FC2ブログ

勝山三山、周回

2020 10 11晴れ


下関市田倉より勝山三山を歩きました。
三山を含め八山のピークを踏む低山ながら歩きごたえのある
山歩きでした。










スポンサーサイト



東鳳翩(ほうべん)山・西鳳翩山・ショウゲン山と萩往還

2020 07 19 (曇り一時雨)


梅雨は未だ明けないが山口県の山を楽しんだ。
西鳳翩山までは歩いた事が無く、幸いに雨に降られず挑戦して来ました。

錦鶏の滝コースより東鳳翩山から地蔵峠に下り、油ケ峠から舗装道を歩き
西鳳翩山山頂に辿り着く。
霧雨のアンテナの傍にある三角点で小腹を満たし、往路を東鳳翩山に戻り
二つ堂コース分岐から板堂峠に向かい、ショウゲン山にも立ち寄り
萩往還を下った。

石畳の古道も長雨でズルズルの坂道で難儀でした。
P点の傍に冷たい山水が流れており汗を拭きとってサッパリの帰宅でした。

錦鶏の滝P(6:10)~錦鶏の滝~二つ堂コース分岐~東鳳翩山(8:07)~
地蔵峠(8:45)~油ケ峠(9:55)~西鳳翩山(10:30~10:45)~油ケ峠
~地蔵峠(12:15)~東鳳翩山(13:10~13:20)~ショウゲン山(14:30)~
戻る~板堂峠(15:00)~萩往還~錦鶏の滝P(16:00)


IMG0001JPG錦鶏の滝コースで
錦鶏の滝コースからスタート


IMG0005JPG男滝
        男滝を左に見て


IMG0011JPG渡渉
        八回は渡渉したようです


IMG0021JPG快歩
     快歩はいいぞ


IMG0027JPG分岐
     二つ堂コース分岐   帰りはここから板堂峠へ


IMG0043JPG東鳳翩山
       東鳳翩山です  天気良くないです


IMG0044JPG西鳳翩山を見る
      今から訪ねる西鳳翩山方面


IMG0045JPG中国自然歩道
      中国自然歩道


IMG0048JPG地蔵峠
      地蔵峠(たお)  英彦山系にも草木峠(たお)があります


IMG0051JPG地蔵様
     お地蔵様が祀らてます


IMG0055JPG縦走路
      縦走路


IMG0056JPGキノコ
      真っ白なキノコ


IMG0058JPG油ケ峠
      油ケ峠(とう)     西鳳翩山山頂まで舗装道を登ります


IMG0067JPG小雨の西鳳翩山
       視界ゼロの西鳳翩山山頂   小雨も降り出しました  アンテナが何機も


IMG0072JPG??
  ヤブカンゾウ?



IMG0073JPG?



IMG0075JPG峠
      往路を戻ります


IMG0080JPGトレランナ~
     トレルランナー   西鳳翩山で出会った時は男性のようでしたが


IMG0082JPGホトトギス



IMG0090JPG碑
      地蔵峠の碑


IMG0103JPG山頂下
      東鳳翩山に戻って来ます


IMG0104JPG山頂下の階段
      山頂下の階段は酷かった マジで!


IMG0105JPG陽が差す東鳳翩山
      陽が差す東鳳翩山に戻って来ました(^_-)-☆


IMG0109JPG西鳳翩山をアップ
      西鳳翩山をアップで  アンテナ群が良く見えます


IMG0122JPGショウゲン山
      ショウゲン山に立ち寄ります


IMG0123JPG三角点あります
      三角点のピークらしくない山、先にもルートが繋がっているようです
      分岐に戻ります


IMG0129JPG板堂峠
      板堂峠です  🐻注意の看板は記憶が残っていました


IMG0130JPG小雨の萩往還
      小雨の萩往還


IMG0133JPG石畳み
      石畳  良く滑ります (>_<)


IMG0137JPG苔の坂
       苔の坂


IMG0141JPG一の坂跡



IMG0143JPG六軒茶屋跡



IMG0145JPGゴール
      ゴールしました🙌
























済生会登山口から竜王山を歩く

2020 03 09 (月)曇り

山陰本線、安岡駅にデポ、済生会病院上の登山口から影山、鋤先山、竜王山
に登りました。
前も後ろも階段に階段が続くコースで足に負担が掛かりました。

午後から曇り夕方には雨の予報降られる前に下山しょう。
山頂で昼食後、吉見コースで下山、以前地元の山友さんから案内してもらった
ことがあり、竜王神社の石畳みが記憶に残っていました。

吉見駅から見る竜王山系、鬼ケ城、狩音山山系がどっしり横たわって
印象深い山でした。


安岡駅(8:50)~済生会上登山口(9:20)~影山(9:55)~深坂溜池分岐(10:25)
~牡鋤先山(11:45)~竜王山山頂(12:15~12~12:45)~鬼ケ城分かれ
(12:50)~竜王神社上宮(13:15)~吉見登山口(13:55)~吉見駅(14:25)



IMG0002JPG病院上登山口
         病院上の登山口からスタート


IMG0001JPG標識
       溜池にも行けそうです


IMG0007JPG影山
       影山です ピークではないです


IMG0006JPG痛い標識



IMG0008JPG溜池分岐
       溜池分岐


IMG0011JPG階段が続くコース
       しんどい登りです


IMG0012JPG雌鋤先山
      雌鋤先山です


IMG0014JPG何処までも続くよ
      何処までも続くよ


IMG0015JPG鋤先山
     牡鋤先山です一安心です


IMG0017JPG竜王山山頂
     竜王山山頂です 生憎のどんより空です


IMG0019JPG鐘
     シンボルの鐘


IMG0020JPG山頂風景
     山頂風景です


IMG0021JPG鬼ケ城と狩音山
     鬼ケ城と狩音山(かろうとやま)です


IMG0022JPG吉見別れ
     鬼ケ城分かれ  吉見コース(左)に歩きます


IMG0028JPG大樹
      大樹です


IMG0025JPG開けた尾根
      開けた尾根


IMG0026JPG鬼ケ城
      どっしりと鬼ケ城、狩音山です


IMG0037JPG上宮鳥居
      竜王神社上宮鳥居 


IMG0030JPG上宮
     上宮です


IMG0032JPG征露燈
     征露燈


IMG0038JPG吉見海岸方面
      吉見海岸方面です


IMG0041JPG吉見登山口
      吉見登山口に下りてきました


IMG0042JPG登山口



IMG0043JPG竜王山山塊
       どっし竜王山山塊です










西目山から右田ケ岳へ

2019 07 07(日) 晴れ

先月は周南市の馬糞ケ岳を訪ねたが今月は防府市の西目山と
右田ケ岳を歩きました。

宮崎県の大崩山の岩峰群を思い出させる岩の多い西目山と
右田ケ岳、市街地からも山中に白亜の岩峰が望める
山でした。

西目山登山口(8:05)~西目山(9:20~9:30)~勝坂へ下山~
右田ケ岳勝坂登山口(10:15)~稜線コース分岐(10:30)~
西の峰(11:50)~右田ケ岳(12:00~12:20)~塔の岡コース分岐
(12:50)~展望岩(食堂)(13:00)~高塚地区登山道入り口(14:15)~
右田小学校(14:30)


IMG0004JPG先に西目山に登ります
先ずは西目山へ、登山口です


IMG0010JPG登山意欲が湧きます
    登山意欲が湧きます


IMG0011JPG東の右田ケ岳の全容
     西に楞厳寺山の美形


IMG0012JPG眼前の岩峰
     眼前の岩峰


IMG0014JPG秋葉神社、石祠
     石祠に参拝


IMG0015JPG近くになる程
     近くになる程の迫って来ます


IMG0016JPG右田ケ岳全容はここからが一番
     右田ケ岳の全容はここに限る


IMG0017JPG新幹線、山陽道が仲良くトンネルへ
     シルエットの新幹線と山陽道が並行してトンネルに


IMG0018JPG前衛峰
     電柱が2本、見えるかな


IMG0023JPG大岩を潜り抜けて
     大岩を潜って


IMG0025JPG残りのヤマツツジが鮮やか
     残りのヤマツツジが鮮やか


IMG0026JPG電柱が2本の山頂
     西目山山頂
     電柱が2本、三角点があります


IMG0031JPG沢コースへ
     直進して沢コースへ


IMG0035JPG右田ケ岳を右に見ながら
    右に右田ケ岳を見ながら下ります


IMG0036JPGシダの坂を下ります
    シダの多い下り坂


IMG0038JPG沢を渡って又下で戻る
     沢を渡ります


IMG0039JPG藪もあります
     ヤブもあります


IMG0040JPG上部の堰堤から右田ケ岳を
     上部堰堤から右田ケ岳です


IMG0047JPGR262勝坂より右田ケ岳を目指す
    R262を下り、右田ケ岳、勝坂登山口です


IMG0050JPG尾根ルートへ向かう
     尾根ルートへ進みます


IMG0051JPG尾根ルートへの急登
     尾根への急登


IMG0054JPG剥がれた岩肌をトラバース
     剥がれた岩肌をトラバース


IMG0063JPG岩稜を歩く
     岩稜歩き


IMG0061JPGR262が中央に
     R262が中央に走っています


IMG0066JPGアップ



IMG067JPG石船山分岐
     石船山分岐


IMG0070JPG西の峰から西目山
     西の峰から西目山です


IMG0071JPG分岐



IMG0072JPG岩場の登山者
     岩場の登山者


IMG0076JPG右田ケ岳山頂
    右田ケ岳山頂です


IMG0077JPG標識



IMG0078JPG山頂の鐘
     山頂の鐘


IMG0087JPG標識
     塔の岡コースを下ります


IMG0088JPG案内板
     


IMG0093JPGハギの花
     萩の花が咲きだしました


IMG0095JPG同感



IMG0097JPG道標とは



IMG0102JPG山頂方向
     山頂を見上げる程に下りてきました


IMG0106JPG展望岩付近


IMG0113JPG他のコース
     サブコースの分岐


IMG0115JPG夏の雲
     夏の雲


IMG0122JPG夏の雲2



IMG0121JPG標識



IMG0127JPG尾根より谷へ
     尾根から谷へ


IMG0128JPGオオヤマレンゲ
     オオヤマレンゲ
     今年は咲いたかな


IMG0130JPG2箇所の橋
     沢の橋です


IMG0131JPG沢と稜線
    沢と稜線の絶景地


IMG0134JPGヤマアジサイ
     ヤマアジサイ


IMG0137JPG堰堤の傍を下る
     堰堤の傍を下ります


IMG0138PG分岐
     分岐


IMG0139JPG登山道入り口
     登山道入り口


IMG0140JPG塚原地区
     暑い 暑い


IMG0142JPG塚原地区より右田ケ岳
      塚原地区より ここからも絶景です


IMG0143JPG右田小学校
     右田小学校に戻ってきました





















 




























ササユリの長野山から馬糞ケ岳

2019 06 18(火) 曇り


ササユリの咲く長野山から馬糞ケ岳を往復して来ました。
岩国市と周南市の境界にある長野山と馬糞ケ岳、就走路に
ポツリ、ポツリと咲いている程度だが暫し足を止めて愛でるのも
楽しいものでした。

長野山では蕾から満開のササユリを堪能出来た至福の一日でした。
残念ながら盗掘が後を絶たず注意の看板が立てられている。
公園化され山頂まで車で上がれるとあって俗化される現状に心が痛む。


中国道、鹿野IC~長野山緑地公園(6:50)~赤滝分岐(7:30)~
秘密尾分岐(9:05)~馬糞ケ岳(9:15~9:25)~長野山緑地公園
(11:30)

IMG1941JPG長野山標識
     長野山山頂
     ロッジ駐車場より公園展望台横の山頂へ
     10分足らずで山頂です 樹木の向こうに
     三角点があります

IMG1943JPG熊出没
     ササユリ観賞は馬糞ケ岳より戻ってゆっくりとゆうことで
     中国山地、熊さんに注意、🐻鈴も万全


IMG1945JPG赤滝分岐
     縦走路は中国自然歩道です


IMG1946JPG長い階段
     長い階段が待ち構えていますぞ


IMG1947JPG縦走路のササユリ
     縦走路のササユリです
     ポツリ、ポツリと咲いている程度、一休みに丁度良い


IMG1949JPG赤滝五万堂渓谷分岐
     赤滝、五万堂渓谷分岐


IMG1958JPG樹間から
     樹間から、生憎の空模様です
     終日、青空を望むことはできませんでした


IMG1963JPG縦走路のササユリ2
     縦走路のササユリ2


IMG1966JPG笹原の縦走路
     笹原の縦走路
     コースの全体が笹原の間を歩くことに


IMG1971JPG新緑の縦走路
     新緑の縦走路、青空が欲しい


IMG1972JPG分岐
     錦町方面への分岐 笹に覆われています


IMG1974JPG縦走路のササユリ3
     縦走路のササユリ3


IMG1979JPG秘密尾分岐
     秘密尾コース分岐
     以前は氷川神社から登り長野山を往復
     していました


IMG1986JPG山頂下のササユリ4
     山頂下のササユリ


IMG1990JPG馬糞ケ岳標識
     馬糞ケ岳  一等三角点があります


IMG1994JPG山頂風景
     山頂風景


IMG1995JPGガスで眺望は無い
     南側が開けています
     今日は遠望は期待できません


IMG1998JPG笹薮だった高木の目印
     往路を戻ります 
     前回は笹薮だった箇所、高木の枝の目印を
     頼りに進んでいました、名残りです


IMG2011JPG自然歩道



IMG2015JPG新緑の縦走路


IMG2018JPG中国自然歩道
     中国自然歩道


IMG2019JPG木段
     木段を登るとゴールは近い


IMG2021JPG長野山緑地公園
     長野山緑地公園に戻って来ました


IMG2023JPGササユリ4兄弟
     見頃の4姉妹


IMG2027JPG紅ドウダン
      紅ドウダン


IMG2028JPG蕾の三兄弟
     蕾も沢山あります


IMG2031JPGササユリの原
     ササユリの原


IMG2035JPGキャンプサイト
     キャンプサイト


IMG2037JPGササユリの原



IMG2045JPG咲き誇る
     咲き誇るササユリ


IMG2046JPGササユリの原3



IMG2052JPGアップで
     アップで


IMG2064JPG蕾



IMG2067JPG天空のカフェ
     ロッジで山菜うどんを食べました


IMG2069JPG長野山ロッジ
     ロッジです


IMG2073JPG明日には咲きます
     明日には咲きます


IMG2024JPGコウヤマキ
      コウヤマキです


IMG2079JPG菖蒲畑
      帰路の畑にて


















プロフィール

ケルン

Author:ケルン
主に北九州近郊の山々を綴っていきます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ご訪問ありがとうございます
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR