夕食、明日に備え
駐車場の隅で早く休んだ。

神角駐車場(12:00)~ヤマシャクヤク観賞~稜線分岐(13:10)
~十種ヶ峰山頂(13:35~13:55)~神角駐車場(14:50)


IMG0178JPG十種ヶ峰案内板
      十種ヶ峰案内板


IMG0181JPG白い花



IMG0187JPGヤマシャクヤク1
      ヤマシャクヤクの群生に圧倒されます
      暫し、ヤマシャクヤクを並べます


IMG0198JPGヤマシャクヤク3
      2


IMG0202JPGヤマシャクヤク4
      3


IMG0205JPGヤマシャクヤク5
       4


IMG0206JPGヤマシャクヤク6
      5


IMG0215JPGヤマシャクヤク8
      6


IMG0217JPGヤマシャクヤク8
      7


IMG0235JPG新緑
     稜線の新緑


IMG0237JPG稜線分岐
      稜線分岐、山頂へ


IMG0247JPGイカリソウ1
       イカリソウを並べます1


IMG0248JPGイカリソウ2
       2


IMG0250JPGいかりそう3
      3


IMG0251JPGイカリソウ4
       4


IMG0253JPGミツバツツジ
      ミツバツツジです


IMG0260JPG十種ヶ峰1
      十種ヶ峰山頂です


IMG0267JPG山頂
       青空の広い台地から眺めが素晴らしい


IMG0271JPG山頂風景
       山頂風景


IMG0262JPG莇ケ岳方面
      莇ケ岳方面


IMG0275JPG一方通行
      下山は一方通行


IMG0276JPG熊野権現
      熊野権現


IMG0278JPG下山道
      下山道です


IMG0288JPG笹原
      笹原が綺麗です


IMG0290JPG振り返る十種ヶ峰
      振り返ると十種ヶ峰山頂です


IMG0294JPGイカリソウ6
      民家の近くで


IMG0295JPGヤマブキ
      ヤマブキも


IMG0297JPG田植えが済んだ
      田植えが済んだ田んぼ


IMG0301JPG集落より十種ヶ峰
       神角から十種ヶ峰山頂です


IMG0308JPG道の駅願成就温泉
       道の駅 願成就温泉です


















莇ケ岳から弟見山へカタクリの花は見れたのか

2019 05 03(金)憲法記念日 晴れ


約1ヶ月遅れの弟見山へカタクリの花が残っていないかと、期待半分の
出遅れ登山。
連休中の高速は混んでいるのではと深夜に出発、中国道は往復とも
スイスイのストレスなし。

莇ケ岳登山口は拡張され20台は駐車出来るのに驚き。
2の鎖から岩上へミニ雲海を楽しみミツバツツジの莇ケ岳山頂、勿論誰もいない。

弟見山へ笹の刈払われた広い縦走路、イワカガミが可憐な花を咲き誇っている。
山頂付近に竹杭に守られたカタクリが大きな種を垂れ下げている、一輪でも咲いていないか
ゆるりの足モードにシフトダウン、咲いています、蕾もあります、一ヶ月も遅れたのに
咲いていてくれました。

莇ケ岳に戻り下山は新道コース、歩き易く短時間で下山出来た。
駐車場横の沢にはヒメレンゲが岩に黄色の小さな花が咲きほころんでいます。


莇ケ岳登山口(5:50)~莇ケ岳山頂(6:50~7:00)~弟見山山頂(8:20~8:35)
~莇ケ岳山頂(9:40)~莇ケ岳登山口(11:00)


IMG0002JPG莇ケ岳登山口
莇ケ岳登山口
   駐車場が拡張され大きな広場になっています


IMG0005JPG鎖場
     鎖場分岐


IMG0012JPG不動明王様
     岩上の不動明王様


IMG0011JPG岩上から雲海
     雲海が少しだけ


IMG0021JPGイワカガミ1
     イワカガミが多い


IMG0026JPG莇ケ岳山頂
       莇ケ岳山頂です


IMG0027JPG標識



IMG0029JPG山頂から1
      山頂からの山並


IMG0033JPGミツバツツジ
      ミツバツツジが満開です


IMG0036JPGミツバと山並
      ミツバツツジと山並です


IMG0038JPG小屋
      山頂にある避難小屋


IMG0041JPGムシカリ
      ムシカリです


IMG0044JPG新緑
      朝日に新緑が綺麗です


IMG0045JPGイワカガミ
      至る所に咲いています


IMG0054JPGチゴユリ
      チゴユリも沢山咲いています


IMG0065JPG笹が刈り取られた径
      笹が刈払われた縦走路です


IMG0069JPG弟見山前衛峰
      弟見山 本峰は西側に隠れています


IMG0081JPGイワカガミ
      


IMG0088JPG山並
     山並です


IMG0100JPG弟見山山頂全景
     弟見山山頂


IMG0101JPG標識



IMG0092JPGカタクリ
      カタクリが残っています


IMG0106JPGカタクリ2



IMG0108JPGカタクリ3



IMG0111JPGカタクリ3



IMG0124JPG天井の新緑
     莇ケ岳へ戻ります


IMG0135JPGイワカガミ
      ピンクのイワカガミ


IMG0145JPG新道で下山
      新道で下山します


IMG0146JPG開けた径
      開けた径


IMG0148JPG振り返る莇ケ岳
      振り返る、莇ケ岳


IMG0150JPGチゴユリ
      チゴユリです


IMG0160JPG杉林
      杉林を下る


IMG0161JPG新道は松の木尾根道
      新道は松の木尾根道


IMG0168JPGヒメレンゲ2
       ヒメレンゲを並べます1


IMG0172JPGヒメレンゲ3
       2


IMG_0994.jpg
       3


IMG0974JPGムラサキの花



IMG0975JPGムラサキの花2



IMG0983JPGケマン



IMG0166JPGヒメレンゲの咲く渓流
     ヒメレンゲ咲く渓流

























プロフィール

ケルン

Author:ケルン
主に北九州近郊の山々を綴っていきます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ご訪問ありがとうございます
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR