FC2ブログ

行入富士(406m)、落合山(507m)、大嶽山(561m)周回

2020 01 13(月) 晴れ

晴れの成人の日、国東半島、行入ダムから行入富士、落合山、大嶽山
を周回コースを地元、豊嶺会の「国東半島山ガイド」を参考に歩いて来ました。

トレースは薄く目印も少なく分岐等の標識もありません、鼻歌まじりで
歩く余裕はなく緊張の一日で、充実の一日でもありました。

行入ダム(7:35)~行入寺~行入富士(8:55)~落合山(10:00)
~大嶽山(10:45)~稲川登山口(11:40)~行入ダム(12:25)


IMG0002JPG朝日の行入富士と千の岩
朝日を受ける行入ダムと行入富士


IMG0005JPG行入ダム
   


IMG0007JPG山頂東端の天望岩
     山頂東端の天望岩





IMG0006JPG印象に欠ける行入富士山頂
      行入富士山頂
      開けた山頂は印象に欠ける


IMG0015JPG開けた尾根
     分岐に戻り落合山への稜線


IMG0017JPGパワーツリー
      パワーツリー


IMG0018JPG大岩に大木
     大岩に大木がガッツリ


IMG0019JPG落合山の大木
     落合山の大木です


IMG0022JPG標識
      山頂標識です


IMG0024JPG山頂の祠
     山頂は祠があります


IMG0025JPG眩しい青空
     眩しい程の青空


IMG0027JPG大嶽山
     大嶽山に向かいます


IMG0028JPG鞍部の水溜まりテープあり
     500m鞍部の水溜まり
     南にテープが見えます、落合ルートでしょう


IMG0029JPGかまぼこ尾根
     木の葉が無い丸い尾根


IMG0030JPG大嶽山到着
     大嶽山の入り口


IMG0031JPG三角点の山頂
      大嶽山山頂、三角点のある開けた山頂です


IMG0032JPG山頂標識
     山頂標識です


IMG0034JPG下山は激下り
     岩場の急斜面を下ります


IMG0035JPG尾根から南へ
     尾根から南へ下ります

IMG0036JPG左岸を下る
     V字谷の左岸を下ります





IMG0038JPG右岸に移る
     途中から右岸に移ります


IMG0040JPG石碑のある稲川登山口に下りる
     作業道を歩き石碑のある稲川登山口に下山


IMG0044JPGゴール行入富士山と千の岩
     県道29号を行入ダムに歩き無事ゴールでした




















    














スポンサーサイト



宗像四塚連峰縦走

2020 01 10(金)曇りのち晴れ

五年ぶりに四塚連山を歩いて来ました。
縦走路の特徴として低山ながら高低差の続く苦しい縦走が印象的。

途中伐採された開けた風景が見れる以外広葉樹林の多い
縦走路でもありました。

JR教育大前(7:10)~城山登山口(7:30)~城山(8:10)~
金山北岳(9:35)~地蔵峠(10:15)~孔大寺山(11:20~11:45)
~垂見峠(13:00)~湯川山(14:15~14:25)~承福寺(15:05)
~門前バス停(15:20)
軌跡はYAMAPをクリックしてご覧下さい。


IMG0002JPG城山登山口
        城山登山口
        数台の車は水汲みの車でした


IMG0005JPG樹間越しのご来光
        樹間越しにご来光です


IMG0006JPG朝焼けの登山道
      朝焼けの登山道
      初めての現象、ラッキー


IMG0009JPG山頂
      城山山頂です  人気の山ですが早朝で誰もいません


IMG0008JPG山頂からの景色
     山頂からの眺め


IMG0013JPG孔大寺山と湯川山
     今から訪ねる孔大寺山と奥に湯川山が望めます


IMG0017JPG通過
     金山南岳です


IMG0018JPG宗像市街地
     山頂から宗像市方面 


IMG0022JPG距離標識いいね!
      要所に距離標識が有り難い


IMG0023JPG北岳山頂
      金山北岳です


IMG0024JPG今日の特徴
      激下り  天気が続き足元が乾いて良かった


IMG0027JPG伐採地1
      伐採地に到着  前回では見れなかった風景 1


IMG0028JPG伐採地2
             2


IMG0029JPG縦走路唯一の開けた径
      唯一の開けた登山道です


IMG0030JPGフエンス越しに孔大寺山
      フエンス越し今から訪ねる孔大寺山が見えます


IMG0031JPG竹林帯
      竹林帯を巻きます


IMG0032JPG地蔵峠に下りてきた
      地蔵峠に下りてきました
      孔大寺山から下山されるスクーターの男性と暫しのお話し


IMG0035JPG地蔵峠の標識参考になる
      地蔵峠の標識です


IMG0040JPG大木コース
     大木の多いコース


IMG0043JPG孔大寺山山頂昼食タイム
      孔大寺山に到着です 誰もいません
      ランチタイムとします(11:20~11:45)


IMG0046JPG距離標識
      距離標識


IMG0049JPG激下り
     激下り、伝わらないです


IMG0051JPG五位の岩
      五位の石  


IMG0053JPGフラットの径
     今日のコースではフラットの道、長くは続かない


IMG0055JPG垂見峠への下り
     垂見峠峠への下り 峠手前で今日初めてコース不明瞭に遭う


IMG0059JPG垂見峠に下りてきた 国道495舗装工事
      垂見峠に下りてきました 国道495線です


IMG0060JPG孔大寺山側登山口
      孔大寺山登山口標識

IMG0061JPG湯川山登山口
     今から訪ねる湯川山登山口です


IMG0062JPG峠の地蔵様
     峠の地蔵様

IMG0064JPG境界柱
      境界柱です


IMG0066JPGドングリ坂
    ドングリ坂


IMG0070JPG特徴ある樹林
      特徴のある樹林が続きます


IMG0078JPG直登コースへ
     直登コースへ


IMG0079JPG急登なんです
      最後の急登です


IMG0083JPG山頂下の電波塔
      山頂下の電波塔


IMG0086JPG山頂標識
      湯川山山頂  最後のピークです(14:15)


IMG0091JPG沖ノ島映っていない
      沖ノ島は映っていない


IMG0097JPG下山
      最後の下り


IMG0099JPG登山口
      湯川山登山口に下りてきました


IMG0102JPG承福寺
     承福寺です


IMG0104JPG早いシャクナゲ
     早いシャクナゲ?


IMG0107JPGゴール
     門前バス停にゴール(^^♪ (15:20)




















福智山(901m)から尺岳(618m)へ

2020 01 06 (月) 曇りのち小雨

令和2年初の鱒渕ダムから福智山へ登り尺岳へ縦走し山瀬越から七重の滝を
下る周回コースでした。

今日から仕事始めも多いようで少ない登山者でした、縦走路では誰にも会わない
静かな山歩きを楽しみました。
昨日まで続いた好天も今日を境に下り坂、昼過ぎから小雨模様になるも
雨具を付ける程でもなく無事下山でした。


鱒淵ダム(8:00)~1,8のコル(9:30)~鈴ヶ岩屋(10:20)~
福智山(10:50)~からす落し(11:10~11:30)~豊前越(11:55)
~山瀬越(12:20)~頓野林道出会(12:30)~尺岳(12:50~13:10)
~頓野林道山瀬分かれ(13:50)~七の滝(14:45)~鱒渕ダム(16:00)


IMG0001JPG曇りの鱒渕ダム
       曇りの鱒渕ダムを出発
       先客4台の車、釣り人の車もあるかも知れない


IMG0002JPG鱒渕ダムコースで
      自然歩道コースを登ります


IMG0014JPG膨らんだミツマタ
     ミツマタ群生地 膨らんだ蕾


IMG0018JPG下り坂です
     束の間の青空です


IMG0022JPG1,8のコル
     1,8のコル  登山口から山頂までの中間点


IMG0025JPGツルシキミ
     花の無い林を彩どるツルシキミです


IMG0028JPG鈴ヶ岩屋から福智山
     鈴ヶ岩屋に立ち寄り  福智山山頂が眼前に


IMG0033JPG福智平から福智山
     福智平から冬枯れの福智山です


IMG0036JPG福智山頂
     福智山山頂  気温4℃無風のためか寒さを感じない


IMG0038JPG八丁方面
     山頂から八丁方面


IMG0040JPG平尾台貫山
     平尾台、貫山方面です


IMG0044JPG雲取山奥に金剛山
    雲取山の奥に金剛山方面


IMG0050JPG豊前越え
     豊前越えを通過


IMG0060JPG四阿屋と尺岳
    四阿屋と尺岳


IMG0064JPG尺岳平のアオキ
     尺岳平のアオキの実です、冬場赤い実が見れます


IMG0065JPG尺岳山頂
     尺岳山頂に到着


IMG0067JPG福智山遠望
     山頂から福智山遠望です


IMG0073JPG金剛山方面
     金剛山方面です


IMG0078JPG林道から山瀬へ
     林道より山瀬へ下ります


IMG0080JPGクジラ岩
     クジラ岩


IMG0081JPG山瀬分かれ
     豊前越え分かれ 渡渉します


IMG0083JPG清流
     清流沿いに下ります


IMG0084JPG清流2
     瀞 陽が差すと緑色になります


IMG0095JPGイイキリ
     終盤のイイギリ


IMG0094JPG七の滝
     七の滝です


IMG0100JPG三の滝
     三の滝


IMG0103JPG女滝
     女滝です  水量が多いと綺麗です


IMG0105JPG化粧直し
     一の滝下の鉄橋 お色直ししてます


IMG0108JPG橋が架かりました
      最下部の渡渉点に橋が架かりました


IMG0111JPG整地された登山道
     整地された滝見道路


IMG0112JPG吊橋に戻って来た
     吊り橋に戻って来ました


IMG0113JPG小雨が降り出した
     小雨が降っている鱒淵ダムです








 








玄海遊歩道を歩く(高塔山~弥勒(みろく)山を往復

2020 01 04 (土)晴れ


玄海遊歩道は北九州市若松区の玄界灘と洞海湾に挟まれた丘陵にある
長さ12km程の最高302mの石峰山を歩く高塔山から頓田貯水池先の
グリンパークまでの遊歩道です。

自然林が多く高低差も低く歩き易いコース、途中でリタイアしても
市街地に近く自分に合った行動ができます。

高塔山公園駐車場(8:00)~仏舎利塔(8:10)~石峰山(9:25)~
烽火台跡(9:50)~岩尾山(遊歩道には入っていません)(12:00)
~弥勒(みろく)山(13:35)~往路を戻ります~高塔山展望台(16:00)


IMG0001JPG高塔山からご来光
        高塔山展望台からのご来光(7:40頃)


IMG0006JPG仏舎利塔
       仏舎利塔です


IMG0009JPG眼前の石峰山
       眼前の石峰山です 肉眼ではアンテナが見えます


IMG0014JPG歩き易い玄海遊歩道
     歩き易い遊歩道です


IMG0015JPG石峰山分岐
      分岐には標識が完備されています


IMG0018JPG石峰山の電波塔
     石峰山の電波塔


IMG0019JPG石峰山山頂
     石峰山の標識  広大な広場です


IMG0017JPG石峰山から皿倉山方面
     石峰山から皿倉山方面


IMG0021JPG??像



IMG0022JPG遊歩道
     軽快な歩き(^^♪


IMG0023JPG一休み
     休憩舎で一休み


IMG0025JPG休憩しやから玄界灘方面
     休憩舎から玄界灘です


IMG0032JPG烽火台跡
     広々した烽火台跡です


IMG0034JPG烽火台?
     烽火台でしょうか


IMG0033JPG烽火台より皿倉山
     烽火台跡より皿倉山方面です


IMG0037JPG岩尾山分岐下の
     岩尾山分岐下のお寺です


IMG0042JPG岩尾山三角点
     岩尾山の三角点です


IMG0058JPGヤギさん
     牧場の山羊さん


IMG0061JPG弥勒山入り口から風車
     弥勒山入り口から玄界灘


IMG0062JPG弥勒山入り口
     本日の最終ピーク弥勒山に登ります


IMG0065JPG弥勒山山頂
     弥勒山山頂です


IMG0066JPG開けた山頂
    開けた山頂です  弥勒菩薩を祀った霊山 探しきれなかった(>_<)
    ここからグリンパークまで4km弱ですが、引き返します


IMG0068JPGヤギさん
     山羊さんさようなら


IMG0076JPG往路を戻ります
    往路を戻ります


IMG0087JPG仏舎利塔
     仏舎利塔が見え出した


IMG0088JPG高塔山展望台から足立山方面
     高塔山展望台から足立山方面


IMG0090JPG皿倉
     皿倉山方面です


IMG0092JPGサザンカ
     陽が西に傾く頃高塔山を後にします!(^^)!




















芋恵良コースで雲ケ岳、御許山 帰りに米神山に立ち寄り

2020 01 03(金) 晴れ

大分県山香市芋恵良、白山神社から雲ケ岳へ登り御許山(大元神社、
宇佐神宮奥宮)に参拝登山でした。
以前から訪ねたいと思っていた芋恵良コースは岩壁の基部を何カ所も
歩くスリル感のある登山道にお気に入りコースになりそうです。

白山神社(7:55)~中展望台(8:25)~東弘法さま(8:45)~第2展望台
(8:50)~雲ケ岳(9:00)~御許山(大元神社)(9:20~9:30)~
往路を下山~白山神社(10:25)


IMG0002JPG白山神社P
芋恵良地区、白山神社駐車場
     トイレもあり広い駐車場


IMG0009JPGご来光
     突然のご来光  近くの山からご来光にラッキー


IMG0017JPG宇佐市の山々
     宇佐市の山並


IMG0011JPG鳥居
     白山神社鳥居


IMG0014JPG白山神社
     白山神社に参拝


IMG0015JPG大岩
     大岩です


IMG0017JPG宇佐市の山々
     開けた所から


IMG0019JPG中展望台
     中展望台 視界よくありません


IMG0024JPG西弘法さま
     西弘法さま


IMG0028JPG覆いかぶさる岩
     覆いかぶさる大岩


IMG0029JPG東弘法さま
     岩窟の東弘法さま


IMG0035JPG大展望所
     大展望所  御許山(大元神社)を訪ねた時は
     ここまで下りてきました


IMG0040JPG天使の梯子
     天使の梯子 落っこちそうです


IMG0041JPG山並
      山並です


IMG0042JPG雲ケ岳山頂
     雲ケ岳山頂に到着


IMG0043JPG広い山頂
      広い山頂  秋のドウダンツツジの紅葉が圧巻き


IMG0046JPG御許山が
      眼前に御許山


IMG0048JPG正覚寺別れの石仏
     正覚寺別れの石仏です


IMG0051JPG御許山山頂
     御許山(大元神社)に到着


IMG0052PG大元神社
     大元神社


IMG0053JPG奥宮
      宇佐神社奥宮です


IMG0054JPG石燈
      石燈群


IMG0055JPG禁足地
      禁足地です


IMG0059JPG苔の倒木
     苔むした倒木


IMG0064JPG下山
     往路を戻り無事下山しました
















下山後、佐田地区の「佐田京石」に移動、米神山へ京石コースで登り
熊コースで下山、県道648を下り佐田京石に戻る周回コースでした。
ガイドブック通り、低山ながら侮れない急峻な山だった。
登りはさほど無く登り詰めたが下山は急坂にバランスを保つにロープに
助けられゆっくりモードで下山。

京石登山口(11:25)~月の神谷(12:05)~巨石群(12:15)~
米神山山頂(12:35~12:50)~熊コースで下山~熊登山口
(13:40)~県道を下る~京石登山口(13:50)


IMG0069JPG佐田京石に移動
     佐田京石に移動してきました


IMG0073JPG京石登山口から
     京石登山口から米神山を目指します

IMG0074JPG京石群1
     登山口の京石群1


IMG0075JPG 2
          2


IMG0076JPG 3
          3


IMG0079JPG開けた登山道
       最初は開けた登山道でした


IMG0081JPG何山?
      振り返る山並


IMG0083JPG月の神谷
     月の神谷 どうゆう意味かは、分かりません


IMG0085JPG巨石群
      大巨石群を訪ねます


IMG0088JPG巨石群
      巨石群はありません


IMG0093JPG米神山山頂
      米神山山頂です


IMG0096JPG標識




IMG0100JPG熊登山口へ下山
      熊(地区名)登山口へ下山


IMG0103JPG激下り
      激下り バランスを保つのに大変


IMG0106JPG霊岩麗水
     霊岩麗水


IMG0113JPG熊登山口に下山
     熊登山口に下山


IMG0116JPGお疲れ山
     県道648を下り京石登山口に戻りました(^^♪















令和2年(2020年)貫山からの初日の出

2020 01 01(水)晴れ

晴れ渡った星空の元、初日の出を迎えに貫山に登りました。
7時に山頂到着、多くの登山者、既に周防灘が赤く染まっていました。

7時20分過ぎ雲の上からの初日の出に感動です。
少しの雲の上は遮るものは無くまん丸の初日の出でした。

堪能した日の出を後に、好天に誘われ水晶山を目指して下山とします。
穏やかな貫山塊を後にした元日でした。

上貫、貫山権現参拝道入り口(5:30)~貫山山頂(7:05~7:35)~
偽水晶山(8:25)~水晶山(8:50~9:05)~大岩(9:50)~参拝道
入り口(10:25)


IMG0005JPG7時山頂到着
         7時山頂到着、大勢の登山者です


IMG0007JPG晴天周防灘が赤くなり始めています
        周防灘上の雲が赤くなりました


IMG0013JPG大勢の登山者です
     大勢の登山者です


IMG0015JPG2020令和2年初日の出です
      令和2年(2020年)初日の出です


IMG0018JPG雲上より初日の出
      雲上からの初日の出です


IMG0019JPGアップです1
     アップします1


IMG0024JPGアップで2
     アップ 2


IMG0033JPG周防灘を照らす初日の出
     周防灘を照らす


IMG0034JPG登山者
     少し少なくなりました


IMG0043JPG赤く染まる山頂
     赤く染まる山頂


IMG0045JPG山頂風景2
     山頂風景


IMG0048JPG空港方面
     北九州空港方面


IMG0049JPG足立山方面
     足立山方面


IMG0051JPG凍る登山道
     凍った登山道


IMG0052JPG朝日の周防台
     朝日を受ける周防台です


IMG0057JPG周防台天狗岩
     周防台、天狗岩です


IMG0058PG貫山方面
     貫山方向です


IMG0059JPGシルエットの苅田アルプス
     シルエットの苅田アルプス


IMG0060JPG戸覚寺分れから苅田アルプス
    戸覚寺分かれから苅田アルプス


IMG0063JPG戸覚寺分かれ水晶山
     水晶山です


IMG0064JPG貫山方面
     貫山方面


IMG0067JPG凍っていマス
    凍った登山道


IMG0068JPG水晶山
     水晶山に到着  コーヒータイムとします

IMG0073JPG足立山遠望
     足立山、戸の上方面が開けます


IMG0080JPG分岐の鉄塔
     大岩コースで下山分岐の鉄塔


IMG0096JPG振り返る企救富士
     振り返る貫山(企救富士)


IMG0104JPGナンテン



IMG0103JPG山茶花
















プロフィール

ケルン

Author:ケルン
主に北九州近郊の山々を綴っていきます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ご訪問ありがとうございます
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR