FC2ブログ

上貫から貫山(712m)水晶山(531m)とメクラ谷を周回

下線文2017 12 23 (土)祝日 曇り

上貫から貫山登山道で山頂に立ちNTT電波塔付近まで下りて
メクラ谷コースを歩き貫山権現参拝入り口付近に下りるコースを会社の
先輩である地元T氏案内で知ったのが数年前のこと、単独で歩いたのは
2回のみ、地元の人のみ知るコース。

信ちゃんから依頼を受けたものの確実にコースを案内するには自信がなく
T氏にお願いし信ちゃん夫妻higetiasu氏と共に19日に下見した次第です。

本日は大分より、ゆみちゃん、Hさん、Nさん、じなし氏と豊津の信ちゃん夫妻、の
7人で上貫より貫山、水晶山を登りメクラ谷を周回無事下山出来ました。

上貫バス停(8:30)~貫山林道登山口(9:35)~芝津宮上宮(10:30)~
貫山山頂(10:50~11:00)~慰霊碑上部で昼食~偽水晶山(12:30)~
水晶山(13:00~13:10)~作業路を戻る~林道支線、貫山林道を横断~
メクラ谷堰堤(14:10)~貫山権現参拝入り口下(14:40)~上貫バス停(15:05)


IMG6493JPG集落の坂道を登る
       上貫集落の坂道を歩きます


IMG6494JPG芝津宮参拝道入り口の狸さん
        貫山権現参拝入り口の狸さん


IMG6497JPG貫山林道登山口
       林道支線を跨ぎ貫山林道登山口、山道に入ります


IMG6503JPG地蔵様横の水場
      本道(左コース)は地蔵様、芝津宮上宮があり
      急登が続くがこちらを歩く、水場は枯れることはない


IMG6505JPG上宮下の石段
        上宮への石段がきつい


IMG6506JPG芝津宮上宮
        芝津宮上宮、小笠原藩の紋章があります


IMG6510JPG曇り空の貫山山頂
        曇り空の貫山山頂、視界もよくありません


IMG6513JPG山頂にて


IMG6515JPG水晶山目指して
        水晶山を目指す


IMG6522JPG足立山遠望
        足立山遠望です、なかなか晴れてくれません


IMG6523JPG周防台方面
        偽水晶山より周防台方面


IMG6525JPG貫山を振り返る
        貫山を振り返る


IMG6526JPG高城山方面
       高城山方面


IMG6528JPGカヤトの縦走路
       カヤトの縦走路、イガイガに閉口


IMG6529JPGピークを登ったり下ったり
      幾つも ピークを越えます


IMG6533JPG展望岩より苅田アルプス
       展望岩より苅田アルプス方面です


IMG6537JPG最終ピーク水晶山
       本日最終ピーク、三角点のある水晶山


IMG6539JPG山頂から足立山山塊
       東側に足立山山塊が見えます


IMG6540JPG林道支線歩き
       山頂から戻り林道支線を歩く


IMG6541JPG突如現れる大岩スズメバチの巣
        突如現れる巨石、スヅメバチの巣が


IMG6547JPG鉄塔の広場で一服
       鉄塔基部で一休み


IMG6550JPGめくら谷の石垣堰堤
       メクラ谷の石垣で作られた堰堤
       セメントは一切使われていなく相当昔に作られたようだ


IMG6551JPG貫山林道に下りてきた
       貫山林道を斜めに横断、杉林に入ります


IMG6554JPG杉林を抜け参拝道付近に下山
       杉林の中でケルンを左折、眼前が明るくなり参拝道入り口
       下方に出てきました


IMG6556JPG冬至シルエットの貫山
       昨日は冬至、西日になりシルエットの貫山を振り返る


IMG6562JPG山麓の山茶花
       山麓の山茶花です

IMG_6564.jpg



IMG6566JPG上貫バス停にゴール
          上貫バス停に無事下山です      
         






























スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

ケルンさん、こんにちは。
19日と昨日と大変お世話になりました。
お陰様で無事に山友さんを未知のコースに案内出来ました。
お友達も今年の締めにふさわしい良い山だったと喜んでいました。
またいろんなコースを歩きたい山友さんのリクエストで、声がかかるかもしれません。
その時はまたよろしくお願いいたします。
それにしてもアップが早いですねぇ~
私は画像はまだカメラの中ですよ~~

No title


豊津の信ちゃんへ
 お陰様で大役?を無事果たせて満足しています。
 信ちゃんがコースを把握していてくれて助かりました。
 私が手助け出来ることがあれば連絡ください。
 下手なアップですから、早いです、画像処理のダウンロードできません、
 途中で関係無い方向に進んで中断しています、ゆっくり頭を冷やして
 役に立てたいと思います。 
 

No title

ケルンさん、こんばんは。
昨日はありがとうございました。
マニアックな平尾台は、面白くてワクワクしました。
同行の二人と共に、いい登り納めができたと話しています。
今後もそちらにお邪魔しますので、いろいろと教えてください。
リンクをありがとうございます。
すみません、こちらのリンクとアップはもう少しかかりそうですm(__)m

No title

ゆみちゃん、こんにちは

  今回はお粗末なご案内で恐縮です。
  昔から地元の人のみ歩いた山道を訪ねるのも郷愁を
  忍ぶ山歩きかもしれません。
  冬季は夏草が枯れた里山を歩くのも好きです。
  又お会いしましょう。
   

No title

ケルンさん、お世話になりました。
貫山裏コースは国東半島のような信仰の歴史も感じられるいいコースでした。大きな石祠の上宮や古い石段も良かったです。
また機会がありましたらご一緒させてください。
リンクしていただきありがとうございます!

No title

じなしさんへ

 遠方からお越し下さりありがとうございました。
 あまり役に立たない案内でしたが、無事下山出来てて安堵しています。
 今後ともよろしくお願いいたします。
 

情報お願い

はじめまして、きたきゅう(ハンドルネームで失礼します)

貫山の常連の方と思い、コメントを入れさせていただきました。
実は、会社同僚の父親が行方不明になっています。(本人の住所は中間市です)

・先々週の12月13日ころから行方不明
・数日前に井手浦林道に放置された車が発見される
(井手浦浄水場近くのゲートから2~300m上ったところとのこと)

登山が目的ではないですが、なぜか昭和池から井手浦浄水場方向に車を走らせ、井手浦ゲート手前で、脱輪して、その後行方知れずになっています。
警察には届けていますが、登山目的ではないため、車周辺、井手浦集落周辺の捜索で終わっているようです。

ゲートを抜けれずにバックしたあとに脱輪したのではないかと推測していますが、その後の足取りがわかっていません。
脱輪後に方向がわからずに、来た方向にもどり遭難した可能性もあります。
どのような些細なことでもよいので、何かしらの情報をお持ちでしたら、ご協力をお願いいたします。

No title

きたきゅうさんへ
  
  ご心配なことと察します。
  貫山林道から井手浦林道へ下られたようです、地元の人であれば井手浦線はゲートが
  あり通行不能と理解してますが、遠方からだと難しかったでしょう。
  本人だけゲートを潜り抜け井手浦集落へ助けを求められたが良策だったと思いますが
  気が動転されたと察します。
  明日にも友人、知人に連絡をとり情報を呼びかけます。
  何かありましたら、この欄に記入します。 
プロフィール

ケルン

Author:ケルン
主に北九州近郊の山々を綴っていきます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ご訪問ありがとうございます