FC2ブログ

令和2年(2020年)貫山からの初日の出

2020 01 01(水)晴れ

晴れ渡った星空の元、初日の出を迎えに貫山に登りました。
7時に山頂到着、多くの登山者、既に周防灘が赤く染まっていました。

7時20分過ぎ雲の上からの初日の出に感動です。
少しの雲の上は遮るものは無くまん丸の初日の出でした。

堪能した日の出を後に、好天に誘われ水晶山を目指して下山とします。
穏やかな貫山塊を後にした元日でした。

上貫、貫山権現参拝道入り口(5:30)~貫山山頂(7:05~7:35)~
偽水晶山(8:25)~水晶山(8:50~9:05)~大岩(9:50)~参拝道
入り口(10:25)


IMG0005JPG7時山頂到着
         7時山頂到着、大勢の登山者です


IMG0007JPG晴天周防灘が赤くなり始めています
        周防灘上の雲が赤くなりました


IMG0013JPG大勢の登山者です
     大勢の登山者です


IMG0015JPG2020令和2年初日の出です
      令和2年(2020年)初日の出です


IMG0018JPG雲上より初日の出
      雲上からの初日の出です


IMG0019JPGアップです1
     アップします1


IMG0024JPGアップで2
     アップ 2


IMG0033JPG周防灘を照らす初日の出
     周防灘を照らす


IMG0034JPG登山者
     少し少なくなりました


IMG0043JPG赤く染まる山頂
     赤く染まる山頂


IMG0045JPG山頂風景2
     山頂風景


IMG0048JPG空港方面
     北九州空港方面


IMG0049JPG足立山方面
     足立山方面


IMG0051JPG凍る登山道
     凍った登山道


IMG0052JPG朝日の周防台
     朝日を受ける周防台です


IMG0057JPG周防台天狗岩
     周防台、天狗岩です


IMG0058PG貫山方面
     貫山方向です


IMG0059JPGシルエットの苅田アルプス
     シルエットの苅田アルプス


IMG0060JPG戸覚寺分れから苅田アルプス
    戸覚寺分かれから苅田アルプス


IMG0063JPG戸覚寺分かれ水晶山
     水晶山です


IMG0064JPG貫山方面
     貫山方面


IMG0067JPG凍っていマス
    凍った登山道


IMG0068JPG水晶山
     水晶山に到着  コーヒータイムとします

IMG0073JPG足立山遠望
     足立山、戸の上方面が開けます


IMG0080JPG分岐の鉄塔
     大岩コースで下山分岐の鉄塔


IMG0096JPG振り返る企救富士
     振り返る貫山(企救富士)


IMG0104JPGナンテン



IMG0103JPG山茶花
















スポンサーサイト



井手浦林道から塔ヶ峯

2019 12 28(土)曇り


冬季に訪ねている、井手浦林道からの塔ヶ峯をyuhamaさんと歩きてきました。
2座登るため早朝登山としますが昨日企救自然歩道(小文字山~風師山)を
歩いたそうで膝に違和感があり下山後2座目は取り止めとします。

川谷線から稜線に取り付上で東の小谷を登ったため20m程のロスが出た。
一昨日の雨で足元が悪いが上部の岩は問題ありません。
毎度のことで左に右に登ったり、巻いたり取り付き点から一時間で
先端の展望岩に辿り着く。

山頂より一旦、大穴線に下り広場から西側へ巻きながら下り急坂を一気に
下る、カツラの大木付近から水平にトラバース、目印より倒木の藪を抜けて
川谷線に出て往路を戻った。
(軌跡はyamapをご覧ください)

井手浦公民館(7:25)~井手浦林道取り付点(7:57)~川谷線終点(8:18)
~展望岩(9:45~9:55)~塔ヶ峯(10:05)~大穴線カーブ(10:10)~
カツラの大木(1020)~川谷線終点(10:45)~井手浦林道出会(10:55)~
井手浦公民館(11:30)


IMG0001JPG井手浦公民館から塔ヶ峯
早朝の井手浦公民館から塔ヶ峯です


IMG0002JPG井出浦林道から取り付き点
      井手浦林道(本線)からの取り付き点


IMG0004JPG竹原支線終点を横断
      川谷支線終点を横断 湿地が多く夏場は
      敬遠したいルートです


IMG0006JPGいよいよ岩場に取り付く
      いよいよ岩場への取り付


IMG0007JPG岩壁を巻きます
      岩壁は巻きます


IMG0008JPGなるべく直登したい
     なるべく直登したいものです


IMG0009JPG岸壁
      岩壁が続く


IMG0011JPG岩に木も
      根性の木


IMG0013JPG狭い足元
     狭い足元


IMG0015JPG抜ける
     狭い岩間をすり抜ける


IMG0017JPG展望岩に登り詰める
     展望岩に登り詰めた(^^)/


IMG0016JPG福智山を望む
     福智山が見えます


IMG0019JPG山頂標識
     山頂標識


IMG0021JPG大穴線に下りてきた
     大穴支線に下って来ました


IMG0023JPG桂の木目印になる
      西面を下り目印の桂の大木


IMG0025JPG朝登って来た終点これより往路を戻る
     朝登って来た川谷支線に戻り往路を下ります


IMG0026JPG炭焼き跡
     大きな炭焼き跡


IMG0032JPGスイセン



IMG0036JPGサザンカ









長野岳~笠岩~城山~剣立山周回

2019 12 27(金)曇り


我が家から3km程で長野山緑地公園があり遊歩歩道より長野岳(長野城址)の取り付が
あるのを知り出かけて来ました。

長野岳より林道を歩いて笠岩、城山(堀越城跡)、剣立山を巡り下山、
里山ながら戦国時代の山城跡を偲ぶ山歩きでした。


長野山緑地公園、遊歩道取り付き口(9:25)~星条旗の林(10:00)~
二の丸(10:45)~本丸跡(11:00)~林道歩き~林道から剣立山分岐
(12:05)~笠岩分岐(手前)(12:13)~笠岩(12:40~13:15)~
城山(堀越城跡)(13:25~13:35)~剣立山(13:40~13:45)~
金の神~笠岩分岐(14:18)~登山口14:25)~長野山緑地公園
(14:35)


IMG0001JPG長野岳 取り付き点
     長野山緑地公園、遊歩道取り付き口
     柵に扉があります


IMG0002JPG倒木倒竹帯
     いきなり、倒竹帯、倒木に遭遇


IMG0003JPGネットとヌタバ
     ネットとヌタ場


IMG0005JPG??
     近くに星条旗、他コースから常連さんの休憩地?


IMG0006JPG倒竹帯
     倒竹帯アゲイン


IMG0008JPG林道横断
      林道横断  前回は初めから林道歩き


IMG0012JPG2の丸
     二の丸に到着


IMG0014JPGパワーツリー
     パワーツリー


IMG0016JPG本丸跡
     本丸跡です


IMG0018JPG本丸の地蔵様
     広場の地蔵様



IMG0020JPG荒れた林道
     荒れた作業道を


IMG0021JPG根性の木
     根性の木


IMG0022JPGゲート
     貫山林道終点


IMG0024JPG崩壊地
     崩壊地 他にもあります


IMG0025JPG開けた林道から市街地
     開けた林道から 小倉市街地


IMG0026JPG足立山が
     奥に足立山が聳えます


IMG0028JPG剣立山分岐
     林道から剣立山分岐  分かりづらい


IMG0030JPG笠岩分岐
     平尾根の笠岩分岐(手前)


IMG0033JPG笠岩の標識
     笠岩上部の標識


IMG0036JPG笠岩から足立山
     笠岩  展望が開け昼食タイム


IMG0040JPG横から
      横から


IMG0042JPG稜線の標識
     稜線の標板


IMG0045JPG城山堀越城跡
     城山(堀越城跡が馴染み)


IMG0047JPG標識



IMG0050JPG剣立山から
     剣立山から歩いて来た山並


IMG0051JPG剣立山から
      開けた山頂 足立山が眼前に


IMG0052JPG剣立て山から


IMG0055JPG金の神
     金の神


IMG0056JPG.jpg
     金運に廻れますよう


IMG0057JPG急坂
     ロープの急坂


IMG0058JPG緩い坂を
     ユル坂もあるようです


IMG0062JPG黄葉



IMG0063JPG笠岩分岐
     笠岩分岐 笠岩への直行コース


IMG0065JPG高速道路を潜る
     高速道路を潜ります


IMG0066JPG登山口
     登山口標板


IMG0071JPG案内板
     案内板もあります


IMG0072JPG長野岳方面
     朝歩いた長野岳方面です














続きを読む

梅雨入り前の平尾台散策

2019 06 23(日) 晴れ

近日中に北部九州も遅れている梅雨入りの報道があります。
午前中、所用を済ませ昼から平尾台散策に出かけました。

ノハナショウブを今年は未だ観ていないので、これだけでも見たい
の思いで吹上峠から大平山を経て散策路をウロウロして
5時過ぎまで久しぶりに台上を歩きまくりました。


IMG0040JPG新緑と登山者
     新緑と登山者


IMG0042JPG吹上峠と福智山遠望
     吹上峠と福智山


IMG0044JPGウツボクサ
     台上の主役はウツボクサとオカトラノオ


IMG0052JPGピナクルと青空
    ピナクルと青空


IMG0055JPG登山者



IMG0064JPGサイヨウシャジン
     ジャンボ、サイヨウシャジン


IMG066JPG福智山遠望
     福智山遠望です


IMG0067JPGオカトラノオ
     オカトラノオ


IMG0071JPGピナクル



IMG0072JPG四方台への坂
     急登の連続


IMG0075JPG小穴と大平山
     小穴と大平山


IMG0079JPG周防台と英彦山
     周防台と英彦山遠望


IMG0082JPG四方台と貫山
     四方台


IMG0090JPGウツボクサ
      美しいウツボクサ

IMG0104JPGノハナショウブ1
     本日、目的のノハナショウブです
     終盤ながら見ることが出来てラッキー


IMG0106JPGノハナショウブ2 - コピー



IMG0110JPGノハナショウブ3



IMG0114JPGノハナショウブ4



IMG0121JPGノハナショウブ5



IMG0123JPGノイバラ
     ノイバラ


IMG0125JPGハマグリ岩



IMG0127JPGヤマツツジ1
     ヤマツツジが残っています


IMG0130JPGヤマツツジ2



IMG0133JPGカキラン
     カキランも終盤です


IMG0139JPGカキラン2



IMG0144JPGクララ
    クララ


IMG0147JPG黄色の花1
     ミヤコグサ


IMG0151JPG黄色の花2



IMG0163JPG山並
     夕刻の山並です


IMG0166PG下穴より大平山
     下穴より大平山


IMG0168JPGアカツメクサ
    アカツメクサ


IMG0170JPGアカツメクサ2



IMG0172JPG周防台
     周防台です




















平尾台へ花散策

2019 05 08(水) 晴れ

午後、空き時間が生じたので平尾台へ出かけました。
シランが最盛期で至る所で咲き誇って台上の主役カノコソウも
咲いています。

ツレサギソウ、今からが見頃のようです。
コキンバイザサ等、再訪で期待したい。


茶ケ床園地に戻ると平尾台を撮り続けられている本田茂さんにお会いして
見事な写真集を見せて頂いた。
写真だけではなく、台上の地名の由来や平尾台の成り立ち、ドリーネの特徴
等、研究されて飽きることのないお話を1時間も聞くことが出来ました。


IMG1156JPGカノコソウ
カノコソウです


IMG1387JPGイワガラミ
    イワガラミ


IMG1386JPGホタルカズラ
     ホタルカズラも健在


IMG1384JPGヤマフジ
     ヤマフジです


IMG1380JPGナルコユリ
     ナルコユリ


IMG1379JPGシラン1
     シランが見頃でした


IMG1378JPGノダケ
    ノダケも咲き始めました


IMG1377JPGノアザミ
    ノアザミ


IMG1376JPGイワガラミ
    ジャケツイバラも今から


IMG1374JPGフナバラソウ
     フナバラソウ


IMG1375JPGツクシタツナミソウ
     タツナミソウ


IMG1335JPGハシナガツレサギソウ
     ハシナガツレサギソウ  今からですね


IMG1312JPGタツナミソウ
     タツナミソウ群生地


IMG1281JPGシラン
      シランの濃い紫が綺麗です


IMG1365JPGアカツメクサ
     アカツメクサも終盤を迎えてます


IMG1317JPG風景



IMG1317JPG風景



IMG1236JPG風景



IMG1185JPG岩空



IMG1272JPG奇石







      












プロフィール

ケルン

Author:ケルン
主に北九州近郊の山々を綴っていきます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ご訪問ありがとうございます
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR