FC2ブログ

足立山(598m)と山麓の紅葉見物

2019 11 26(火) 曇り

所用の帰り時間が出来たので、足立山のみ急ぎ足で登って来ました。
曇り空の夕方とあって林は薄暗く早々に下山、足立公園の紅葉
を楽しんで来ました、。

妙見宮登山口(14:00)~砲台山(14:55)~足立山(15:30~15:40)
~妙見宮登山口(16:30)


IMG0001JPG妙見宮のいちょう
     妙見宮のイチョウ


IMG0005JPG岩場のロープ
     尖部のある岩が多く慎重に


IMG0007JPG砲台山から
     砲台山から足立山です


IMG0009JPG野菊
    ノギク


IMG0010JPG雲
     珍しい?☁


IMG0013JPG市街地と貫山
     市街地と貫山方面


IMG0014PG山頂霧ヶ岳
     足立山(霧ヶ岳)山頂


IMG0015JPG山頂の紅葉
     山頂の紅葉です


IMG0018JPG1等三角点
     一等三角点の山頂


IMG0019JPGススキの向こうに
     ススキの向こうに戸ノ上山です


IMG0020JPG皿倉山方面
     皿倉山方面


IMG0021JPG小倉市街地
     小倉市街地です


IMG0022JPG林の紅葉
     山腹の紅葉


IMG0024JPG林の紅葉2
     山腹の紅葉


IMG0027JPGケヤキの紅葉
     ケヤキの黄葉


IMG0028JPG妙見宮の紅葉
     妙見宮の紅葉


IMG0031JPG足立公園の紅葉
     足立公園の紅葉を並べます ①


IMG0032JPG足立公園の紅葉2
            ②


IMG0035JPG黄葉3
           ③


IMG0036JPG足立公園の紅葉4
          ➃














スポンサーサイト



晩秋の天狗岩、黒岳、前岳を歩く

2019 11 23(土)晴れ

紅葉もすっかり終わった、九重山塊です。
山麓や谷間の紅葉が見れるかも・・・今日はいつも周囲の山から眺めるばかりの
黒岳、に登って来ました。

昨夜は雨だったようで男池Pの地面も水が溜まって、スパッツとザックカバーを
付けてのスタート。
本日のコース、岩場歩きが大半で濡れた岩場歩きに時間をとられ大幅にオバータイム
何とか日暮前に下山出来て全てに感謝!(^^)!

山中で3回も同じ人に出会いがありました、1回目はソババッケ付近で追い抜かれ、
2回目は天狗から下山されていた時、3回目は前岳から戻ってこられて時です、
1、2回目は情報交換、3回目は「気を付けて」で笑顔の別れでした。

男池P(6:50)~風穴(9:20)~天狗分かれ(10:20)~天狗(10:45)~
天狗分かれ(11:20)~高塚山(11:35~12:05)~上台ウツシ(13:45)
~前岳(14:25)~白水分かれ(15:45)~白泉荘(16:15)~男池P(17:00)
コースはYAMAPをクリックしてご参照ください。


IMG0002JPG夜が明けだした男池を出発
   夜が明けだした男池をスタート


IMG0003JPG落葉した林
     すっかり落葉した林 トレースが判りずらい程積もっています


IMG0004JPG僅かに残っています
     僅かに残っています


IMG0008JPG霧氷ではありません
     ウヒヤー 霧氷だ~ 残念雲の帯でした


IMG0025JPG風穴に
     風穴に到着 明るい日ざしに足元が乾いてくれれば良いのだが・・


IMG0026JPG覗き込む
     覗き込むだけ


IMG0029JPG天狗に向かいます
     天狗に向かいます 下山される青年に2回目の出会い


IMG0034JPG濡れた岩場を登る
    濡れた岩場を登り気を使った岩上です


IMG0036JPG雲上の根子岳
     雲上の由布岳をアップで


IMG0038JPG大船山
     岩場より大船山


IMG0041JPG岩場を振り返る
     下りてきた岩場を振り返る


IMG0045JPG高塚山にとうちゃこ
     高塚山に到着 貸切の山頂でランチタイム


IMG0046JPGシルエットの大船山
     シルエットの大船山


IMG0053JPG雲上の祖母山
     雲上の祖母山です


IMG0055JPG三俣山平治岳
     三俣山と平治岳に雲が流れます


IMG0059JPG前岳に向かいます
     前岳に向かいます 15年程前でしょうか久しぶりで
     あまり、記憶に残っていません


IMG0062JPG落葉した縦走路
     落葉した林


IMG0065JPG樹間から三俣山
     樹間から三俣山です


IMG0066JPG岩場の連続
     天狗、黒岳、前岳と大半が岩場コース
     岩が濡れていると慎重になりロスタイムがでます


IMG0068JPGお先真っ白
      お先真っ白です


IMG0072JPG続く難路
     続く難路


IMG0073JPG長めの休憩
     一休みします


IMG0076JPG並ぶ大岩
     千尋の谷?


IMG0078JPG前岳にとうちゃこ
     最後のピーク前岳に到着
     5年程前に白泉荘よりシャクナゲ観賞に登って来ました


IMG0080JPG標識
     標識です


IMG0082JPGロープの大岩
     ロープの岩場


IMG0083JPG岸壁
     薄暗い岩壁


IMG0085JPG千尋の谷?
     こちらも


IMG0087JPG群生
     石楠花の群生  


IMG0088JPG小さい秋
     小さい秋


IMG0090JPG有り難い
     要所に 有り難いです


IMG0093JPG下界が見えてきた
     下界が見え出した


IMG0097JPG白泉荘へ
     白泉荘へ下ります


IMG0099JPG岩場から逃れた
     岩場から逃れた


IMG0103JPG白泉荘上の紅葉の林
     白泉荘上の林の紅葉が圧巻きでした


IMG0116JPG夕暮れの紅葉
     夕暮れの紅葉


IMG0117JPG昼間に見たかった
     昼間に見たかった


IMG0118JPG見事な紅葉
     見事な黄葉樹


IMG0121JPG紅葉の穴場
     紅葉の穴場的


IMG0123JPG黄葉樹
     黄葉


IMG0125JPG紅葉
     最後の紅葉


IMG0126JPG夕暮れの白泉荘
     夕暮れの白泉荘


IMG0129JPG白水鉱泉の由来
     県道沿いの白水鉱泉の由来





     














名残の紅葉を求め英彦山へ

2019 11 16 (日)晴


遅ればせながら英彦山の紅葉見物に出かけました。
やはり、紅葉の多い南岳コースが毎年の行事となっています(^^♪

鬼杉上部から紅葉見物の始まり、どの辺まで楽しめるのかテンション
アップ、残念ながら鎖場付近から上部は落葉が進み紅葉は既に終わっていた。

登山者の多い上宮広場で昼食後、快晴と無風の北西尾根を下りバードライン
の紅葉を期待する。
見事な紅葉ぶりに感服した次第です、一人攻めの紅葉を存分に堪能して
ボッカ道を下る。
ボッカ道から見る北西尾根斜面の紅葉が素晴らしい・・・・残念ながら樹林越しの
見物、何処か開けた場所を探すが見当たらず樹林越しの撮影となった。

下山後、龍門峡の紅葉を愛でに移動、真っ盛りの紅葉に大勢の見物者でした。
ここ数年最盛期の英彦山の紅葉に巡り合わせた事がないが見れただけ良しと
するか。

別所駐車場(8:25)~鬼杉コース~南岳(11:20)~中岳広場(11:30
~12:00)~北西尾根~ボッカ道~別所駐車場(14:05)


IMG0003JPG冬の風物詩サザンカです
     冬の風物詩、サザンカです


IMG0007JPG旧政所坊の紅葉
     旧政所坊の紅葉です
      少し色褪せています


IMG0009JPG奉幣殿の紅葉です
     奉幣殿の紅葉です


IMG0011JPG朝日が差す杉林
     陽が差す杉林


IMG0023JPG山麓の紅葉です
     山麓の紅葉
      この辺りで最盛期であれば標高地では既に終わっているのかな


IMG0024JPG黄紅葉
     黄、紅葉です


IMG0026JPG天空の紅葉です
     天空の紅葉です


IMG0031JPG紅葉越しに岳滅鬼山
     紅葉越しに岳滅鬼山です


IMG0035JPG青空と紅葉
     青空に紅葉が美しい


IMG0037JPG岳滅鬼山の見える
     岳滅鬼山をバックに


IMG0039JPG紅葉狩り
     紅葉狩り


IMG0043JPG黄葉越しの岳滅鬼山
     黄葉越しに岳滅鬼山です


IMG0047JPG黄葉も鮮やか
    黄葉も鮮やか


IMG0049JPG正面道斜面は落葉しています
    正面道斜面は既に落葉してます


IMG0051JPG落葉した南岳
    落葉した南岳です


IMG0052JPG上宮斜面も冬景色
     上宮斜面も冬支度


IMG0057JPG中岳山頂
     中岳山頂
     好天の休日とあって大勢の登山者です


IMG0055JPG上宮のシンボルツリー
     上宮のシンボルツリー


IMG0059JPG快晴の北西尾根を下る
     快晴の北西尾根を下ります


IMG0065JPG名残の紅葉
     名残りの紅葉


IMG0070JPG進む落葉
     残った紅葉



IMG0080JPGドウダンツツジの紅葉がきれい
     ドウダンツツジの紅葉が鮮やかです


IMG0088JPG龍門峡の紅葉です1
     龍門峡の紅葉を並べます ①


IMG0093JPG龍門峡の紅葉です2
         ②


IMG0094JPG龍門峡の紅葉です3
        ➂


IMG0095JPG龍門峡の紅葉です4
       ④



IMG0097JPG龍門峡の紅葉です5
        ⑤


IMG0098JPG龍門峡の紅葉です6
        ⑥


IMG0100JPG龍門峡の紅葉です7
        ⑦



IMG0101JPG龍門峡の紅葉です7
        ⑧


IMG0109JPG龍門峡の紅葉です8
       ⑨


IMG0113JPG龍門峡の紅葉です9
        ⑩





























犬ケ岳、求菩提山登山道の紅葉狩り

2019 11 10(日)晴れ

5月のシャクナゲ、秋の紅葉と犬ケ岳は例年行事にしている(^^♪
ベストの時期に訪ねるのが難しく、今秋も若干遅れて訪ねたが
まだまだ十分に堪能した一日でした。

今回もメインは一の岳から求菩提山登山道の虎の宿跡位まで、
左右の紅葉のプロムナード、天空の紅葉が楽しめた(^^)/

資料館下駐車場(8:15)~笈吊峠(10:15)~犬ケ岳山頂(11:35
~11:50)~一の岳(12:20)~虎の宿跡(13:55)~胎蔵界護摩
場跡(14:27)~求菩提山頂(14:40)~阿弥陀窟分岐(15:13)~
資料館下駐車場(15;40)


IMG0001JPGカラス天狗から
資料館下駐車場からスタート
  皆さん、上部の駐車場からスタートされているようだ
  周回コースでは、ここが便利(^^♪


IMG0002JPG求菩提の山腹
   求菩提山に朝日が差す


IMG0006JPG山腹の紅葉
    山腹の紅葉です


IMG0009JPG谷間の紅葉
    谷間の紅葉です


IMG0014JPG淡い紅葉
     淡い紅葉


IMG0017JPG林道の紅葉
    林道の紅葉です


IMG0020JPGおいづる下にて
     笈吊峠下部の紅葉です


IMG0022JPG黄葉の
     黄葉もキレイ


IMG0026JPG鮮やか
     鮮やかです


IMG0031JPG笈吊峠
     笈吊峠に到着


IMG0034JPG樹木越しに
     樹木越しに


IMG0038JPGカエデの落葉地
     カエデの落葉がきれい


IMG0039JPG黄葉
     黄葉です


IMG0044JPGアップで
     ドウダンツツジの紅葉がが鮮やかです


IMG0057JPGコラボ紅葉
     コラボ紅葉


IMG0059JPG経読岳
     経読岳を望む


IMG0062JPG晴天の山頂
     晴天の犬ケ岳山頂


IMG0065JPGシルエットの紅葉
     シルエットの紅葉


IMG0066JPG落葉のブナ林
     すっかり、落葉したブナの大木です


IMG0068JPG谷間の紅葉
     谷間の紅葉


IMG0070JPGコラボ高木
    コラボ高木


IMG0075JPG小さな秋
     小さな秋


IMG0077JPG濃い紅葉



IMG0079JPG絨毯ロード
    落葉の絨毯です


IMG0083JPG大竿峠
     大竿峠を通過


IMG0086JPG一の岳
     一の岳に到着


IMG0091JPG紅葉狩りのスタート
     紅葉狩りのスタート


IMG0094JPG高木紅葉
     高木の紅葉


IMG0097JPG鮮やか
     鮮やかな紅葉


IMG0104JPG撮り飽きない
     撮り飽きない


IM0105JPG続くよ求菩提山登山道



IMG0109JPG天井の紅葉



IMG0122JPG虎の宿
     虎の宿跡に到着


IMG0124JPG805m三角点
    805m三角点が傍にあります


IMG0126JPG虎の窟
     虎の窟に立ち寄り


IMG0134JPG国玉神社上宮
     国玉神社上宮に到着


IMG0136JPG標識
     山頂標識


IMG0145JPG阿弥陀窟
     阿弥陀窟です


IMG0153JPG山頂は雲の中
     下りてきました 
     犬ケ岳山頂は雲の中

IMG0154JPGゴール
     駐車場にゴールです

















 







紅葉の根子岳(1408m)、清栄山(1006m)

2019 11 06(水)晴れ

出足が遅れましたが根子岳、地獄谷の紅葉を愛でに出かけました。
大戸尾根登山口は既に満杯の駐車場です。
眼前に天狗岩の白く剥げ落ちた岩板の跡が、熊本地震後
初めての根子岳で驚きです。

山腹の林の紅葉が真っ盛りで山頂付近はどうでしょう。
天気が続き火山灰土の足元は歩き易い、以前よりロープの数が
増えている。

左側に南峰の紅葉が素晴らしい、地獄谷の紅葉も天狗岩を
バックに圧巻きの登山道です。
好天の山頂で一休みして展望所まで進みます、常連さんがここから
の撮影がベストですと、足場を譲ってくれた。

狭い山頂に戻り昼食を摂るが目の前を登山者が入れ替わり登って
来る、少し下って摂れば良かった。
下山の途中も林の紅葉を楽しみ、時を忘れるひと時です。

時間の余裕があるので南峰を考えたが明日の早朝出勤を考えると
無理をせず近場の高森町(村山)の清栄山登山口に移動。
 
山頂からは360°の天望です北に午前中登った根子岳、東に九重山塊
南に祖母傾山山塊と素晴らしい眺めです。
久しぶりに訪ねた根子岳、今度は南峰も登りたいものです。

大戸尾根登山口(9:00)~根子岳東峰山頂、展望所散策
(11:00~12:00)~登山口(13:30)

清栄山登山口(13:40)~清栄山(14:05~14:20)~登山口(14:45)


IMG0004JPG城山展望台から根子岳、阿蘇山
     城山展望台から少しの雲海と
     根子岳、阿蘇山の噴煙です


IMG0006JPG大戸尾根登山口
     大戸尾根登山口
     モーさんの朝食中


IMG0007JPG天狗岩
     天狗岩、根子岳のシンボル
     熊本地震で白く岩壁が剥がれ落ちています


IMG014JPG林の紅葉1
     林の紅葉が真っ盛り


IMG0015JPG山腹の紅葉と九重山塊
    山腹の紅葉と九重山塊です


IMG0016JPG2.jpg



IMG0019JPGビューポイントより天狗岩
     ビューポイントより紅葉と天狗岩です


IMG0022JPGミヤマキリシマ
     色よくミヤマキリシマです


IMG0025JPG南峰の紅葉
    南峰の紅葉も素晴らしい


IMG0028JPG振り向けば
     振り向けば紅葉と高森町です


IMG0029JPG祖母山、傾山
     紅葉越しに祖母山方向


IMG0030JPG③



IMG0035JPG天狗岩、高岳
    天狗岩と高岳です


IMG0040JPG九重山塊
     九重山塊です


IMG0042JPG根子岳東峰山頂にて
     根子岳東峰山頂です


IMG0047JPG地獄谷の紅葉
     地獄谷の紅葉


IMG0048JPG天狗岩の紅葉
     天狗岩の紅葉


IMG0050JPG谷の紅葉
     谷の紅葉


IMG0053JPG谷の紅葉



IMG0056JPG東斜面
     こちらは東斜面です


IMG0060PG斜面の紅葉です



IMG0061JPG天狗岩と高岳②
     アップしてみます


IMG0063JPG展望所の人
     展望所の登山者


IMG0071JPG紅葉まる4
     下山の撮影です


IMG0076JPG林の紅葉
     林の紅葉


IMG0086JPG黄葉の林
     黄葉です


IMG0088JPG紅葉5



IMG0089JPG紅葉



IMG095JPG林の紅葉6



IMG0098JPG牧場に戻って
     牧場に戻って来ました


IMG0099JPG清栄山登山口
     午後から訪ねた清栄山登山口です


IMG0101JPG眼前の清栄山
     眼前の清栄山
     足元は火山灰で薄く覆われています


IMG0103JPG山の神
     山頂下の山の神



IMG0106JPG清栄山
     山頂から根子岳です


IMG0114JPG山ニンジン
     ヤマラッキョウ


IMG0115JPGリンドウ
     鮮やかなリンドウ


IMG0119JPG樹間越しに祖母山
     樹間越しに祖母山です


















    








   

















 







プロフィール

ケルン

Author:ケルン
主に北九州近郊の山々を綴っていきます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ご訪問ありがとうございます
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR