FC2ブログ

行入富士(406m)、落合山(507m)、大嶽山(561m)周回

2020 01 13(月) 晴れ

晴れの成人の日、国東半島、行入ダムから行入富士、落合山、大嶽山
を周回コースを地元、豊嶺会の「国東半島山ガイド」を参考に歩いて来ました。

トレースは薄く目印も少なく分岐等の標識もありません、鼻歌まじりで
歩く余裕はなく緊張の一日で、充実の一日でもありました。

行入ダム(7:35)~行入寺~行入富士(8:55)~落合山(10:00)
~大嶽山(10:45)~稲川登山口(11:40)~行入ダム(12:25)


IMG0002JPG朝日の行入富士と千の岩
朝日を受ける行入ダムと行入富士


IMG0005JPG行入ダム
   


IMG0007JPG山頂東端の天望岩
     山頂東端の天望岩





IMG0006JPG印象に欠ける行入富士山頂
      行入富士山頂
      開けた山頂は印象に欠ける


IMG0015JPG開けた尾根
     分岐に戻り落合山への稜線


IMG0017JPGパワーツリー
      パワーツリー


IMG0018JPG大岩に大木
     大岩に大木がガッツリ


IMG0019JPG落合山の大木
     落合山の大木です


IMG0022JPG標識
      山頂標識です


IMG0024JPG山頂の祠
     山頂は祠があります


IMG0025JPG眩しい青空
     眩しい程の青空


IMG0027JPG大嶽山
     大嶽山に向かいます


IMG0028JPG鞍部の水溜まりテープあり
     500m鞍部の水溜まり
     南にテープが見えます、落合ルートでしょう


IMG0029JPGかまぼこ尾根
     木の葉が無い丸い尾根


IMG0030JPG大嶽山到着
     大嶽山の入り口


IMG0031JPG三角点の山頂
      大嶽山山頂、三角点のある開けた山頂です


IMG0032JPG山頂標識
     山頂標識です


IMG0034JPG下山は激下り
     岩場の急斜面を下ります


IMG0035JPG尾根から南へ
     尾根から南へ下ります

IMG0036JPG左岸を下る
     V字谷の左岸を下ります





IMG0038JPG右岸に移る
     途中から右岸に移ります


IMG0040JPG石碑のある稲川登山口に下りる
     作業道を歩き石碑のある稲川登山口に下山


IMG0044JPGゴール行入富士山と千の岩
     県道29号を行入ダムに歩き無事ゴールでした




















    














スポンサーサイト



芋恵良コースで雲ケ岳、御許山 帰りに米神山に立ち寄り

2020 01 03(金) 晴れ

大分県山香市芋恵良、白山神社から雲ケ岳へ登り御許山(大元神社、
宇佐神宮奥宮)に参拝登山でした。
以前から訪ねたいと思っていた芋恵良コースは岩壁の基部を何カ所も
歩くスリル感のある登山道にお気に入りコースになりそうです。

白山神社(7:55)~中展望台(8:25)~東弘法さま(8:45)~第2展望台
(8:50)~雲ケ岳(9:00)~御許山(大元神社)(9:20~9:30)~
往路を下山~白山神社(10:25)


IMG0002JPG白山神社P
芋恵良地区、白山神社駐車場
     トイレもあり広い駐車場


IMG0009JPGご来光
     突然のご来光  近くの山からご来光にラッキー


IMG0017JPG宇佐市の山々
     宇佐市の山並


IMG0011JPG鳥居
     白山神社鳥居


IMG0014JPG白山神社
     白山神社に参拝


IMG0015JPG大岩
     大岩です


IMG0017JPG宇佐市の山々
     開けた所から


IMG0019JPG中展望台
     中展望台 視界よくありません


IMG0024JPG西弘法さま
     西弘法さま


IMG0028JPG覆いかぶさる岩
     覆いかぶさる大岩


IMG0029JPG東弘法さま
     岩窟の東弘法さま


IMG0035JPG大展望所
     大展望所  御許山(大元神社)を訪ねた時は
     ここまで下りてきました


IMG0040JPG天使の梯子
     天使の梯子 落っこちそうです


IMG0041JPG山並
      山並です


IMG0042JPG雲ケ岳山頂
     雲ケ岳山頂に到着


IMG0043JPG広い山頂
      広い山頂  秋のドウダンツツジの紅葉が圧巻き


IMG0046JPG御許山が
      眼前に御許山


IMG0048JPG正覚寺別れの石仏
     正覚寺別れの石仏です


IMG0051JPG御許山山頂
     御許山(大元神社)に到着


IMG0052PG大元神社
     大元神社


IMG0053JPG奥宮
      宇佐神社奥宮です


IMG0054JPG石燈
      石燈群


IMG0055JPG禁足地
      禁足地です


IMG0059JPG苔の倒木
     苔むした倒木


IMG0064JPG下山
     往路を戻り無事下山しました
















下山後、佐田地区の「佐田京石」に移動、米神山へ京石コースで登り
熊コースで下山、県道648を下り佐田京石に戻る周回コースでした。
ガイドブック通り、低山ながら侮れない急峻な山だった。
登りはさほど無く登り詰めたが下山は急坂にバランスを保つにロープに
助けられゆっくりモードで下山。

京石登山口(11:25)~月の神谷(12:05)~巨石群(12:15)~
米神山山頂(12:35~12:50)~熊コースで下山~熊登山口
(13:40)~県道を下る~京石登山口(13:50)


IMG0069JPG佐田京石に移動
     佐田京石に移動してきました


IMG0073JPG京石登山口から
     京石登山口から米神山を目指します

IMG0074JPG京石群1
     登山口の京石群1


IMG0075JPG 2
          2


IMG0076JPG 3
          3


IMG0079JPG開けた登山道
       最初は開けた登山道でした


IMG0081JPG何山?
      振り返る山並


IMG0083JPG月の神谷
     月の神谷 どうゆう意味かは、分かりません


IMG0085JPG巨石群
      大巨石群を訪ねます


IMG0088JPG巨石群
      巨石群はありません


IMG0093JPG米神山山頂
      米神山山頂です


IMG0096JPG標識




IMG0100JPG熊登山口へ下山
      熊(地区名)登山口へ下山


IMG0103JPG激下り
      激下り バランスを保つのに大変


IMG0106JPG霊岩麗水
     霊岩麗水


IMG0113JPG熊登山口に下山
     熊登山口に下山


IMG0116JPGお疲れ山
     県道648を下り京石登山口に戻りました(^^♪















国東半島、猪群山(458,2m)へ

2019 02 05(火)晴れのち曇り


本日2座目は今年の干支に因んで、猪群山に登りました。
北側の臼野、遊歩道コースから偽木階段を登り40分程で山頂に
到達。

ストーンサークルで有名な広い山頂は久しぶりの再訪でした。
下山しかけていた先客さんが山並を案内してくれるとのことで、お言葉に
甘えることに(^_-)-☆

身近にハジカミ山、尻付山、屋山、遠くに由布岳を説明下さった。ありがとうございました。
下山は大分の山を紹介されている、T氏の歩かれた山頂に戻る途中から北に
下るコースを辿る。
山頂で出会った先客さんより雨で相当の悪路であると、その通り悪戦苦闘のガレ場下り
に閉口、途中トレースを外すこともあったが、どうにか車道に下りてきてホットする。
入り口にも下山口にも何も標識が無かったのも、うなずける。
同行されたyuhamaさんお疲れさまでした(^_-)-☆


臼野、遊歩道登山口(13:20)~猪群山山頂(14:00~14:05)~ストーンサークル
(14:15~14:30)~東側コース(谷下り)~車道歩き~臼野、遊歩道登山口(14:55)


IMG0056JPG猪群山遊歩道登山口から
        臼野、遊歩道コースから取り付く
        先客の車が一台


IMG0058JPG大半が偽木階段の登山道
        大半が偽木階段の登山道




IMG0060JPGあと10分
       健在   山頂まであと10分
       九州各地の山で見られた標識、今では・・・


IMG0064JPG四阿屋のある山頂
       四阿のある広場の山頂


IMG0063JPG山頂標識
       山頂標識


IMG0068JPG真玉ランドコースも
       反対側に常盤コース
       (スパランド真玉側)


IMG0067JPG真玉港
        山頂より真玉港が見えます


IMG0069JPG今から
       ストーンサークルへ


IMG0073JPG説明頂いた
        下山しかけていた先客さん、山並を説明してくれるという
        仙人が持つような黒光りした立派な杖の持ち主(^_-)-☆


IMG0074JPG鷲ノ巣岳方面
       鷲ノ巣岳方面


IMG0077JPGハジカミ、尻付山
      眼前にハジカミ山、尻付山


IMG0076JPG由布岳遠望
       由布岳遠望
       肉眼では見えるのだが・・・ 屋山など沢山説明頂いたが・・・


IMG0079JPGストーンサークル
        環状列石 ストーンサークル


IMG0080JPG陰陽石
        陰陽石


IMG0081JPGテープのコース激急坂とは知らず
       テープの付いた山頂手前から北に下るコース
       ガレ場の急坂を慎重に・・・途中トレースを外すことも
       先客さんが雨で悪路になっていると・・・


IMG0082JPG抜けだした
       抜け出してホットする
       次回来るとしたら敬遠すると思う(>_<)


IMG0083JPG下りてきた、何の標識も無い納得
       車道に下りてきました
       入り口にも下山口にも何の標識がない、納得です
       P地に戻った時は既に先客さんの車は無かった(>_<)
 


 







国東半島、岩峰の中山仙境

2019 02 05(火) 晴れ

国東半島へ昨秋は津波戸山へ紅葉を楽しんだが今回は中山仙境
を歩きました。
津波戸山同様、岩峰巡りがメインのコース、緊張感溢れる半日コース、

夷耶馬渓駐車場から県道653を15分程戻り中山仙境、前田入口から入山し
山頂の「高城316、9m」を回り坊中下山口に下りて県道を5分で夷耶馬渓駐車場
でした。
標識には入り口と出口と表示してあり一方通行を意味している。
山中で鎖の岸壁や馬の背等で離合を避ける為の配慮だろう。
同行されたyuhamaさんは初コースにお疲れさまでした(^_-)-☆

夷耶馬渓駐車場(9:30)~県道歩き~中山仙境入口(9:45)~無名橋(10:55)
~高城(11:35)~隠洞窟(12:00)~坊中下山口(12:20)~県道歩き~
夷耶馬渓駐車場(12:25)


IMG0001JPG夷耶馬Pに駐車
夷耶馬渓駐車場
    トイレは改築工事中、簡易トイレがあります
    前には農村公園Pもあり 


IMG0002JPG前田登山口へ
      中山仙境、前田入り口へ県道653を戻る
      途中の梅林が満開(^^)/


IMG0003JPG朝日のスイセンが綺麗



IMG0005JPG中山仙境登山口
        15分程で中山仙境入り口
        民家の横を矢印に従い


IMG0006JPG登山口の大師像
       入り口に大きな大師像
       安全登山を拝む


IMG0007JPG朝日の林
       朝日が差す林
       夜には雨の予報、下山まで晴れて欲しい


IMG0014JPG霊仙寺分かれ
       高城に進みます


IMG0015JPG?番札所
       ?番札所
       国東半島は石仏が多いですね


IMG0017JPGハジカミ、尻付山
       稜線よりハジカミやま、尻付山
       手元で同定出来る時代にビックリ


IMG0018JPG猪群山
       昼から登る猪群山です


IMG0028JPG無名橋1
       無名橋
       他に登山者は居なくザックを下ろして休憩


IMG0029JPG無名橋と山景色
       無名橋と山景色


IMG0031JPG岩峰へ
       岩稜へ


IMG0033JPG鷲ノ巣岳方面
        鷲ノ巣岳方面


IMG0036JPG谷間に架かる小橋
        谷間に架かる小橋


IMG0039JPG9番札所
        9番札所


IMG0043JPG中山仙境の山頂高城
        高城(316,9m)
        中山仙境の山頂です


IMG0047JPG隠洞窟
         隠洞窟


IMG0049JPG緊張が緩む杉林
        岩峰群から外れ緊張感が緩む


IMG0050JPG何の木
        何の木


IMG0052JPG下山口に
       坊中下山口に下りてきました


IMG0054JPG訪ねたい霊仙寺
        立派な霊仙寺


IMG0055JPG夷耶馬渓農園公園に
        夷耶馬渓駐車場にゴール お疲れ~
        昼食を済ませ次の猪群山登山口へ移動











 







宇佐神宮から、おもと古道で御許山(647m)へ

2019 01 16(水) 曇りのち晴れ

「宇佐に参るなら、御許に参れ」   
おもと古道は宇佐神宮の神職たちが御許山の大元神社で修行のため
歩いた道

yamaperの「山バッカ」さんのお勧めで本日実行出来た。
宇佐神宮の北にある大尾神社境内から始まる、おもと古道は御許林道
歩きが長い。

古道歩きは苔むした山道が連想されるが、現代版の古道はアスファルトの
車がゆっくり離合出来る林道歩きが長かった。


林道から外れ大元神社登山口からは修行道に戻った自然道に感激(^^♪
手水鉢、苔むした石畳、宿坊跡、長い石段を登ると大元神社のある御許山。
御許山の山頂は神域にて立つことは出来ないが、雲ケ岳から山頂を見ることが出来る。


近くにある雲ケ岳に登り展望台で昼食を摂る頃には青空が見え出し明るい山容となった。
大元神社に戻り往路を宇佐神宮に下り神域に包まれた「おもと古道」を後にした。



宇佐神宮(7:40)~大尾神社(7:55)~伐採地迂回点(8:15)~大元神社登山口(9:15)~
中山展望所(9:45)~御許山、大元神社(10:40~10:50)~雲ケ岳(11:15~11:50 )~
御許山(12:25)~宇佐神宮(14:35)



IMG0001JPG朝の宇佐神宮
              早朝の宇佐神宮


IMG0002JPG大尾神社口
              大尾神社入り口


IMG0003JPG和気清麻呂公碑
              入り口にある和気清麻呂公碑


IMG0004JPG清麻呂公碑
               足立山、妙見神社ともゆかりのある和気公


IMG0008JPG大尾神社
             大尾神社


IMG0009JPG大尾神社説明板



IMG0011JPGおもと古道説明板U1からU4
          ここから始まる 境内にある、おもと古道の標識
          U1エリアからU4までの案内役



IMG0015JPG六地地蔵
         六地蔵


IMG0016JPG六地蔵説明


pageJPG伐採地迂回案内
              伐採地に到着


IMG0124JPG迂回路説明板2
             右折します
             以前は直進出来たようです



IMG0122JPG左へ
            左に登ります


IMG0121JPG林道起点
             分岐にある御許林道起点
IMG0024JPG伐採された山
             伐採された山肌


IMG0025JPG林道歩き
            古道は舗装道路となり現代化


IMG0027JPG丁石
            丁石


IMG0028JPG丁石説明
            


IMG0031JPG林道から左折
           舗装道路の林道から外れる


IMG0033JPG登山口
            大元神社登山口に到着


IMG0035JPGk古道らしい道に
            古道らしき道に


IMG0043JPG小雪舞う中山展望台
           小雪舞う中山展望所から、雲に覆われ御許山は見えない


IMG0045JPG四十丁
           四十丁石  二本の丁石を見つけた


IMG0046JPG手水鉢
           穢(けがれ)を流した 手水鉢


IMG0049JPGおもと古道



IMG0055JPG苔むした石段
          苔むした石段


IMG0057JPG御許六坊跡
          御許六坊跡


IMG0060JPG石畳の径
           石畳みの径


IMG0061JPG長い石段
           長い石段を登ると


IMG0066JPG囲いの大木
           大木の囲いのある御許山


IMG0067JPG宇佐神宮奥宮大元神社
            宇佐神宮元宮 大元神社


IMG0069JPG聖地奥宮
           聖地 奥宮


IMG0074JPG分岐
          近くの雲ケ岳に向かいます


IMG0079JPG雲ケ岳
          平頂の雲ケ岳  ドウダンツツジが植栽されています


IMG0081JPG2展望所
           先に進み展望台で昼休み


IMG0082JPG山並



IMG0088JPG芋恵良分岐
         芋恵良分岐


IMG0096JPG樹間に御許山
         樹間に御許山が


IMG0099JPG大元神社に戻ってきた
         晴れ上がった大元神社に戻り下山  


IMG0101JPG青空に映える実



IMG0140JPG宇佐神宮遥拝所から御許山
          宇佐神宮に戻って
          遥拝所から御許山を見上げる



IMG0147JPG宇佐神宮にゴール
         おもと古道歩き、無事下山出来ました  


















       






























プロフィール

ケルン

Author:ケルン
主に北九州近郊の山々を綴っていきます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ご訪問ありがとうございます
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR