FC2ブログ

金満尾根(茶臼山408m、新城403.9m、金満山526m)より赤牟田の辻(759m)

2017 02 28 (火) 晴れ

2月は逃げる、早いもので今日で2月も終わりです。
晴天に誘われて小倉南区と香春町の境界、金辺峠より金満尾根
を歩いて来ました。

コースと概略時間

金辺峠(7:10)~茶臼山(7:35)~新城(8:10)~こもれび別れ(8:25)~
吉原の滑滝(8:55)~行者の滝(9:30)~金満山(9:50)~赤牟田の辻(10:35)~
鮎返し新道分岐(10:55~11:25)~こもれび橋(12:10)~こもれび別れ
(12:25)~新城分岐(12:40)~茶臼山(13:10)~(13:20)金辺峠

IMG8443JPG群界石柱
郡界石柱のある金辺峠からスタート
  従是北企救郡 従是南田川郡 


IMG8446JPG茶臼山海老の城跡408m
   茶臼山(海老野城跡)
   秋の英彦山峰入り道の金満尾根には茶臼山と
   新城が城跡となっている


IMG8451JPG幹線61より縦走路方面
   豊前幹線61号より牛斬山から福智山への
   縦走路の稜線が見え出した


IMG8454JPG新城別れ
    新城分岐
    ここより新城を往復します


IMG8461JPG三角点の新城
    三角点のある 新城
    手前に堀切があり城跡であることが伺える


IMG8468JPGこもれび別れ帰路ここに上がってくる
    こもれび別れ
    帰路、鮎返し新道のこもれび橋よりこの場所に
    登ってきます


IMG8470JPG快晴の尾根歩き
    ピークの連続、快晴の空が癒してくれる


IMG8476JPG満干越
    満干越  右に下ると吉原川沿いに頂吉に下れます


IMG8478JPGヌタ場のユウモアの絵
    ヌタ場にあるユーモアのある標識


IMG8490JPG吉原の滑滝
     尾根から外れ吉原の滑滝を訪ねる
     全長72m、高さ25m一部を覗いた


IMG8496JPG整列した檜林
    整列した檜林


IMG8512JPG行者の滝
   行者の滝も訪ねます


IMG8517JPG両貝権現奇岩
    両貝権現の奇岩が並びます


IMG8520JPG両貝権現修嶮窟
    両貝権現修験窟


IMG8523JPG金満尾根最後のピーク金満山
    金満尾根最後のピーク金満山です


IMG8532JPG牛斬山福智山縦走路に出た
    牛斬山~福智山への縦走路に出た
    カヤが刈り取らています


IMG8534JPG赤牟田の辻と直方方面
    赤牟田の辻
    筑豊方面が見えます


IMG8538JPG縦走路を牛斬り方面に下る貫山方面
    牛斬山方面に下ります、平尾台、貫山が
    望めます


IMG8540JPG牛斬り山方面
   牛斬山方面、後方に香春岳、大阪山が見えます


IMG8543JPG縦走路の青空
    青空の縦走路


IMG8556JPG鮎返し新道へ下る
    鮎返新道を下ります


IMG8561JPG鮎返川源流点
    鮎返川源流点


IMG8563JPG渡渉を繰り返す
    渡渉を繰り返す


IMG8574JPG広い林道を暫く下る
    広い林道を暫く下ります


IMG8583JPGこもれび橋を渡る
    こもれび橋を渡ります、丈夫な橋になっています
    こもれび別れまでジグザグの急登です


IMG8585JPGこもれび別れに上がってきた
    こもれび別れに登って来た
    ここから往路を戻ります

IMG8595JPG展望所より竜ケ鼻
    展望所より竜ケ鼻が見えます


IMG8598JPG末広がりの木
    末広がりの樹


IMG8600JPG61鉄塔より福智遠望
    61鉄塔より福智山が頭だけ望めます


IMG8604JPG新城を振り返る
    新城を振り返る
    復路新城まで3つのピークを越えるのが難儀
    疲れた足に追い打ちがかかる


IMG8611JPG木辺峠にゴール
    金辺峠にゴール
    峠にある島村志津摩の碑


IMG8648JPG長光円陣の滝桜公園の梅林
    帰路に訪ねた長光円陣の滝桜公園の梅林




























 
















 
    











    






スポンサーサイト



名残雪の英彦山(1200m)とセリバオウレン 北九州マラソン17

2017 02 25(土) 曇り時々晴れ

名残雪を求め英彦山に出かけました。
まだ降るかも知れない、いやもう降らないよ、どちらにしても出かけて
最後の雪を踏んで来ようと思った。

コース
豊前坊(9:30)~望雲台~北岳~中岳~北西尾根~鷹巣原スキー場~豊前坊(14:05)

IMG8340JPG雪解けの豊前坊
    雪解けの豊前坊、無風の静かな朝です


IMG8373JPG筆立岩
    筆立岩  
    早々下山する登山者があり霧氷が見れるか
    尋ねると全く見れない返事です


IMG8378JPG望雲台鎖場
    ならば 急ぐことはない
    望雲台に登ることにしよう、途中まで登ると
    夫婦の方が下りきたので、鎖を持ったまま避けた


IMG8382JPG福智山遠望
    凍えた手で何枚かの風景が撮れた
    福智山が遠くに見えます


IMG8384望雲台の岩峰JPG
     望雲台の岩峰
     片手は鎖を握って片手で撮影です


IMG8385JPG鷹の巣山
    眼前の鷹ノ巣山
    今年は久々に挑戦してみよう


IMG8397JPG岩壁のツララ
     登山道に戻って、溶岩壁のツララです


IMG8400JPG犬ケ岳遠望
    犬ケ岳遠望です


IMG8402JPG刈又山
     木俣に刈又山が収まりました


IMG8404JPG時折晴れ間
     時々青空が出だした、清々しい


IMG8406JPG雪解けの道
    雪解けの道を歩く登山者


IMG8407JPG上宮と南岳
    北岳下より上宮と南岳


IMG8413JPG中岳山頂
     残雪の中岳山頂  
     風が弱く外で昼食を摂る登山者が多い


IMG8418JPG霧氷は」
     僅かに霧氷が北方向に見られた


IMG8423JPG北西尾根
     北西尾根を下る


IMG8427JPGブナの大木
     ブナの大木


IMG8429JPG名残の」雪
     名残りの雪になるのか
     下る程に雪が消えていきます


IMG8432JPG苔の原
     バードラインお気に入りの苔の多い
     岩場です


IMG8435JPG鷹巣原スキー場
     すっかり雪解けした鷹巣原スキー場


IMG8436JPG針の耳
    針の耳に立ち寄ります


IMG8341JPGセリバオウレン1
    セリバオウレン1


IMG8354JPGセリバオウレン2
    2


IMG8357JPGセリバオウレン3
    3


IMG8361JPGセリバオウレン4
    4


IMG8330JPG20km付近を走るランナー
    2月19日 北九州マラソン 
     20km付近を走るランナー


IMG8322JPGトップのランナーを待つゴール地点
     トップランナーのゴールを待つ会場


IMG8339JPG北九州マラソン
     ファンラン5kmの部に出場しました
     計測(時間、順位)の無い完走証です
     ファンランの宿命か





















































     






貫山(712m) 大平山(587m)と周辺の山

2017 02 16 (木) 晴れ

近場の貫山、平尾台周辺の山を周回して来ました。
18日に野焼が行われる予定で、黒一色になる前に歩いて見よう。
台上は晴天ポカポカ陽気で春遠からじ、を感じる一日でした。

コースと概略時間
貫山権現参拝道入口(8:50)~貫山林道登山口(9:15)~貫山山頂(10:15)
~大平山(11:15~11:45)~茶ヶ床園地(12:15)~貝殻山(13:10)~
天狗岩(13:40)~桶ヶ辻(14:00)~周防台(14:20)~貫山(15:25)~
(16:15)貫山権現参拝道入口

IMG8164JPG我が家から朝日の貫山
    今朝の我が家からの貫山です


IMG8166JPG貫山権現参拝道入り口
     貫山権現参拝道入口の石碑から登山道へ
     3匹の狸さんが迎えてくれます


IMG8171JPG貫山林道登山口
     貫山林道にある登山口


IMG8173JPG登山禁止
      18日野焼のため当日入山禁止の 表示があります


IMG8189JPG枯れることのない水場
     権現上宮下にある涸れることのない水場


IMG8193JPG貫山権現上宮
     貫山権現上宮 
     先日、前川清さんの「笑顔満点タビ好き」でも
     紹介されました

IMG8196JPG貫山山頂
     快晴の貫山山頂です、時間が早いのか誰も居ない


IMG8206JPG英彦山遠望
     雪の英彦山遠望です


IMG8210JPG残雪
     四方台の残雪


IMG8220JPG小穴と大平山
    小穴と大平山です


IMG8229JPGピナクル1
      羊さんの間を登ります


IMG8236JPGピナクル群2




IMG8244JPG大平山
     大平山で遠望を楽しみながら昼食です


IMG8259JPG翁のハバヤマボクチ
     翁のハバヤマボクチです


IMG8266JPG貝殻山から周防台方向
     貝殻山からの周防台方面です
    途中 3組の山友さんに次々に山談義です


IMG8278JPG天狗岩
    天狗岩が青空に映えます


IMG8283JPG桶が辻
    桶ヶ辻に登り着いた、 苅田アルプスや眼下に来月
     行われるマラソン大会が行われる白川地区が望めます


IMG8285JPG野地切りの周防台
     周防台へ進みます、延焼を防ぐため至る所で
     輪地焼きが行われています


IMG8290JPG周防台より貫山
     周防台より貫山方向です


IMG8296JPG野焼の下調査
     ヘリのホバリング、当日に備えの訓練
     でしょう


IMG8302JPG貫山頂より上貫コースへ
     最終ピークの貫山に戻って来ました
     下山道は三角点のある標識地点より上貫コース
     へ下ります


IMG8306JPG境界柱を下る
     境界柱沿いに急坂を一気に下ります、笹が伸びて歩き難い、毎年刈り取って
     いるが成長が早い。次に登るときは鉈鎌持参にしょう


IMG8313JPG参拝道入り口ゴール
     参拝道入口に下山、狸さん無事に下りてきました感謝。




     




     



     



    











   





大寒波の英彦山、四王寺の滝、行者の滝

2017 02 12 (日) 晴れ時々曇り


寒波後の四王寺の滝、行者の滝、の氷瀑見物に出かけました。
昨日まで大雪注意報が出ていた北九州地方、今朝もR322号線木辺峠
付近は路面凍結で渋滞に遭った。
別所Pは既に満車、トイレ横の広場に停めてスタート。
周囲の登山者はアイゼンを付けて歩き出したので、右にナライ  結局
ゴールまで終日アイゼンのお世話になった。
南岳から中岳付近がガスぶって雪も降り出したが行者堂まで下ると青空が
戻って来て久々に雪山を楽しんだ。


コースト概略時間
別所P(9:15)~衣ケ池(10:20)~四王寺の滝(10:50)~南岳(11:45)
~中岳休憩所(12:00~12:30)~行者の滝(13:00)~(14:30)別所P


IMG8007JPG旧政所坊の池
     旧政所坊の池、雪風景


IMG8015展望台より奉幣殿
     展望台より奉幣殿、屋根の雪は帰りもしっかり残っていた


IMG8019JPG着雪の杉林
      着雪した杉林が綺麗だ


IMG8036JPG対山の雪景色
      対山も見える雪景色です


IMG8038JPG衣ケ池風景
      衣ケ池の雪景色、トレースを外すと約20cmの積雪です


IMG8040JPG倒木
     今回の雪で倒れたのか


IMG8042JPG青空の雪景色
     青空の冠雪樹


IMG8048JPG四王寺滝全景
     四王寺滝全景です、曇り空になり青空が欲しかった
     

IMG8050JPG四王寺滝2
     氷瀑2


IMG8052JPG氷瀑
     氷瀑をアップ3


IMG8056JPG氷瀑3
     氷瀑4 寒波が続けばまだ成長するでしょう
     


IMG8063JPG右上部より
     右側上部より、トレースのついた急登コースに向かいます


IMG8068JPG南岳へ
     南岳へ直登コースで喘いできました


IMG8071JPG南岳
     南岳山頂です


IMG8076JPG北岳方面
     すっかりガスって雪も降り出し北岳は見えません


IMG8077JPGガスが取れた
     ガスが取れた間に上宮です


IMG8087JPG冠雪樹
     鞍部付近の冠雪樹


IMG8089JPG上宮風景
     中岳山頂風景


IMG8090JPG正面道
     休憩所で昼食後、正面道を下る、雪が止まない
     パーカを着てフードも被る


IMG8091JPGガスが取れてきた
     行者堂付近で晴れ間が出だした、山頂付近だけだったようだ


IMG8093JPG雪を被った樹木
     雪を覆った樹木


IMG8099JPG行者堂の地蔵様
     行者堂のお地蔵様



IMG8101JPG北西尾根
     北西尾根方向の雪景色


IMG8105JPG雪の下山
      下山する登山者
     


IMG8109JPG青空が出だした
     青空が出だした、ラッキー


IMG8120JPGやっぱ青空たい
     やっぱ、青空たい


IMG8121JPG行者の滝1
     行者の滝 周囲の積雪で氷瀑が目立たないです
     前回の方が見応えがありました


IMG8124JPG行者滝2



IMG8127JPG行者滝3



IMG8129JPG下部より全体像
     下部より全体像です


IMG8136JPG青空に映える
    青空に映える木々の雪


IMG8139JPG午後になっても落雪しない
     午後になっても落雪しない、相当気温が低いです


IMG8141JPG綺麗だな~
     綺麗だな~


IMG8149JPG社殿裏雪景色
      社殿裏の雪景色です


IMG8157JPG雪ツバキ
        雪ツバキ、しゃくなげ荘で入浴、シルバーカード提示で
        半額でした。 雪山を堪能した一日でした。




















































寒波襲来の足立山(598m)小文字山(366m)

2017 02 10 (金) 曇り時々雪


朝、暴風雪警報が出た北九州地方、寒波が九州をすっぽり包んでいる。
警報は帰宅すると大雪、風雪、雷注意報に変わっているが、明後日まで
雪マーク、最低温度がマイナスの日が後4日続く予報です。




IMG7939JPG雪雲の小倉市街地
     銀世界に雪雲に覆われた小倉市街地です


IMG7941JPG妙見宮よりスタート
     足立山妙見宮から登ります


IMG7945JPG砲台山へ
     途中、砲台山に寄ります
     雪晴れ空が覗いたり、真っ黒な雪雲に覆われたり
     頭上は目まぐるしく変わる。


IMG7951JPG雪晴れの足立山
     雪晴れの足立山です


IMG7953JPG雷雲みたいな
    山上に入道雲みたいな雲が


IMG7961JPG展望露岩から小倉市街地と貫山竜ケ鼻
     展望露岩より貫山です、右端に竜ケ鼻


IMG7963JPG雪の登山路
    誰も歩いていない、新雪です


IMG7964JPGツバキ
     枝のツバキはユラユラ、ピントが合わず地面の
     ツバキを撮ります


IMG7969JPG山頂下の氷結した階段
     山頂下、北面の道はガチガチに凍っています
     下山時はアイゼンを付けて下ります


IMG7971JPG足立山1
     雪の足立山です


IMG7975JPG足立山2
     雪に覆われた山頂、靴跡があります、小文字山から
     トレースが付いていました


IMG7976JPG戸ノ上山を見る
     戸ノ上山を遠望


IMG7980JPG雪雲の下が局部的に降雪している
     雪雲の下を円筒状に降雪しているのが見えます


IMG7981JPG刈り取られた縦走路
    南斜面は融雪しています


IMG7985JPG雪の帯が動く皿倉山方面
     小文字山から、雪の帯が動く皿倉山方面


IMG7999JPGイノシシに跨ぐ和気清麻呂公像
    イノシシに跨ぐ和気清麻呂公像のある妙見宮に下山、
    雪の近場登山も楽しいものです



















冬晴れの福智山(901m)から七重の滝へ

2017 02 06 (月) 晴れ


朝から青空の予報にて福智山に登って来ました。
強風注意報のとおり寒風が吹き付け山頂で-3℃、景色を眺める
余裕も無く荒宿荘のベンチで途中で出会った山友と休憩。
豊前越から七重の滝を見物しながらの下山でした。

コースト概略時間
鱒淵ダム(8:30)~福智山山頂(11:00)~荒宿荘(11:10
~11:40)~豊前越(12:15)~(14:25)鱒淵ダム


IMG7825JPG鱒淵ダムをすたーと
     風が強い朝で車の少ない鱒淵ダムです



    



IMG7827JPG湖畔から福智山を望む
     湖畔から福智山が最奥に見えます



IMG7844JPG福智平から山頂
     福智平より山頂です



IMG7848JPG強風の山頂-3℃
     強風の山頂です、登山者は数名です



IMG7852JPG荒宿荘のベンチで昼食
      小屋の中で休んでいる人が多い、風当たりの弱いベンチで
      途中で出会った山友と昼食、カップうどんを食べたが体は
      温かくならない。



IMG7853JPG冬空の縦走路
     一人はホッテ谷へ下山、一人は大塔の滝へ下山、山友と別れ落葉した
     縦走路を歩きます
   



IMG7857JPG豊前越から七重の滝へ
     豊前越より七重の滝へ下ります



IMG7864JPG朽ちけた橋
     苔むした朽ちけた古橋



IMG7877JPG渓流1
     穏やかな渓流沿いに下ります



IMG7879JPG渓流2
      夏場だったら清涼感に浸る場所です



IMG7887JPG清流
      光線の具合では濃緑になる清流



IMG7889JPG最上部の7の滝1
       最上部の七の滝、一番落差の大きい滝です



IMG7890JPG7の滝2




IMG7893JPG6の滝
      六の滝



IMG7894JPG5の滝
      五の滝 



IMG7896JPG5の滝2
     五の滝、裾広がりの綺麗な滝です



IMG7899JPG4の滝
      四の滝



IMG7905JPG樹間から3の滝
      樹間から三の滝です



IMG7911JPG2の滝
     二の滝



IMG7913JPG女滝1
     隣の谷から流れる女滝、最長の滝で名の如く滑らかな
     流れです



IMG7915JPG女滝下部2
     女滝の下部、まだ下に続いています



IMG7921JPG最下部の1の滝
     最下部の一の滝



IMG7924JPG1の滝下の赤橋健在
     滝下の赤橋



IMG7925JPG1の滝下方の渡渉鉄の橋大雨で流出
     滝下方の渡渉点、ここにも鉄橋がありましたが大雨で
     流失しました





















       
















    






八木山高原の龍王山(616m)

2017 02 03 (金) 晴れ


飯塚市と篠栗町を繋ぐ台地、八木山高原の龍王山に登りました。
龍王林道登山口から杉林、照葉樹林を登り稜線分岐より左折、龍王神社
を往復し山頂より西へ下山、ユースホステル方向に歩き林道登山口に戻る
周回登山でした。

コースと概略時間
 龍王林道登山口(13:40)~龍王神社分岐(14:20)~龍王神社(14:35
 ~14:40)~舎利蔵分かれ(14:53)~龍王山(14:55~15:10)~
 畜産センター(15:30)~(16:15)龍王林道登山口


IMG7760JPG竜王林道登山口
     八木山、国道201より皐月ゴルフ場標識を左折
     三差路を左折すぐに林道登山口です



IMG7765JPG尾根まで根っ子ガレバを登る
     明日は立春、岩の陰からカエルの鳴き声を
     今年初耳、花粉情報も報じられる季節に
     なりました



IMG7766JPG竜王神社分岐
     稜線に登り詰め左へ龍王神社を往復します



IMG7769JPG竜王神社石碑
      龍王神社の石碑、説明板に雨乞いの神社とある。



IMG7772JPG城址全景
      広々した城祉全景、大きな社殿が建っていただろう
      



IMG7777JPG開けた山頂
       分岐に戻り開けた龍王山頂に到着です
       初めて登山者に出会った、舎利蔵ルートで登って来たとのこと



IMG7779JPG英彦山遠望
      英彦山遠望です



IMG7781JPG三郡山アップ
       三郡山をアップです



IMG7787JPG西方向に下山
       快晴、無風の龍王山を後に下山します



IMG7788JPG松の木の多い下山路
       往路と違い松の木の多い下山道



IMG7792JPG牧舎のモーさん
      牧舎のモーさん達



IMG7794JPG畜産センターより竜王山を振り返る
      畜産センターより龍王山を振り返る



IMG7795JPG花木園から北へユースホステルへ下山
      花木園よりユースホステルへ下山です







            




      








千石峡キャンプ場から笠置山(425m)

2017 02 03 (金) 晴れ


筑豊地方、飯塚市と宮若市境にある笠置(かさぎ)山に登りました。
県道30号から標識に従い471号に入り間もなく平瀬橋の水辺
公園からスタート、川を渡り登山口より禿山のピークから笠置山を目指し
千石公民館横に下山する里山登山でした。


ルートと概略時間
平瀬橋(8:20)~管理棟先川を渡り登山口(8:50)~禿山ピーク(9:35)
~笠置山(10:05~10:15)~千石分岐(10:25)~公民館横登山口
(10:50)~(11:10)平瀬橋







IMG7681JPG県道471平瀬橋Pより
     平瀬橋横の公園駐車場からスタート



IMG7683JPG管理棟先谷に下りて小橋を渡る
     管理棟先から谷へ下り小橋を渡ります


IMG7684JPG谷コース登山口
     登山口です、要所に案内板があり歩き易い



IMG7685JPG竹林
     竹林の中を登ります



IMG7686JPG杉林を
     竹が終わると杉になります、朝日が差しこみ
     綺麗です



IMG7699JPG禿山のピーク
     禿山のピークに立ち寄ります、植林されてあるが
     枯れたのか食害にあったのか、幼木に
     葉を付けていない



IMG7701JPG三郡山方面
    三郡山方面です


IMG7703JPG禿山より笠置山を見る
     禿山より笠置山が見えます



IMG7708JPG石祀




IMG7711JPGロープの急登
     ロープのある急登



IMG7720JPG三角点と広場
      笠置山山頂の三角点、可成りの広場で
      大きいお城が建っていたのだろう


IMG7721JPG笠置山標識
       標識です



IMG7715JPG英彦山遠望
      英彦山方面遠望



IMG7718JPG古処山方向
     古処山方面遠望



IMG7729JPG分岐を千石へ
     登って来た反対方向に歩き分岐より千石へ進みます



IMG7730JPG前方に採石場
     右前方に採石場が見えます



IMG7732JPG尾根より下る
       尾根より下る



IMG7737JPG県道にある登山口に下りてきた
      県道沿いの登山口に下りてきた



IMG7738JPG千石公民館を右に平瀬橋に戻る
      千石公民館前の車道を平瀬橋に戻ります
      途中誰にも会わない静かな山歩きでした 















     





















プロフィール

ケルン

Author:ケルン
主に北九州近郊の山々を綴っていきます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ご訪問ありがとうございます
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR