FC2ブログ

石仏巡りの津波戸山(529,4m)

2016 09 11(日) 晴れ 

岩稜に祀られた88カ所の霊場、津波戸山の石仏と奇岩の西、東岩稜を歩いて来ました。
夏場はイワタバコの咲く山でも知られていますが、花は時既に遅しで葉タバコの群生に
圧倒されます。
鎖場の登りや下りが多く石仏に手を合わせる余裕は少なくスリルに満ちた岩稜歩き
でした。

コースと概略時間
松尾地区P(8:00)~津波戸山登山口(8:10)~西尾根(3霊場)取り付(8:40)~
針の耳(9:20)~本コース合流点(9:55)~津波戸山(10:25)~西展望台(
10:30~10:50)~東尾根取り付(11:30)~東尾根下降点(11:50)~本コース
合流点(12:00)~松尾地区P(12:40)


IMG4833JPG津波戸山登山口
     駐車場から10分で看板のある登山口です



IMG4840JPG西尾根の取り付き
          西尾根の取り付、3番から12番の霊場があるそうです



IMG4852JPG石橋の先に石仏があります
            石橋の先の岩峰に石仏があります



IMG4854JPG石仏と岩峰
           石仏のバックに岩峰が素晴らしい



IMG4855JPG岩場のトラバース
            岩場のトラバース



IMG4859JPG鎖場を下る
             鎖場を下ります



IMG4865JPG針の耳
            針の耳に下りてきました  
            針の耳は大きいですが、足場の悪い鎖場です



IMG4873JPG石仏
            石仏と岩峰2




IMG4875JPG鎖場2
             鎖場が続く



IMG4877JPG石仏
             穏やかな顔をした大師像



IMG4881JPG石仏と岩峰
              石仏と岩峰3



IMG4886JPG本コースに下りてきた
              本コースに下りてきました



IMG4888JPG奥の院
              奥の院に到着、横に硯石水があり、唯一の水場



IMG4895JPG東展望台より遠望日豊本線の列車が
             東展望台から遠望、由布岳、鶴見岳が望めるそうだが
             今日は見えない
             眼下に日豊本線の特急列車が通過していきます



IMG4897JPG平頂の津波戸山
            平頂の津波戸山三角点です



IMG4910JPG煙草の葉大のイワタバコ
            ジャンボ、イワタバコの葉です
            手のひら大の葉が沢山あります



IMG4915JPG花は終わっていた
            花は終わっていた



IMG4918JPG夫婦杉下の東尾根取り付き
            夫婦杉より東尾根取り付です、65番から88番までの
            霊場があるそうです



IMG4920JPG白骨樹
          白骨樹を見上げます



IMG4924JPG東稜より眼前の岸壁
          東稜より眼前の岸壁です



IMG4929JPG西尾根を歩く登山者、お互い手を振って
          西尾根を登る登山者、お互い手を振ってエールを
          送ります



IMG4935JPG石仏と岩峰
          石仏と岩壁



IMG4938JPG岩稜歩きの終わり
          岩稜歩きの終わりです



IMG4939JPG最後の鎖場を下る
          最後の鎖場を下ると本コースに合流です
          途中、上毛町のT氏と雑談、犬ケ岳の情報を教えて頂いた


IMG4951JPGヒガンバナ
         ヒガンバナの季節になりました



IMG4955JPG松尾より津波戸山を振り返る
          松尾地区より津波戸山を振り返る










       



















スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

お元気そうですね
昨年の秋、国東半島の中山仙境に登りました。奇岩、奇峰が連なる景色に感動でしたが、私にはスリルがありすぎて修行のような山行でした。
山岳宗教の古くからの仏教史跡が数多くありまた行ってみたいです。

No title

北富さんこんにちは
国東半島には六郷満山の両子寺(山)や文珠仙寺(文殊山)、千灯
寺(千灯岳)など宗教と繋がった山が多いですね。
秋から冬にかけてベストシーズンになりますね。
プロフィール

ケルン

Author:ケルン
主に北九州近郊の山々を綴っていきます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ご訪問ありがとうございます
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR