FC2ブログ

ぐるりと三陀山(931m)を周回

2018 05 04(晴れ)

久しぶりに彦水川源流を下り三陀山を訪ねました。
懸念していた沢の崩壊は案の定、記憶をとどめない姿になっていた。
驚いたのは沢の横を作業道が作られいたる所で寸断されていた。
沢から尾根の巻き道を見つけることが出来ず、作業道を下り登り上げると
薬師林道14号支線に辿り着き少し下ると左折して三陀山への林道がある。

野峠(7:25)~鷹ノ巣山(三の岳)分岐(8:50)~沢への分岐(9:20)
~沢下降点(9:30)~沢や作業道を下り14号支線に(10:30)~
最低鞍部(11:10)~三陀山(11:45~11:55)~最低鞍部(12:25)
~871mピーク(13:10)~鷹ノ巣山分岐(13:45)~野峠(14:00)


IMG_6941.jpg
     野峠三差路の朽ちけた石段からスタート


IMG_6942.jpg
        鷹ノ巣山への急登を登る


IMG_6943.jpg
       シャクナゲも迎えてくれた


IMG_6953.jpg



IMG_6959.jpg
       岩稜の多いルート


IMG_6960.jpg
       風が強い



IMG_6961.jpg
       鷹ノ巣山、北斜面はキツネノカミソリの群生地でした


IMG_6967.jpg
        三の岳基部より南東尾根に向かいます


IMG_6970.jpg
        大木にテープがあり東へ


IMG_6976.jpg
       半端では無い急坂、落石に注意


IMG_6977.jpg
       沢に下り着く、分岐のテープを新しく付け替えました


IMG_6978.jpg
       沢を下る


IMG_6979.jpg
       下る程に崩壊、倒木を避け下り続ける


IMG_6981.jpg
        見覚えのある看板


IMG_6987.jpg
       驚いた、作業道が沢の横に出来ている


IMG_6988.jpg
       至る所で寸断されている
       なるべく沢を下るが歩き易い所は作業道も歩く


IMG_6991.jpg
       ミニ 三里河原と称した沢は無残


IMG_6996.jpg
       作業道を終点まで歩くと薬師林道14号支線
       に出た、大きな砂防提も目の前に


IMG_6998.jpg
          沢から逃れ青空らが綺麗 


IMG_6999.jpg
         橋まで下ってきた    下り過ぎです


IMG_7007.jpg
         林業小屋



IMG_7009.jpg
         林道終点広場   以前はここまで車を入れました


IMG_7014.jpg
        最低鞍部
        三陀山をピストンし北に尾根を辿ります


IMG_7023.jpg
         ギンリョウソウ



IMG_7025.jpg
        三陀山山頂
        眺望はありません、風が強く直ぐに下山


IMG_7032.jpg
        北への尾根から、振り向くと三陀山の美峰


IMG_7038.jpg
       栂(ツガ)の大木が多い尾根です


IMG_7039.jpg
       不安定な足元が続く


IMG_7044.jpg




IMG_7046.jpg
         871mピークを通過


IMG_7055.jpg
         トラバースコース分岐 パスします


IMG_7057.jpg
         



IMG_7063.jpg
      三陀山分岐、標板がありましたが・・・・・


IMG_7080.jpg
        ヒメレンゲ  下山後、旧政所坊庭園に立ち寄りました
 


IMG_7090.jpg
        クリンソウが満開です


IMG_7093.jpg
        白いクリンソウ


IMG_7094.jpg




IMG_7134.jpg



IMG_7122.jpg



     










    


























スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

私は7:20分ころに野峠に着きました。
4台駐車されていたので、道路路側帯側に駐車して準備しましたが、黒い車で出発準備されていた方ではないでしょうか。
私は犬ヶ岳へ向かいましたが、その方は、野峠交差点へ向かいましたので、鷹巣山に行ったのかなと思っていましたが、13:30に戻ってきたときにもまだ車があったので、どこまで行ったのかなと思っていました。
到着時に、声をおかけすればよかったですね。

No title

きたきゅうさん こんにちは(^^♪

 そうですね。準備していた時、車が到着したのは知っていました、きたきゅうさん
 だったのですね。
 話が出来ず残念でした(>_<)
 又、どこかの山でお会いしましょう。
 

プロフィール

ケルン

Author:ケルン
主に北九州近郊の山々を綴っていきます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ご訪問ありがとうございます
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR