FC2ブログ

アケボノソウの古処山(859,5m)へ

2015 0920(日) 晴れ

アケボノソウの咲く古処山へ出かけました。
コースと概略時間

嘉麻市、遊人の杜(9:15)~奥の院コース~奥の院下より縦走路に出る(10:07)~
屏山(926,6m)10:40~宇土浦越(11:16)~(12:15)馬見山(977,8m)(12:35)
~古処山(14:45)~(15:40)遊人の杜



IMG_0200 遊人の杜  9:15
遊人の杜よりアケボノソウの咲く林道よりスタートです  9:15


IMG_0204 馬見山キャンプ場~宇土浦越コース通行止め  10月31日まで
     馬見山キャンプ場~宇土浦越コースの通行止めの標示10月31まで
     (今日のコースとは関係ありません)



IMG_0209  林道にアケボノソウが咲いています
    林道にアケボノソウが咲いています、大雨で流されることが
    あります



IMG_0212  奥の院コースを歩きます
   奥の院コースを登ります、スタートより急登が待っており朝飯をしっかり食べ
   ちょかんとバテルばい



IMG_0217 苔むした岩場を登る
    苔むした岩場を登ります


IMG_0219 奥の院下より東へ縦走路に上がる  9:58
    奥の院下より東へ屏山への縦走路にズルズルした
    ジグザグを10分ほど登ります



IMG_0220縦走路に10分ほどで出た
     縦走路にも同じ標識です


IMG_0224  屏山山頂に到着10:40
    屏山山頂に到着数名の登山者です  10:40


IMG_0226山頂より秋空を仰ぐ
    山頂より天を仰ぐと秋空です、


IMG_0230 宇土浦越に到着11:15
    宇土浦越に到着、大分涼しくなりました、汗が出るものの稜線
    は汗冷えするほど冷たい風が吹き上げてきます



IMG_0246 マシュマロキノコ
    マシュマロキノコ?です


IMG_0238ガス欠で何回も休んで馬見山山頂に到着 12:12
    馬見山山頂に着きました、最後の木段の長いこと・・・・・
    足、腰にずっしりこたえます。展望の効く先方の山頂で昼食後
    古処山へUターンです



IMG_0232 宇土浦越え上より手前から860mピーク、屏山、古処山を振り返る
    手前より860mピーク、屏山、古処山を望む 


IMG_0255  ???の花
    シギンカラマツ  師匠に御教示頂きました


IMG_0258 古処山付近にて秋めいてきました
    南国九州にも秋めいて来ました、古処山付近にて


IMG_0260  古処山頂に到着  14:45
   最後のピーク古処山にゴール誰も居ない山頂です 14:45



IMG_0272馬攻め場のアケボノソウ 1
   馬攻め場のアケボノソウを並べます

 



IMG_0276 アケボノソウ  2
    アケボノソウ  2


IMG_0279アケボノソウ  3
    アケボノソウ 3


IMG_0280  八丁越コース分れ秋月キャンプ場(ゆうじん
   八丁越コースを古処山キャンプ場(遊人の杜)へ北に下ります


IMG_0294アケボノソウとアサキマダラ
    林道のアケボノソウとアサキマダラ


IMG_0299 遊人の杜に戻りました 15:40
   遊人の杜に戻ってきました、下山届に記入して本日の山歩き
   の終了です
   15:40


IMG_0301 稲刈りの終わった土手にヒガンバナが
    稲刈りの終わった土手にヒガンバナが綺麗です













  

 








スポンサーサイト



福智山(901m)から尺岳(618m)

20150911(金)  晴れ

快晴の福智山山塊を歩きました、台風15号と長雨でスタートした鱒淵ダムは満水状態
です。

山頂より豊前越、山瀬越を歩き尺岳まで台風の落葉も少し影響がありましたが快適な山歩きでした。
尺岳より山瀬越まで戻り水量の多い七重の滝を下り鱒淵ダムに戻る周回コースでした。


コースと概略時間(含む休憩時間)
   鱒淵ダム(7:50)~福智山山頂(10:25)~(11:15)荒宿荘(11:35)~豊前越(12:10)~
   山瀬越(12:35)~(13:15)尺岳(13:30)~山瀬越(13:47)~七の滝(14:45)~
   (15:50)鱒淵ダム



IMG_0090快晴の鱒淵ダム  7:50
    快晴無風の鱒淵ダムの鏡のような湖面です  7:50


IMG_0096 台風15号の倒木
    台風でルートを塞いだ倒木、潜って通過できます



IMG_0101 ヒガンバナ
    ヒガンバナが綺麗です



IMG_0105  キノコ
    鮮やかなキノコです、雨が多かった精かよくキノコを見かけます



IMG_0108  ツリフネソウ
     終盤のツリフネソウ



IMG_0116 キバナアキギリ
    キバナアキギリです、いつも見られる付近は登山道の草刈りが
    行われており、この一輪を見つけることが出来ました




IMG_0121オオナンバギセル
    ナンバンギセルです



IMG_0124  ヤマジノホトトギス
    ヤマホトトギスです



IMG_0130  快晴の福智山
    快晴の福智山です、視界がよく由布岳、九重連山がよく見えます
    登山者もまばらで静かな山頂です  10:25




IMG_0141  ノダケ
    笹の中にノダケが咲いています



IMG_0154  アキチョウジ
   アキチョウジです今年は花数が少ないようです、群生の中に
   キバナアキギリも今年は見れません
 1



IMG_0157 アキチョウジ  2
    アキチョウジの群生です、今年は薄いようです  2




IMG_0168 尺岳山頂です13:15
    尺岳山頂、途中トレイルランの若者、若者の単独者に追い越されたが静かな
    縦走です、自然林が多く、フラット面も多くお気に入りコースです。
  13:15



IMG_0169 金剛山を見る
    山頂より金剛山を望む



IMG_0174 頓野林道を東へ
   頓野林道まで戻り東へ七重の滝取り付きを目指します



IMG_0180 流された渡渉用の石ネット
    流された渡渉用に石が詰められたネット、ネットを渡ったものの
    その先はブッシュを掻き分けルートへ出ます




IMG_0182 水量の多い七の滝
    水量の多い最上部の七の滝です、天然ミストを浴びて
     ひんやり気分爽快なり




IMG_0186  五の滝
   五の滝です



IMG_0191流れの優しい女滝
    流れの緩やかな女滝です




IMG_0195  ツリフネソウの群生
     ツリフネソウの群生、若干盛りを過ぎて残念
 



IMG_0198  鱒淵ダムに戻ってきました 15:50
    鱒淵ダムに戻ってきました、よく歩きました。 15:50  











峰入り古道

2015 09 05 土  曇り


修験者が歩いた峰入り古道を訪ねた。
小石原、行者堂より陣尾、愛敬の瀬戸、大日ヶ岳まで片道4時間、苔むした
岩稜を超えロープに助けられ往復登山でした。


コースと概略時間
小石原、皿山公園(7:40)~行者堂、峰入り古道入り口(7:50)~陣尾675,8m(8:48)
~林道出会い(10:25)~愛敬の瀬戸(11:35)~大日ヶ岳826m(12:07)~往路を戻る~
皿山公園(15:50)



IMG_0003 皿山公園スタート  7:40
   皿山公園駐車場をお借りしてスタート、トイレもあり
   行者堂に近いので毎回お借りしています



IMG_0002行者堂 7:45
    行者堂、手前に峰入り古道の標識があります


IMG_0006 標識
    要所に標識が設置されています


IMG_0013 小ピークを幾つも越え陣尾に到着  675,8m 8:48
    小ピークを幾つも越え地図上675,8m 陣尾に到着


IMG_0016 開けた尾根より英彦山方面遠望
    開けた尾根より英彦山方面遠望です


IMG_0019 マツカゼソウ
    杉林にマツカゼソウが咲いています


IMG_0028 岩稜を通過
    幾つもの岩稜を通過します、糸ヶ峰の岩稜は巻き道
    します、苔が濡れて危険です



IMG_0035 ロープや梯子があります
    ロープや梯子の助けを借ります


IMG_0032 鮮やかなキノコ
    鮮やかなキノコです


IMG_0036 地図上の642mピークを通過  10:08
   地図上642m地点を通過


IMG_0037 苔むした岩稜を通過
     苔むした岩稜を通過、北側は滑って足を載せること
     が難しく巻き道があれば迂回します



IMG_0041 林道に出ます10:25
     林道に出ました  10:25


IMG_0040林道の先にコース最長のロープのある急登があります
    林道を横切るとコース最長のロープのある急登が待ち受けています



IMG_0042 ギンリョウソウ
     ギンリョウソウです



IMG_0049 愛敬の瀬戸 右が女岩  左が愛敬岩  11:35
     愛敬の瀬戸に到着、右側が女岩、左側が愛敬岩   11:35



IMG_0050  コース中唯一開けた林
     コース唯一開けた林です


IMG_0051 キノコのお菓子に似ています
     きのこのお菓子に似ています
     

IMG_0052 シダの開けた平地より東にとり北へ辿れ大日ヶ岳ば山頂は近い
     シダのある開けた平地を東にとり北へ登れば大日ヶ岳は近い



IMG_0053 タマゴタケ
     タマゴタケが顔を出しています



IMG_0056 最終目的地の大日ヶ岳826m 12:05~12:27  昼食を済ませ往路を戻ります
     最終目的地の大日ヶ岳826mに到着、(12:05~12:27)昼食を済ませ往路を戻ります
 台風15号の後で倒木処置登山でもありました




     


IMG_0075 復路立ち寄った笙の窟 10m程の岩床をロープで下り屈に下ります
     復路立ち寄った「笙の窟」です、10m程の岩床を
     ロープで窟に下ります




IMG_0076 笙の窟  2
     笙の窟全景です






















プロフィール

ケルン

Author:ケルン
主に北九州近郊の山々を綴っていきます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ご訪問ありがとうございます
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR