FC2ブログ

ロープに助けられた竜ケ鼻(680m)   17行橋シーサイドハーフマラソン

2017 01 31 (火) 晴れ


午前中、牛斬山から円陣の滝を訪ね
昼から竜ケ鼻に登りました。
ロープからロープへ登り継ぎで山頂挑戦でした。

木辺峠登山口~(75)~竜ケ鼻山頂~往路を戻る~(65)~木辺峠登山口



IMG7649JPG採銅所駅から竜ケ鼻
      採銅所駅から見た竜ケ鼻です



IMG7651JPG木辺峠島村志津摩碑
      木辺峠にある島村志津摩の碑



IMG7654JPG登山口
        峠の北にある登山口です



IMG7655JPG竹林
       薄暗い竹林を抜けてて左側のセメント会社の
       標柱沿いに登ります



IMG7656JPG山腹より福智山
      山腹より福智山が望めます



IMG7660JPGロープのある急登1
      ロープの急登が続く



IMG7661JPG奇樹同じ方向に枝
      奇樹 同じ方向のみ枝が出ています



IMG7664JPG巨岩の下を
      巨岩の下を登ります


IMG7666JPGスクランブル
      スクランブルロープ



IMG7667JPGダブルロープ
      ダブルロープ



IMG7670JPG竜ケ鼻山頂
      萱の茂った竜ケ鼻山頂 



IMG7672JPG福智山
       山頂から改めて福智山です



IMG7675JPG皿倉山方面
      皿倉山方面です



IMG7677JPG交差するロープ
     下山もロープに助けられます、手袋に軍手(いぼ付き)をカバーすると
     滑らないと思う。



IMG7531JPG17行橋シーサイドマラソン1
       1月29日 行橋シーサイドハーフマラソン
       5kmの部に出場しました  



IMG7540JPゴール
       ハーフマラソンのゴール



IMG7552JPG入賞しました
    年代別で入賞です    







 



























スポンサーサイト



牛斬山(580m)から円陣の滝周回

2017 01 31 (火) 晴れ


JR採銅所駅から矢山コースで牛斬山に登り分岐より円陣の滝を訪ね
五徳越峠道を下り採銅所駅に戻る周回でした。

採銅所駅~(70分)~牛斬山~(50)~円陣の滝~(50)~採銅所駅


IMG7555JPG採銅所駅大正4年の建物
      JR採銅所駅  大正4年に建築された小倉鉄道
      開通時の中で現存する唯一の建物とあります



IMG7562JPG蝋梅
      庭先に蝋梅が甘い香りを放しています



IMG7569JPG小滝
       小滝が数ケ所あります


IMG7575JPG作業路の表示
       作業道にある円陣の滝の標識
       前回左折して円陣の滝へ、夏草に覆われた道になり
       引き返した



IMG7576JPG稜線に出た
        稜線分岐に登り着いた、左折して牛斬山を登頂後円陣の滝
        へ下ります 



IMG7579JPG牛斬山山頂
       牛斬山山頂、天気は良いものの霞んでいるのが残念



IMG7580JPG竜ケ鼻
      昼から登る竜ケ鼻です


IMG7584JPG国見岩より香春岳
      国見岩より香春岳



IMG7591JPG福智山への縦走路方面
      福智山への縦走路方向です



IMG7593JPG分岐に戻り円陣の滝へ
      分岐に戻り西へ円陣の滝に向かいます



IMG7595JPG檜林を下る
      手入れの行き届いた檜林を下る


IMG7598JPG岩の間から湧水
      岩の隙間から湧き出ています



IMG7608JPG明るい尾根
     明るい小尾根を下る



IMG7610JPG上部の林道、
      上部の林道、往路の作業路がここに繋がっています
      


IMG7614JPG大きな林道
       めっちゃ大きい林道に下ってきました、
       途中で出会った4人の登山者から左手に小さな標識を
      見落さないようアドバイスされていたので注意して下る



IMG7615JPG林道脇の標識
       林道脇に長光(ながみつ)新道入り口標識



IMG7632JPG円陣の滝3
       円陣の滝です、滑滝に近い滝です



IMG7626JPG円陣の滝1




IMG7630JPG円陣の滝2




IMG7637JPG梅林
      滝の下には、モミジ、梅林、桜も植栽されています



IMG7640JPG紅梅が咲き始めた
      紅梅が咲き始めています



IMG7642JPG舗装道の標識
      五徳峠道途中にある標識



IMG7647jPG清祀殿
      清祀殿(せいしでん)の横を下り採銅所駅にゴール







 


















  


雪の九重山塊を歩く (前編)

2017 01 25 (水) 晴れ


南国九州では冬季になっても積雪がいつも見られる訳ではなく
積雪情報を見て九重山塊に出かけました。
寝坊して高速道路利用と相成った。
牧ノ戸峠よりのスタート、快晴しかも無風状態の好条件だ。

本日登った山
久住山(1787m) 中岳(1791m) 天狗ヶ城(1780m) 星生山(1762m)

コースと概略時間(休憩を含む)
牧ノ戸峠(9:00)~久住山(11:00)~池の小屋(11:40~12:00)~中岳
(12:20)~天狗ヶ城(12:40)~星生山(13:50)~(15:15)牧ノ戸峠


IMG7333JPG雪の牧ノ戸峠9時スタート
牧ノ戸峠の寒い~朝、車外で準備
   素手はコチコチ



IMG7335JPG霧氷のトンネル1
     霧氷のトンネルが迎えてくれる



IMG7336JPG霧氷のトンネル2
     青空の霧氷が綺麗だ



IMG7342JPG朝日を受ける
      朝日を受ける霧氷


IMG7346JPG雪と霧氷
       雪と霧氷と青空、一気にテンションアップ



IMG7349JPG雪の三俣山
       雪の三俣山が見えます



IMG7352JPG星生山北面
       星生山北面1



IMG7355JPG星生北面2
      星生山北面が近くに2



IMG7358JPG西千里ケ浜を歩く登山者
       西千里ケ浜を歩く登山者



IMG7361JPG霧氷の道
       霧氷の路







IMG7355JPG星生北面2
       星生山南面



IMG7365JPG見事な霧氷
      見事な霧氷、帰りには落氷して見れないかも
     



IMG7366JPG西千里ケ浜の霧氷
      西千里ケ浜の霧氷を並べます



IMG7367JPG西千里ケ浜の霧氷2



IMG7371JPG星生崎と久住山
       星生崎と久住山



IMG7380JPG星生崎
       星生崎の岩峰



IMG7386JP根子岳と阿蘇山
       避難小屋広場から根子岳、阿蘇山
       



IMG7388JPG朝日の久住山
       今から登る朝日を受ける久住山



IMG7397JPG海老の尻尾と天狗ヶ城
        海老のシッポと天狗ヶ城


IMG7398JPG空池と天狗ヶ城
       空池と天狗ヶ城



IMG7402JPG久住山山頂より三俣山
       久住山山頂から三俣山  11:00



IMG7409JPG九重山頂にて
       山頂にて 若者2人と前後して星生山まで歩きます
      



IMG7411JPG祖母傾山方面
       祖母山、傾山方面



IMG7416JPG天狗方面へ向かう登山者
       天狗ヶ城?御池?に向かう登山者



IMG7421JPG御池と後方に中岳
       御池と後方に中岳



IMG7422JPG御池から天狗ヶ城
       御池から天狗ヶ城



IMG7425JPG中岳分岐小屋へ
       中岳分岐、池の小屋へ向かいます



IMG7430JPG池の小屋日向ぼっこで昼食
       小屋の外で日向ぼっこして昼食、前方に稲星山



IMG7450JPG中岳山頂
       中岳山頂に到着 12:20
       朝から下山までアイゼンを着けることは
       ありませんでした、
     



IMG7434JPG若者2人
       山頂の若者、元気でイイネ


IMG7435JPG中岳山頂より三俣山
       山頂から三俣山
       4座共360度、展望が望め最高ス



IMG7436JPG中岳より天狗ヶ城星生山
       今から登る天狗ヶ城、後方に星生山



IMG7437JPG中岳より大船山と坊ヶツル
       大船山と坊ヶヅル



IMG7439JPG根子岳と阿蘇山
        根子岳と阿蘇山



IMG7445JPG御池と久住山
       御池と久住山を見ながら天狗ヶ城へ向かいます
       後篇をご覧ください






  
























































雪の九重山塊を歩く (後編)

2017 01 25 (晴れ)

中岳より天狗ヶ城に向かい山頂から御池の氷上を歩く登山者を眼下に見下ろせます。
天狗ヶ城から最後のピーク、星生山に登る、牧ノ戸峠で横に停められた同年輩の
単独女性が下りてこられた、御池に行くそうだ、元気おばさんだ。
北尾根に下り、扇ケ鼻分岐で一休み、午後になると霧氷は落ちてしまうが、今日は
健在で下山まで霧氷を楽しんだ。


IMG7464JPG天狗山腹より御池と稲星山
   天狗ヶ城山腹より御池と稲星山



IMG7463JPG天狗山頂1
      山頂の登山者



IMG7459JPG海老の尻尾と久住山
     海老のシッポ、後ろは久住山



IMG7458JPG天狗山頂前方に星生山
      前方に 今から登る星生山



IMG7454JPG天狗山腹より中岳を振り返る
      中岳を振り返る
      後方にカバかゾウに似た黒い山は大船山、春には
      ミヤマキリシマで真っ赤になります


IMG7464JPG天狗山腹より御池と稲星山
       天狗山腹より御池の氷上を歩く登山者



IMG7465JPG中岳
        中岳、雲が動かない



IMG7468JPG小屋上より阿蘇山
        避難小屋上より根子岳と阿蘇山



IMG7480JPG.jpg




IMG7483JPG星生山を歩く登山者
        星生山を歩く登山者、南側はトレースを外すと
        股下まで埋まりなかなか抜けない



IMG7489JPG風紋2
     雪紋が見られる



IMG7492JPG星生山への岩場
       星生山の岩場



IMG7494JPG星生山山頂
       最後のピーク星生山山頂  13:40



IMG7495JPG久住山天狗を振り返る
       見納めの久住山、天狗ヶ城



IMG7497JPG噴煙と三俣山
      硫黄山の噴煙と三俣山



IMG7498JPG由布岳をアップ
      由布岳をアップ



IMG7515JPG星生北尾根を下って分岐で一服
       星生北尾根を下り扇ケ鼻分岐で一休み



IMG7516JPG午後になっても霧氷は健在
      午後になっても霧氷は健在です
      下山まで晴れ間と無風状態は続いた、ラッキー



IMG7519JPG霧氷のトンネルも健在
     下山まで 霧氷のトンネルも美姿を楽しめた



IMG7520JPG気温が低く融雪しない
       気温が低く融雪しない見渡す限りの山容
       楽しい雪山登山でした
       


































氷結見物に四王寺滝と行者滝

2017 01 17(火) 晴れ


  寒波が続いた英彦山へ氷結見物に出かけました・
快晴、無風、高めの気温、アクセスは楽だが落氷が気になる。
奉幣殿で新年の参拝を済ませ、無名滝、四王寺滝、行者滝を見物の
雪山登山でした。
四王寺滝で偶然にもお会いした同所属の豊津の俊ちゃん、信ちゃん、
higetiasさんに山頂より下山時に行者滝に案内を頂いて滝見物
三昧でした。


IMG7200JPG政所坊の雪景色
   政所坊の雪景色です



IMG7206JPG奉幣殿お参り
     奉幣殿で新年の参拝、今年も安全登山を祈願



IMG7214JPG展望四阿屋より奉幣殿
     四阿屋から奉幣殿、帰路ではすっかり屋根の
     雪はありませんでした



IMG7216JPGアイゼン不要
     アイゼン不要の登山道、パーカを羽織るでもなく・・・・
     気になる氷結です



IMG7222JPG衣ケ池
     衣ケ池の雪景色、3~4cmの積雪です



IMG7235JPG無名滝1
     最初に訪ねた無名滝全景、トレースも無く訪ねる人は
     いないようです



IMG7238JPG無名滝3
     無名滝 2



IMG7236JPG無名滝2
      無名滝 3



IMG7246JPG四王寺滝全景2
       本日本命の四王寺滝に着きました、
       氷結状況は御覧のとおり、圧倒されるような氷結
       ではありませんが・・・・・・



IMG7251JPG四王寺滝全景1
       



IMG7254JPG四王寺滝アップ3




IMG7256JPGアップ4
      



IMG7257JPG朝日を受ける
      朝日を受ける氷結です



IMG7265JPG上部より
      滝右上部へ巻き南岳へ向かいます



IMG7267JPG南岳の雪原
      南岳付近の雪原です、まばゆい位の快晴



IMG7271JPG南岳山頂
       南岳山頂です



IMG7272JPG天空の樹氷
      天空の霧氷



IMG7276JPG南岳より上宮
      南岳より上宮です



IMG7280JPG北岳を望む
      鞍部付近より北岳を望む



IMG7291JPG樹氷1
      霧氷が残っています、撮れて良かった~



IMG7281JPG上宮より九重山系
      上宮より九重山系が見えます



IMG7283JPG青空の上宮
       青空の上宮



IMG7286JPG樹氷2
      孤高の冬華



IMG7287JPG青空の上宮
      本日の上宮風景



樹氷2
      上宮下の霧氷です



IMG7299JPG行者滝上部の眼鏡岩
       行者滝上部の眼鏡岩



IMG7304JPG行者の滝1
       行者滝全景、スケールは小さいが全面に氷結して
       午後になっても落氷がありません



IMG7303JPG氷柱
      氷結を並べます



IMG7310JPG行者の滝2



IMG7316JPG氷柱3



IMG7322JPG行列
     行列する氷柱



IMG7260JPG氷結



IMG7325JPG下部より行者の滝全景
    見納めの行者滝全景です  



































      












      


















頂吉(かぐめよし)山(487m)から福智山(901m)

2017 01 13(金)晴れ


鱒淵ダム南にある上頂吉林道2号橋手前より頂吉山(487m)、一の山(497m)、二の山(515m)、
三の山(540m)を経て鱒淵ダム自然歩道コースの1.8コルに出るコースを
海彦山彦さんのHPを参考に挑戦しました。
自然歩道を快晴の福智山に登ります。 山頂で昼食しながら登って来た尾根を
辿ります。
山頂より南へ牛斬山コース途中「かぐめ分かれ」を東へ月の平に下り上頂吉林道に戻る
周回登山でした。   近場でありながら手強いコースで再訪したいものです。

コーストと概略時間
上頂吉林道ゲート(8:15)~上頂吉2号橋(8:30)~67鉄塔(9:00)~頂吉山山
頂(9:30)~一の山(9:55)~二の山(10:35)~三の山(10:50)~1,8コル
(11:00)~(12:00)福智山(12:35)~かぐめ分かれ(13:00)~林道交差点
(13:35)~月の平(13:55)~(14:30)上頂吉林道ゲート














IMG7122jPG上頂吉林道ゲート
         上頂吉林道ゲート 手前の広場に駐車します



IMG71232JPG2号橋より右折
          2号橋手前の鉄塔点検道が本日の取り付き口



IMG7124JPG点検路
           直登やジグザグ道を辿ります



IMG7126JPG67鉄塔より頂吉山
           67鉄塔から頂吉山が望めます
           ここより点検道を外れ左の斜面を登ります


IMG7128JPG68号は赤白鉄塔
           次の68号は赤白鉄塔、福智山山頂から望めます



IMG7130JPG図根点
         図根点の標柱



IMG7132JPG先人の目印
         先人の目印にルートを外れてないことに安心です



IMG7133JPG三角点の頂吉山487m
         三角点のある頂吉山山頂です
         標識等はどのピークもありません



IMG7139JPG平頂尾根
         陽が差す平尾根を歩きます


IMG7140JPG急登の植林地
        一の山への 急登の植林地



IMG7141JPG1の山497m
       一の山山頂 標識のない鈍頂のピーク
       山頂から二の山への取り付きに大分ロスします



IMG7145JPG2の山への急登
        二の山への急登、先人の踏み跡が微かに残っています



IMG7144JPG2の山
       二の山ですGPSで位置確認、ここが山頂?平頂です



IMG7145JPG3の山への急登
        二の山から鞍部より今日最大の急登です



IMG7147JPG3の山
          三の山に到着で一安心



IMG7148JPG1てん8のコル出た
          俗称1,8のコルに出ました、山頂まで1,8kmのため
          この名前がついているようです
          これから歩き慣れたコースで気が楽になります



IMG7152JPG落葉樹林
        青空の落葉樹林



IMG7154JPG福智平より福智山
      福智平より福智山山頂を見る


IMG7158JPG快晴の福智山
       快晴の福智山山頂に到着です  風を避けて昼食とします



IMG7159JPG八丁方面
       今日は視界がいいですね、八丁方面です



IMG7161JPG金剛山皿倉山
        金剛山、皿倉方面です
        久々の遠景を見ることができます



IMG7164JPG貫山平尾台竜が鼻
       貫山、平尾台、竜ケ鼻方面です



IMG7167JPG右端67号からの尾根
        右端が今日登って来た67号鉄塔です



IMG7171JPG福智山を振り返る
          昼食後南に下ります、ススキ野原から福智山を振り返る



IMG7172JPG刈払われた縦走路
         刈払われた縦走路



IMG7173JPGかぐめ分かれより下山
         かぐめ分かれから東へ下山



IMG7181JPG山の神川上流
        山の神川の上流です



IMG7182JPG林道交差点
          林道交差点、林道を横断します,道路に落石があ利用されていないようです



IMG_7184.jpg
         巨木がいたる所にありこのコース歩きの楽しみです



IMG7188JPG竹倒地
        竹林を下ります



IMG7189JPG月の平林道歩き
         月の平 に下りてきました
         ここからゲートまで林道を歩きます



IMG7194JPGマユミの実
         マユミの実 イイギリが山腹に際立った鮮やか、上手く撮れないトホホ

IMG_7186.jpg
        
























































  
        




         

天山(1046m)から彦岳(845m)を往復

2017 01 03(火)晴れ


佐賀県小城町より県道337号を天山神社上宮、駐車場を目指す。
インターを下りたころから濃い霧に覆われ信号が見えない。
地元の歩いて登る登山者グループに駐車場までの道を教わり無事到着。
天山山頂から七曲峠(石体越)に下り彦岳を往復登山でした。

コースと概略時間
天山神社上宮駐車場(9:40)~天山山頂(10:15)~七曲峠(石体越)
(11:40)~彦岳山頂(12:35~12:55)~往路を戻る~天山山頂(15:30)
~(16:00)上宮駐車場



IMG6832JPG天山神社上宮広場
           天山神社上宮駐車場ここが本日の登山口



IMG6833JPGPの標識
           上宮へ登り口の標識です



IMG6835JPG上宮の鳥居背丈が低いこの奥の鳥居も
            上宮の鳥居、背丈が低い、奥の鳥居も低い



IMG6836JPG道標近距離だが疑木段とガレバの連続
           山頂まで近距離だが疑木段とガレバの連続で
           侮れないス



IMG6846JPG山頂までガレバが続く
          ガレバは続く



IMG6852JPG平頂の天山山頂
          広場の天山山頂です、樹木がなく360度の展望です



IMG6856JPG彦岳へ向かう天山を振り返る
            彦岳へ向かう台地上を下る、振り向くと天山山頂です



IMG6857JPG残雪の笹原を進む
            残雪の笹原を七曲峠へ下ります



IMG6861JPG眼前に彦岳が見えてきた
            眼前に彦岳が見えてきた



IMG6864JPG赤松の混じる雑林を下る
            赤松の混じる雑林を下ります



IMG6870JPG七曲峠に下りてきた石体越
             七曲峠(石体越)に下りてきました、富士町と小城町を結ぶ
             県道で小城町側で通行止めのゲートがあるそうな
             



IMG6872JPG峠彦岳の標識
             峠にある彦岳への標識



IMG6876JPG屏風岩巻いて進みます
             屛風岩を巻いて登ります



IMG6882JPG彦岳山頂
             彦岳山頂です、展望はありません



IMG6887JPG山頂の東の山は
              樹間の東に見える山、金立山(502m)ではなかろうかと
              登山者が教えてくれた、地図上でも本峰の真東に位置する



IMG6909JPG天山に戻って来た
            誰も居ない天山に戻って来た



IMG6917JPG霊峰天山
            霊峰 天山



IMG6921JPG陽が西に傾いたPにゴール
           陽が西に傾いた駐車場に戻って来ましたj















野岳湖から郡(こおり)岳(826m)を周回登山

2017 01 04(水)晴れ


長崎県大村市国道34号松原より標板を見て県道6号野岳湖を目指し
キャンプ場Pより南登山口から郡岳に登り西登山道を下山する周回
登山でした。

コースと概略時間
野岳湖キャンプ場P(8:25)~南登山口(9:05)~坊岩分岐(10:05)~
郡岳(10:20~10:40)~西登山口(11:40)~(11:55)野岳湖キャンプ場P


IMG6925JPG夜明けの野岳湖から郡岳
           野岳湖から 朝日を受ける郡岳です



IMG6926JPG野岳湖キャンプ場Pからスタート
           野岳湖キャンプ場Pよりスタート、トイレ標識と民家の
           間を湖畔沿い歩きます



IMG6928JPGダムサイトの標識南登山口を目指す
           湖畔沿いの標識から南登山口を目指す



IMG6930JPG左にゴルフ場を見ながらコンクリート道を進む
           左にゴルフ場を見ながら舗装道路を進みます
           
          



IMG6933JPG南登山口往復ならここにP可
          トイレのある 南登山口です、往復登山であれば道路沿いに
           駐車できます



IMG6943JPG開けた檜林を歩く
           朝日を受けた檜林を歩きます



IMG6944JPG要所に案内板、崩壊地も皆無歩き易いコース
         要所に案内板、崩壊地も皆無、登山道もジグザグに次第に
         西側の郡岳に高度を上げていきます。
         最近このような歩き易い登山道は思いつかないほど、ベタ褒めしたい
         地形上大雨の影響を受けにくい南側かもしれない。



IMG6946JPG西登山道にある坊岩分岐
         西登山道にある坊岩分岐、トラバースして山頂に登って来た
         登山者に会った



IMG6949JPG萱の多い郡山山頂
          カヤの多い平頂の郡(こおり)岳山頂に到着です



IMG6952JPG大村湾を望む
          大村湾を一望できます、絵葉書のような絶景とあるが
          今日は海の色も望めない



IMG6958JPG今日もいい天気
           今日も空はいい天気、山頂の温度計17度、暖かい正月です



IMG6955JPG山頂標識
          山頂標識です、後で調べると東に60分で郡岳より高い
          遠目山に行けそうです



IMG6960JPG西登山道を下山ここが坊岩だろうか
          西登山道を下山、ここが坊岩だろうか、裏側から展望が開けます



IMG6961JPG岩の裏側から展望良野岳湖ゴルフ場が眼下に
            裏側からの展望、野岳湖やゴルフ場が眼下に



IMG6965JPG杉林を下る
             杉林を下ります



IMG6967JPGゴルフ場奥の西登山口に下りてきた
             県道6号線にある西登山口に下りてきました
             下山後この道路を嬉野に向かいました



IMG6969JPGゴルフ場の陸橋をくぐる
            県道を跨ぐゴルフ場の陸橋を潜ります



IMG6974JPG野岳大橋より郡岳を望む
            野岳湖キャンプ場Pにゴール
            野岳大橋より郡岳を振り返ります



IMG6980JPG嬉野温泉で汗を流す
           嬉野温泉で美肌になりました


















竜門ダムより黒髪山(516m)青螺山(610m)を周回

2017 01 05(木)曇り


佐賀県有田町、竜門ダムより後の平経由で黒髪山(天童岩)から青螺
(せいら)山を登り青牧峠に下り竜門ダムに戻る13年ぶりの周回登山でした。


コースと概略時間
竜門ダム山の家(7:55)~後の平(8:55)~黒髪山(9:45~9:55)~
見返り峠(10:20)~青螺御前(10:45)~青螺山(11:15~11:55)~
青牧峠(12:25)~(13:15)竜門ダム山の家


IMG6982JPG竜門ダムキャンプ管理棟
           竜門ダム山の家をスタート
           予報では雨は降らないようだが、どんよりした空模様です



IMG6985JPGキャンプ場の渓谷
          キャンプ場の渓谷です



IMG6987JPG後の平経由で黒髪山
          後の平経由で黒髪山を目指す、未踏のコースです
        



IMG6994JPG鬼の岩
          鬼の岩    巨岩を3ケの岩で支えています



IMG6999JPG後の平に到着黒髪山を目指す
          後の平に到着、黒髪山へ向かう
          後黒髪山の平頂分岐であることから後の平と呼んでいる
          と勝手に思う



IMG7009JPG西光密寺分岐
          西光密寺分岐、黒髪山のみであればこのコースが最短です
          黒髪山の名前はここまで



IMG7024JPG天童岩は黒髪山
           天童岩は黒髪山のことですね  



IMG7013JPG天童岩
           天童岩の鎖を辿ると奥に黒髪山の岩峰があります



IMG7015JPG黒髪山山頂全景
           黒髪山山頂全景です



IMG7022JPG山頂の標識
           山頂の標識、納得です



IMG7030JPG見返り峠青螺山へ向かう
           見返り峠に到着、青螺(せいら)山に向かいます



IMG7037JPG難路の連続
          難路の連続、時間を要する



IMG7039JPG青螺御前
          青螺御前に到着


IMG7047JPG青螺山標識
          青螺山に到着です



IMG7048JPG山頂全景登山者と話す
          山頂全景、登山者と暫くお話しです 同年配とあって話が合います



IMG7051JPG山並
          山頂から後黒髪山と山並です




IMG7053JPG直下の急坂
         山頂から一気に急坂を下る



IMG7059JPG根っ子
          根っ子



IMG7064JPG青牧峠に到着竜門へ下る
           青牧峠に到着、竜門ダムへ下ります



IMG7086JPG竜門ダム
          竜門ダム山の家にゴール、奥に青螺山と青螺御前が見えます
                                下部のダムを散策します



IMG7092JPG汗を流した黒髪の森温泉天童の湯
          立ち寄った黒髪の森温泉 天童の湯  東登山口西光密寺、下宮の宮野地区に
                                                  あります



















          














虚空蔵(こくぞう)山(608m)を嬉野市皿屋谷より

2017 01 06(金) 晴れ


嬉野市皿屋谷の天然記念物「大茶樹」手前から細い車道を上り虚空蔵(こくぞう)山登山口
駐車場より久しぶりに虚空蔵山に登りました。

駐車場(8:05)~木場コース分岐(8:40)~岩屋コース分岐(8:55)~
虚空蔵山(9:00~9:10)~往路を戻る~(10:00)駐車場


IMG7093JPG駐車場よりスタートここまで狭い道路
           整備のされた立派な駐車場になっています
           ここまで細い車道です



IMG7094JPGお堂までコンクリート道で歩き易い
            お堂までコンクリート道を登ります


IMG7095JPG大きな岩窟
            大きな岩窟



IMG7096JPG木場分岐こちらのコースは歩いたことがない
           木場コース分岐を通過



IMG7099JPGロープのあるガレバの急登
           ロープのある急登があります



IMG7100JPG岩屋コース分岐
           岩屋コース分岐、こちらも西側の川棚町からの
           コース


IMG7102JPG木場新道分岐昨日青螺山で会った男が広域農道からのコースか
           木場新道コース分岐、昨日青螺山で会った男が
           教えてくれた広域林道から短時間で登れるコース
           のようです



IMG7105JPG石仏の並ぶ山頂
           石仏の並ぶ虚空蔵山頂です



IMG7107JPG虚空蔵山頂と大村湾
            山頂標識と大村湾が望めます



IMG7103JPG山並
             山並の遠望



IMG7109JPG郡岳方向の遠景
            郡岳方面の遠望です



IMG7110JPG風が強いが晴れてきた
             風が強いが晴れてきた



IMG7112JPG杉林を戻る
            杉林の中を戻ります



IMG7117JPG嬉野の大茶樹樹齢340年
            嬉野の大茶樹  樹齢340年とあります












           







プロフィール

ケルン

Author:ケルン
主に北九州近郊の山々を綴っていきます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ご訪問ありがとうございます
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR