FC2ブログ

鋤崎山(235m)から高蔵山(357m)へ低山歩き

2017 12 27(水) 晴れ


地元の里山的低山を2座登って来ました。
小倉南区沼、高蔵山森林公園を包むように馬蹄形に尾根続きを
企救自然歩道出合いまでは低山なれぞ侮れない急登でした。

四季彩ヶ丘バス停上(9:30)~鉄塔~鋤崎山(10:10)~361mピーク(10:55)
~赤色鉄塔(11:00)~企救自然歩道出合(11:20)~沼分岐(11:55)~
モミジ広場(12:10~12:20)~高蔵山山頂往復(12:40)~高蔵山広場(
高蔵堡塁跡)(12:55)~戻る~沼分岐右折点(13:25)~森林公園~四季彩ヶ丘
バス停上(14:25)


IMG6567JPG沼四季彩ヶ丘バス停上のフエンス
       四季彩ヶ丘バス停上の水道局、扉を開けて
       入ったら閉めます


IMG6569JPG高速度を潜る
       高速道を潜ります


IMG6571JPG猪口池から鉄塔
      左側の鉄塔が取り付き口、お山は鋤崎山


IMG6572JPG水道局施設手前右折
       施設手前で右折します


IMG6575JPG猪口池水門を飛び越える
      猪口池水門?を飛び越えます


IMG6578JPG鉄橋を渡る
      池を反時計回り、奥の鉄橋を渡る


IMG6579JPG鉄塔点検路を上がる
      鉄塔点検路を登る、不明瞭箇所、至る所に


IMG6580JPG1地列目の鉄塔
      一列目の鉄塔を通過


IMG6586JPG2列目の鉄塔
       二列目の鉄塔に到着


IMG6587JPGリボンが取り付口
        奥を覗くとリボンが
        ここが取り付き口です


IMG6591JPG急登が続く
       急登が続きます、枯葉も追い打ちをかけ
       一歩進んで一歩下がる


IMG6595JPG標識
       目立つ黄色の山頂標識


IMG6597JPG平頂
       平頂の山頂です


IMG6607JPG東西尾根分岐の標識
       東西尾根に登り上げる
       お粗末ながら標識を付けています。まだ健在です


IMG6611JPG361mピーク
        361mピーク


IMG6614JPGピークより5分の朱色鉄塔
       ピークより5分で赤白鉄塔
       どこからでも見える存在


IMG6620JPG開けた縦走路、
       開けた尾根は快適です


IMG6628JPG企救自然報道に出た
       企救自然歩道に出ました


IMG6633JPGベンチより足立山
      ベンチより足立山


IMG6635JPG足立山と妙見山
      アップしてみます


IMG6637JPG市街地と戸畑方面
       小倉市街地と戸畑方面


IMG6651JPG高蔵山森林公園へ左
      直進は足立山へ左を取ります


IMG6661JPG高蔵山堡塁跡への道
      高蔵堡塁跡への道です
      戦時中物資を運んだ幅広い道です


IMG6663JPG沼分かれ
       沼林道分かれ、復路ここから下ります


IMG6665JPG高蔵堡塁跡をピストン



IMG6671JPGモミジ広場の高蔵山入り口
       モミジ広場(仮称)高蔵山取り付き点


IMG6673JPG右は山頂へ左は堡塁跡へ
        右は巻き道コース、左は高蔵山広場へ、真ん中の直登
        コースで登り、下山は巻き道コース


IMG6676PG山頂標識
       山頂標識です


IMG6679JPG山頂風景
       雑木が覆って分かりずらいが広場です、戦時中の
       施設の跡かも


IMG6688JPG竹馬川と苅田方面
      竹馬川と苅田方面


IMG6700JPG雑草に覆われた高蔵堡塁跡
       雑草に覆われた高蔵山広場(高蔵堡塁跡)を訪ねました


IMG6697JPG標柱



IMG6712JPG朝歩いて来た朱色鉄塔と361mp
       復路、朝歩いた赤白鉄塔が見えます


IMG6716JPG西日さす
       


IMG719JPG沼へ分岐
        沼林道分岐より下ります


IMG6721JPG青空
        午前中より天気が良くなりました


IMG6730JPG桜木の沼林道
       沼林道


IMG6732JPG広場へ
     ショートカットを2回下ります


IMG6734JPGゲートのある舗装路に出た
       ゲートのある林道に出た


IMG6739JPG見上げる朱色鉄塔361mP
        見上げる赤白鉄塔、これでおしまい!


IMG6753JPG水道局施設フエンス
       水道局施設フエンス


IMG6758JPG猪口池に戻ってきた
       猪口池に戻って来ました


IMG6761JPG九州自動車道
       池の上を高速道があります



























スポンサーサイト



情報提供のお願いです

2017 12 28 (木)

12月13日頃
65歳男性(中間市在住)が小倉南区昭和池より貫山林道から井手浦林道へ
車を走らせゲート手前で脱輪しその後行方が分からなくなっています。
登山者ではなく、現場を16時頃作業車が通っておりその時には車は無かった
ことから暗くなっての出来事かも知れません。
自分の居場所の方向を把握できなかったかも知れず来た方向に戻った可能性も
否定できず、本日貫山林道、井手浦林道起点より終点まで(4,6km)や川谷支線、
立花支線を探しましたが見つかりませんでした。
途中で探されていたK氏と出会い2人で探しましたが見つかりませんでした。
その後k氏は塔ヶ峰支線へ行かれています。
情報をお持ちの方があればご一報くださると幸いです。

追加情報(12月31日)
身長 165cm 中肉中背 服装(モスグリーン色のジャンパー、ジーパン)
地元の方が17日(日)に縁石に乗り上げた車を見ていて、24日(日)そのままに
なっているを見て警察に届けた。

上貫から貫山(712m)水晶山(531m)とメクラ谷を周回

下線文2017 12 23 (土)祝日 曇り

上貫から貫山登山道で山頂に立ちNTT電波塔付近まで下りて
メクラ谷コースを歩き貫山権現参拝入り口付近に下りるコースを会社の
先輩である地元T氏案内で知ったのが数年前のこと、単独で歩いたのは
2回のみ、地元の人のみ知るコース。

信ちゃんから依頼を受けたものの確実にコースを案内するには自信がなく
T氏にお願いし信ちゃん夫妻higetiasu氏と共に19日に下見した次第です。

本日は大分より、ゆみちゃん、Hさん、Nさん、じなし氏と豊津の信ちゃん夫妻、の
7人で上貫より貫山、水晶山を登りメクラ谷を周回無事下山出来ました。

上貫バス停(8:30)~貫山林道登山口(9:35)~芝津宮上宮(10:30)~
貫山山頂(10:50~11:00)~慰霊碑上部で昼食~偽水晶山(12:30)~
水晶山(13:00~13:10)~作業路を戻る~林道支線、貫山林道を横断~
メクラ谷堰堤(14:10)~貫山権現参拝入り口下(14:40)~上貫バス停(15:05)


IMG6493JPG集落の坂道を登る
       上貫集落の坂道を歩きます


IMG6494JPG芝津宮参拝道入り口の狸さん
        貫山権現参拝入り口の狸さん


IMG6497JPG貫山林道登山口
       林道支線を跨ぎ貫山林道登山口、山道に入ります


IMG6503JPG地蔵様横の水場
      本道(左コース)は地蔵様、芝津宮上宮があり
      急登が続くがこちらを歩く、水場は枯れることはない


IMG6505JPG上宮下の石段
        上宮への石段がきつい


IMG6506JPG芝津宮上宮
        芝津宮上宮、小笠原藩の紋章があります


IMG6510JPG曇り空の貫山山頂
        曇り空の貫山山頂、視界もよくありません


IMG6513JPG山頂にて


IMG6515JPG水晶山目指して
        水晶山を目指す


IMG6522JPG足立山遠望
        足立山遠望です、なかなか晴れてくれません


IMG6523JPG周防台方面
        偽水晶山より周防台方面


IMG6525JPG貫山を振り返る
        貫山を振り返る


IMG6526JPG高城山方面
       高城山方面


IMG6528JPGカヤトの縦走路
       カヤトの縦走路、イガイガに閉口


IMG6529JPGピークを登ったり下ったり
      幾つも ピークを越えます


IMG6533JPG展望岩より苅田アルプス
       展望岩より苅田アルプス方面です


IMG6537JPG最終ピーク水晶山
       本日最終ピーク、三角点のある水晶山


IMG6539JPG山頂から足立山山塊
       東側に足立山山塊が見えます


IMG6540JPG林道支線歩き
       山頂から戻り林道支線を歩く


IMG6541JPG突如現れる大岩スズメバチの巣
        突如現れる巨石、スヅメバチの巣が


IMG6547JPG鉄塔の広場で一服
       鉄塔基部で一休み


IMG6550JPGめくら谷の石垣堰堤
       メクラ谷の石垣で作られた堰堤
       セメントは一切使われていなく相当昔に作られたようだ


IMG6551JPG貫山林道に下りてきた
       貫山林道を斜めに横断、杉林に入ります


IMG6554JPG杉林を抜け参拝道付近に下山
       杉林の中でケルンを左折、眼前が明るくなり参拝道入り口
       下方に出てきました


IMG6556JPG冬至シルエットの貫山
       昨日は冬至、西日になりシルエットの貫山を振り返る


IMG6562JPG山麓の山茶花
       山麓の山茶花です

IMG_6564.jpg



IMG6566JPG上貫バス停にゴール
          上貫バス停に無事下山です      
         






























小雨降る牛斬山(580m)から福智山(901m)

2017 12 16 (土) 小雨

予報では正午頃一時的に小雨にて牛斬山から福智山の縦走してきました。
結果は9時頃から雨具を上だけ付けて下山まで雨に遭った山歩きだった。
殆んどカメラはザックの中で撮影枚数が少なくアップするには物足りないが
記録に留めたい。

採銅所駅(7:15)~牛斬山(8:50)~赤牟田の辻(10:15)~福智山
(12;10)~荒宿荘、昼食(12:25~12:55)~鱒淵ダム(15:05)


IMG6437JPG夜明けの採銅所駅
      夜明けの採銅所駅を出発


IMG6440JPG梯子を登って迂回路へ
       矢山上部で砂防提新築工事中、梯子を登り迂回路コースに上がる


IMG6441JPG暗闇を走る若者2人
        若者が2人駆去った、皿倉山までトレランだそうだ


IMG6444JPG牛斬分かれ
       牛斬分かれ
       ザックをデポして牛斬山へ


IMG6447JPG牛斬山より香春岳
        牛斬山より香春岳です、どんより空模様、先を急ごう


IMG6451JPG刈払われた縦走路
       防火帯がきれいに刈払われた縦走路


IMG6453JPG縦走路
       快適な縦走路です
       一部カヤ漕ぎ場所があるが難儀はありません


IMG6454JPG雨具を付ける
      山犬の峠 早過ぎた雨具を着た場所です
      来年は戌年、近くに干支の付く山がありました。

IMG6455JPG鮎返新道分かれ
       福智山まで3箇所のショートカットコース
       一番手前の鮎返新道、ここで辞める程の雨ではない


IMG6456JPG急登が続く、
      急登が続く、幸いに足元に水が流れる程ではなくズルズル回避


IMG6462JPG赤牟田の辻
       何も見えない赤牟田の辻に予定時間に到着


IMG6464JPG林道横断地点
        林道横断地点


IMG6465JPG濃霧の縦走路
        濃霧の縦走路、お先真っ白


IMG6471JPG強風の福智山-3,5度
        福智山到着、-3,5℃アラレ交じりの雨が頬をたたきつける
        早よ、下りろ


IMG6475JPG荒宿荘で昼食
       荒宿荘で昼食、10人ほどの登山者が昼食中
       風雨を避け小屋の中で暫しの休憩です、感謝感謝


IMG6478JPG鱒淵ダムのにゴール
       何も雨天を選んで縦走することも無かったのにと、後悔しきり。
       来春は好天を選んで皿倉山まで足を延ばそう。
       同行者の皆さんお疲れさまでした。








残雪の嘉穂アルプス、馬見山(978m)へ

2017 12 13 (水) 晴れ


寒気が流れ込んだ北部九州は風雨雪が収まり、久しぶりに古処山系、馬見山
に出かけました。
遥拝所登山口付近は薄っすらと雪があり、楽勝の山登りだわと思いきや
登るごとに深くはないが落ち葉の上の積雪は滑る、滑る、急登の途中で
アイゼンを付けたのが正解。
暫く登っていなかったので「ブナ尾根」のお初コースを登り途中分岐より御神所岩
を訪ねたが積雪で岩上へ登る勇気はなかった。

馬見山遥拝所登山口(10:00)~御神所岩(12:00)~馬見山山頂(12:20)~
見晴台(12:30~12:50)~宇土浦越(13:45)~車道、宇土浦登山口(14:30)
~馬見山登山口駐車場(14:40)


IMG_6426.jpg
        馬見神社上の三差路を左折


IMG_6427.jpg
        駐車場が出来ていました


IMG6368JPG馬見山揺拝所登山口
        嘉穂アルプス、馬見山(遥拝所)登山口


IMG6369JPG遥拝所石碑
        遥拝所石碑が傍にあります


IMG6370JPG薄っすらの雪
        薄っすら雪が残っています

IMG6372JPG風穴
                 風穴

IMG6375JPG寄り添い岩
                 寄り添い岩 



IMG6376JPG林道横断
          林道横断、舗装道になっています


IMG6378JPG初めてのブナ尾根コース
          御神所岩コースを分けてブナ尾根コースを
          登ります、お初のコースです


IMG6384JPG雪が深くなる
         ブナ尾根コースは急登が続く、雪も次第に深くなります


IMG6388JPG急登が続く
         山頂の下で御神所岩へトラバースします


IMG6389JPG御神所石
         馬見神社上宮の石祠


IMG6395JPG御神所岩
          御神所岩です
          積雪で岩上には登れません
          岩の下には石祠があり登らない方が良さそう


IMG6402JPG馬見山山頂
          馬見山山頂に到着


IMG6400JPG英彦山鷹ノ巣山遠望
          英彦山、鷹ノ巣山が望めます


IMG6405JPG初冬の日差し
       初冬の日差しを受ける山頂


IMG6406JPG見晴台で昼食
        見晴台で昼食、風を避け日差しがあり暖かい


IMG6407JPG江川ダム
        江川ダムが望めます


IMG6408JPG見晴台より
        見晴台よりの眺め

IMG6413JPG青空



IMG6416JPGへい山を
         屛山が眼前に見えます


IMG6418JPG宇土浦越え
        宇土浦越に下りてきました、雪も薄くなり
        アイゼンを外します


IMG6420JPG杉林を下る
         杉林を下る


IMG6424JPG車道に下りてきた
       宇土浦越登山口に下りてきました、車道を10分程で馬見山登山口にゴール





















        
        








豊後高田市小田原の西叡山(さいえいざん)(571m)

2017 12 09 (土)曇り


本日2座目は高山寺のある西叡山は京都の比叡山、東京の東叡山
と並び日本三叡山と呼ばれていたそうです。
かって、高山寺は六郷満山を代表する寺。
この高山寺の上部にある隠れ名山、西叡山を訪ねました。

高山寺駐車場~右回りコース(25分)~四阿屋~(10)~西叡山~
左回りコース(20)~高山寺駐車場


IMG_6310.jpg
      登山口は高山寺駐車場、県道より4km程山道を
      上がります


IMG6351JPG高山寺駐車場
      高台に圧倒される広さの駐車場です


IMG_6312.jpg



IMG_6316.jpg
       剛健な造りの高山寺です


IMG_6314.jpg
       初めて見ました  何と呼ぶのでしょう 1


IMG_6315.jpg
             2


IMG_6317.jpg
        梵鐘



IMG_6347.jpg
       本堂右先の案内版


IMG6344JPG案内板をアップ
       案内板をアップ、登りを右回り(遊歩道2号)
       下りを左回り(遊歩道1号)とします



IMG6345JPG植栽」案内アップ
       植栽案内、落葉しているがヤマモミジの紅葉が圧巻
       だったと思う、是非再訪したい。


IMG6320JPG四阿屋
      四阿屋


IMG6322JPG落葉
       落葉した登山道・・・・散策路です


IMG6324JPG西叡山全景
       開けた西叡山、山頂です


IMG6325JPG標識
      標識1


IMG6327JPG標識2
          2


IMG6332大平山鶴見岳がJPG
       山頂より大平山、鶴見岳が霞んで見えます


IMG6339JPG展望台
       山頂の展望台、登りました


IMG6342JPG左コースの奇岩
      下山の左回りコース、何かに似てる



IMG6357JPG西叡山を振る変える
        駐車場より西叡山を振り返る









華岳(はながたけ)(592,8m)

2017 12 09 (曇り)


大分100山や隠れ名山を探訪中、今回は杵築市にある華岳を訪ねました。
宇佐市の国道10号線を南下、立石峠を下ると左側に「ふれあい林道」があり
2kmほど走ると右カーブの登り詰める手前にコンクリート道の登山口があります。
峠先に3~4台の駐車地があります。

急登が続く山が印象的、よく見ると直登ルートの横にジグザグのトレースがあり
中高年用と解釈、こちらを登ります。
時折、津波戸山や日出湾、その奥に大平山、鶴見岳が見える初冬の山を
楽しみました。


     ふるさと林道、登山口~(35分)~ピーク(30)~華岳山頂


IMG6303JPGふれあい林道登山口
        ふれあい林道からの登山口です
        コンクリート道で細道にて乗り入れないが無難


IMG6264JPG入り口の標識
        入り口のお馴染みオレンジプレートの案内版
        60分とあり時間どうりに山頂に立てました


IMG6301JPGネット沿いに歩く
         作業道をネット沿いに登ります
         クヌギ林にホダ木が並んでいます


IMG6267JPG急登が続く
       急登が続く、落ち葉でよく滑ります


IMG6268JPG尾根下の標識
       何回も支尾根と合流、初めての歩きで気を
       使います


IMG6270JPG展望岩より津波戸山
       展望岩より津波戸山が眼前に見えます


IMG6276JPG岩クズの道
       岩クズの多い岩稜歩き


IMG6279JPG残りの黄葉
       本日の紅一点


IMG6281JPG開けた山頂
      開けた華岳山頂、樹間に両子山方面が望めます


IMG6282JPG標識
       山頂標識


IMG6283JPGお馴染みオレンジプレート



IMG6297JPG岩稜歩き
      岩稜は慎重に下ります


IMG6299JPG根っ子













冠雪の英彦山(1188m)へ

2017 12 07 (木) 曇り

英彦山に冠雪の報道やブログのアップを見るや今冬お初の雪見に出かけた。
気温のアップで昨日の樹木の冠雪は落雪して期待外れだが今冬初めての
雪を踏んだ。

別所駐車場(10:15)~歩荷道~中岳(12:10~12:30)~歩荷道~
別所駐車場(13:50)


IMG6187JPG融雪した道路
    すっかり融雪した別所駐車場前です
    途中日陰に圧雪道がありました


IMG6189JPG雪の森



IMG6192JPG亀石坊
       亀石坊の融けかけた雪景色


IMG6198JPG歩荷道
       歩荷道まで登ると雪が深くなり雪道の感触


IMG6209JPG新雪が美しい
        新雪が美しい


IMG6210JPG参道の積雪
        参道の雪道


IMG6211JPGムスビ神社
        行者堂の屋根も真っ白


IMG6213JPG参道
       晴れ間も時折出ます


IMG6214JPG雪景1
        雪景色1


IMG6216JPG雪景色2
            2


IMG6217JPG登山者
         登山者も少ない


IMG6221JPG南岳
        上宮より南岳


IMG6222JPG北岳
        上宮より北岳


IMG6223JPG中岳
          中岳です
          2組の登山者があります
          空模様が悪くなり往路を戻ます

IMG6226JPG遠景1
         中岳よりの遠景1


IMG6228JPGえんけい2
                2


IMG6239JPG赤い実
     


IMG6241JPG別所駐車場
          別所駐車場に戻って来ました


IMG6244JPGクヌギ林
        帰路、日岳山麓のクヌギ林です


IMG6247JPG日岳
          日岳です




















       


初冬の宝ケ岳(489m)へ

2017 12 02(土) 晴れ


福岡県添田町の宝ケ岳(ほうがたけ)に登りました。
前回歩いた陣屋登山口から急登を喘ぎ支尾根から主尾根を辿り
山頂に立ちます。
低山ながら何回も急登を強いられる登り応えのある山です。
展望の効く箇所があり英彦山、鷹巣山が遠望できます。

薬師堂駐車場(10:10)~稜線分岐(10:40)~中継塔跡489m
ピーク(11:35)~宝ケ岳山頂(11:45)~鉄塔の見える斜面で
昼食(30分)~十字路の鞍部(13:05)~鉄柵のある取付点
(13:20)~陣屋ダム堰堤(13:55)~県道78号右折(14:10)~
薬師堂駐車場(14:20)


IMG6181JPG工房さくら右側から
       白壁の「工房さくら」さんの右側が取り付口
       民家の間にて標識等はありません


IMG6099JPG最初から急登
      稜線分岐まで急登を強いられる
      朝ご飯はしっかり食べてきましょう


IMG6100JPG尾根分岐
       尾根に這い上がりました
       ロープの案内版は微かに読み取れます


IMG6102JPG急登が続く
       急登が続きます


IMG6104JPG宝ケ岳方面
       遠くに宝ケ岳らしいピークが見えます


IMG6105JPG桝田コース
       ピークにある桝田コース標板
       このピークは巻き道がありピークに立たずに通過できる


IMG6109JPG草地のピーク489m
       草地の489mピーク
       中継塔跡地で円形でここを山頂の資料もあります


IMG6110JPG宝ケ岳山頂
       宝ケ岳山頂全景です


IMG6111JPG山頂の石仏不動明王
       不動明王さまがあります


IMG6112JPG石祠
        石祠があります


IMG6113JPG山頂標識
        山頂標識


IMG6116JPG山頂から鷹巣山英彦山遠望
       山頂から英彦山や鷹巣山が望めます


IMG6120JPG日田英彦山線線路
        日田彦山線の線路が・・・列車は通りませんでした
   (H29,北部九州豪雨により運転停止中です、祈る復旧)


IMG6121JPG陣屋ダム上林道コース
        陣屋ダム上林道コース標識
        以前はありませんでした


IMG6124JPG.jpg



IMG6126JPG見事な整列
      見事に整列した杉林


IMG6127JPGヌタバ
      大きなヌタバです


IMG6130JPG岳滅鬼連峰と大日ヶ岳
      岳滅鬼連峰と大日ヶ岳遠望


IMG6132JPG椎木の大木
       椎木の大樹


IMG6135JPG英彦山鷹巣山遠望
        最後の英彦山、鷹巣山遠望です


IMG6139JPG右手に伐採地が見え出した
       右手に伐採地が開けます
       前回は伐採作業時に訪ねました


IMG6141JPG萱の密生地が続く
       カヤの密生地が続きます
       枯れている冬季はいくらか楽です


IMG6142JPG特牛岳
       犢牛岳です


IMG6147JPG鞍部は十字路右折します
      十字路の鞍部に下りてきました
      ここより尾根を外れ右へ下ります


IMG6146JPG鞍部の6061標識
       鉄塔60、61の標識


IMG6151JPG左頭上に高圧線を見ながら下る
      左頭上に高圧線を見ながら下ります
      イノシシの滑った跡もありヅルヅル坂です


IMG6154JPG縦走路に紅葉は無い
      稜線では見られなかった紅葉が見れました


IMG6157JPGイチョウの落ち葉
       イチョウの落葉


IMG6161JPG木浦川取り付に下りてきた
        木浦川取り付に下りてきました
        以前はゲート式になっていました


IMG6167JPG.jpg
        伐採地を見上げながら、ひたすら木浦川沿いに舗装道
        を下ります


IMG6171JPG陣屋ダムの湖畔を歩く
       陣屋ダムの湖畔を歩く


IMG6179JPG薬師堂へ右折
       県道を右折


IMG6183JPG薬師堂へゴール
       薬師堂にゴール


IMG6186JPGナンテン



























霧氷の英彦山(1200m) 第35回門司港レトロマラソン大会

2017 12 01(金) 曇り

晴天の予報、英彦山に行こう。
山麓の紅葉が残っているかも知れない。
残念ながら山中の紅葉は完全に落葉していた。
下山予定の北西尾根を諦め歩荷道を下り、奉幣殿下の参拝道でようやく
残りの紅葉を愛でることが出来た。

別所P(8:30)~自然歩道~豊前坊~北岳~中岳(11:10~11:40)~
歩荷道~奉幣殿~別所駐車場(14:00)


IMG5915JPG落葉
        すっかり落葉した自然歩道


IMG5917JPG鷹巣原スキー場
       鷹巣原スキー場  ススキの刈り取りが行われています


IMG5936JPG自然歩道
               大杉の並ぶ自然歩道


IMG5938JPG高住神社
           高住神社 気温マイナス1度


IMG5944JPG.jpg



IMG5950JPGシオジの林
        シオジの林  


IMG5954JPG.jpg
        北岳の肩の木段、風が強く予報とは大違い晴れ間は
        望めない


IMG5962JPG北岳のガス
       北岳付近より霧氷が見れます
       ガスって中岳、南岳は望めない


IMG5964JPG霧氷



IMG5973JPG中岳
        上宮はガスの中


IMG5979JPG.jpg



IMG5982JPG霧氷2



IMG5986JPG霧氷3



IMG5988JPG杉の霧氷



IMG5989JPG上宮
       誰もいない英彦山上宮です
       休憩所で早めのランチタイムです


IMG5990JPGマユミ
       山頂のマユミ


IMG5999JPG南岳
       顔を出した霧氷の南岳


IMG6000JPG上宮下参道
       参道を振り返る


IMG6011JPG苔



IMG6015JPG歩荷道
        歩荷道を下る、歩き易くなっていました


IMG6042JPG黄葉
        奉幣殿階段の両脇に名残の紅葉、黄葉が
        綺麗です


IMG6045JPG.jpg



IMG6058JPG落葉
        落葉も綺麗です


IMG6059JPG紅葉
        ひと際鮮やかな紅葉


IMG6066JPGドウダンツツジの紅葉
        ドウダンツツジの紅葉


IMG6071JPG山茶花
        山茶花


IMG6073JPG黄葉
       晴れ間の黄葉


IMG6076JPGドウダンツツジの紅葉



IMG6078JPG.jpg
 


  第35回門司港レトロマラソン大会

  今年も門司港レトロマラソン大会に出場しました。
  海岸沿いを走る10kmの部に出場、昨年の雨天に比べ曇りの無風状態で
  走り易い環境にも関わらず平凡なタイムでした。 


IMG5885JPG35回門司港レトロマラソン
       門司港レトロマラソン大会
       10kmの部、1200人のランナーでした。


IMG5875JPG関門大橋
        関門橋の下を走りました


IMG5900JPG10km完走証
        「枯れ木も山の賑わい」的な凡タイムでした





     



















プロフィール

ケルン

Author:ケルン
主に北九州近郊の山々を綴っていきます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ご訪問ありがとうございます