FC2ブログ

御許山(御神所山)から犢牛岳

2019 02 17(日)晴れ

今日は胸の内に潜んでいた、犢牛岳を御許山から往復を歩いて来ました。
前回(H23年4月)以来の記憶に乏しいコース、岩稜や方向の定まらぬだだっ広い
クヌギ?林はメモに残っている。

夜明けと同時に正福寺から出発、林道ザルオ線から取り付き御神所から直ぐに
御許山(御神所山)、境界柱を犢牛岳まで辿って4時間余りで到着、久々の山頂で
冬晴れの昼休み。  往路を戻り無事生還(^^)/

正福寺(7:00)~御神所(7:55~8:00)~御許山(8:15)~532P三角点(
9:35~9:45)~犢牛岳(11:20~11:40)~往路を戻る~正福寺(14:45)


IMG0001JPG正福寺から
今回も正福寺駐車場に停めさせて頂き出発
    冬晴れの登山日和になりそう


IMG0005JPG林道ザル尾線取り付
      林道ザルオ線に登り付左折後直ぐにシダの中に
      取り付く


IMG0007JPG落ち葉の道
       U字路に落ち葉が堆積、踏ん張りが効かない
       登りが続く


IMG0008JPG朝日が
        樹林に朝日が昇ってきた・・神々しい


IMG0010JPG御神所とうちゃこ
        縦走の北端、御神所に登り着く
        この地を御許山と称する記もあり、特定する
        ものではない

IMG0011JPG石祠
        石祠が裏側にあります


IMG0013JP御許山御神所山
        15分程で杉林の御許山(御神所山)


IMG0017JPG荒れた尾根
         枯れ倒木、イバラの多い荒れた尾根


IMG0022JPG岩稜
         岩稜歩きが時々現れる


IMG0023JPG岩稜2
         巻き道もあります


IMG0024JPG紅一点
         紅一点   この山地にツツジやシャクナゲ等は見当たらないです


IMG0025JPG作業道
        ススキに覆われた作業道が現れる
        前回では見られなかった道です


IMG0030JPG532p三角点
        三角点のある532mピーク


IMG0031JPG四等三角点
        実際はピークより西寄りに立っています


IMG0033JPG伐採境界を下る
        ピークの伐採された境界を南に下る


IMG0034JPG532p南面
        鞍部より532pを振り返る


IMG0035JPG急登
         半端ない杉林の急登


IMG0037JPG岩の道
        岩のある縦走路


IMG0041JPGおもと分岐
       朽ちけた標識  オモト山→


IMG0042JPG小特牛?
       西側の696mピーク 小犢牛(こもって)
       犢牛岳、北西の 537mピークを小犢牛と称する説もあり


IMG0043JPG特牛岳
       犢牛岳山頂
       展望はないが開けた山頂です  ゆっくりランチタイム


IMG004JPG標識JPG
       難読の山名 こっとい岳
       添田町田代方面や赤村の平山からは短時間で登れ
       ますが、馴染みの少ないい山です


IMG0060JPG弓張岳方面
        復路の写真です
        弓張岳方面


IMG0062JPG振り返る特牛岳方面
         振り返る532P、犢牛岳方面


IMG0066JPG岩石山遠望
         岩石山遠望


IMG0064JPG英彦山鷹ノ巣山
          英彦山、鷹ノ巣山のアップです


IMG0079JPG正福寺から御神所
          正福寺に戻り御神所を振り返る
          無事下山出来ました(^^)/ 


       
       
 



        





スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ケルン

Author:ケルン
主に北九州近郊の山々を綴っていきます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ご訪問ありがとうございます
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR